クラブウィザム・3DAYSオータムラリー2018」開催レポート

2018.10.27AM
「クラブウィザム・3DAYSオータムラリー2018」
DAY2-AM (2泊3日チーム)




 10月27日(土)、2日目となるこの日は、残念ながら雨天での始まりとなりました。「ウィザムカーズのツーリングは毎回2日目に雨が降るよね」という声も聞こえて来そうですが、多少の雨ぐらいではへこたれません!そして予報では雨は午前中のみで、午後には晴れるとのこと!

 7時40分、ホテルロビーにてブリーフィングです。この日も弊社代表篠原からコースや給油ポイント、ミスコースしやすいポイントの説明が行われました。この日は標高2,000mを超える峠を2つ超えるため、万が一の路面の凍結等を考慮して迂回ルートもご用意しておりましたが、予想よりも気温が高く迂回ルートを使わずに済みそうです。


 そして出発。雨はまだ止む様子を見せず、水しぶきを上げながら長野方面を目指します。



 午前中のハイライトである野麦峠へと続く道は対向車とすれ違いに気をつかうほどの狭さですが、軽量でコンパクトな車体のライトウェイトスポーツカーならば十分に楽しむことが出来ます。標高が高くなるにつれて、木々が鮮やかに色づいて来ます。雨に濡れた紅葉も風情があってなかなかに良いものです。
 セブンを駆って2泊3日でご参加いただいた方たちはやはり肝が座っていますね。レーシングスクリーン仕様のセブンのオーナーも、降り注ぐ雨を物ともせず、ヘルメットとレインウェアだけで疾走していきます。


 岐阜県と長野県の県境、野麦峠に到着しました。映画等でよく知られるこの峠も、現地を訪れたことのある方は少ないのではないでしょうか。


 本当はここで参加者と車で集合写真を、というつもりだったのですが、豪雨と強風で避難した建物の軒下から出ることができませんでした。


 峠を下り始めると雨は小康状態になって来ました。街中をショートカットするため、峠道を下り切ったら松本ICから長野自動車道へ。


 高速に乗る頃にはついに青空が、、、!! 


 長野自動車道を降りて再び峠道へ。白樺湖→女神湖方面へとテクニカルなコーナーが続く山道を快走します。天候も回復し、絶好のツーリング日和。青空の下、ライトウェイト・スポーツの軽快さを十分に堪能でき、存分に楽しんでいらっしゃいました!!


 そして、12時30分頃、ランチポイントとなっている「ホテルアビエント蓼科」に到着!雨を物ともせずに走ってきたセブン勢のリアフェンダーには雨に濡れた落ち葉がびっしりと。両チームの参加者の到着を待って、ランチタイムに。そしてこの後いよいよ波乱の(?)後半コースへと進みます!!