Latest Information


2018.05.20 UPDATE



LOTUS EXIGE 70th Anniversary Edition登場!

LOTUS EXIGE 70th Anniversary Editionが発売されました。

ロータス・カーズ社の創業者であるコーリン・チャップマンが初めて車両を製造してから70周年を記念し Exige Sport 350をベースにスポーツレッドのペイントストライプを施し、専用エクステリアカラー プラス人気のオプションを盛り込んだ特別限定車です。

通常は選択することができないMonaco White 、Empire Green の2色に加え Exige Cup 380で好評頂いた、Essex Blue、Dark Metallic Grey の合計4色をご用意しております。

なお日本への導入は限定16台です。

LOTUS EXIGE 70th Anniversary Edition
車両本体価格:10,584,000 円(消費税込)


車両に関するお問い合わせ/お見積り依頼は下記までお気軽にどうぞ。

TEL : 03-5968-4033

「LOTUS EXIGE 70th Anniversary Edition」は、下記オプションを専用装備として装着しながら価格も抑えた特別限定車両となります。

装着オプション

◆カーボンスポーツシート
◆アルカンタラステアリングホイール
◆アルカンタラベントサラウンド
◆インテリアカラーパック
◆クルーズコントロール
◆軽量鍛造シルバーアルミホイール
◆2ピースハイパフォーマンスブレーキディスク
◆防音仕様
◆フロアマット
◆クラリオン製 CD / MP3 / WMAオーディオ& 2スピーカー

※オプション代金は全て車両本体価格に含まれております。

ロータス創業者のコーリン・チャップマンが最初のクルマを製造した1948年から70年、2018年はロータスカーズにとって70周年のアニバーサリーイヤーです。

今回、アニバーサリーイヤーを記念して欧州にて25台限定で発売したEXIGE 70th アニバーサリーエディションを日本でも16台限定で発売することとなりました。

限定モデルは4色の特別カラーを採用しており、モナコホワイト(7台)、エンパイアグリーン(2台)、ダークメタリックグリーン(2台)、エセックスブルー(5台)のラインナップとなっています。

EXIGE 70th Anniversary Editionは、EXIGE SPORT 350をベースとしています。

EXIGE SPORT 350は、その性能の高さにおいて最高のスポーツカーと称されたEXIGE-Sを、さらに細部まで見直し、51kgも軽量化したモデルです。

LOTUSのデザイン哲学である「より軽く、より速く」を体現するクルマとして開発され、車両重量1,125kgの軽量ボディに、最高出力350PS/最大トルク400Nmを発揮する3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載。
わずか3.9秒で100km/hに達します。

インテリアには、ダブルステッチアルカンタラインテリア(スペシャルトリム付き)やカーボンスポーツシート、アルカンタラステアリングホイールなどを備えています。 

レザーとアルカンタラのコンビネーション、 さらにはレッド&ホワイトのツインステッチが落ち着いた中にも彩りを添えています。

マニュアルのギアボックスは、スリムなデザインで、より正確で素早いシフトチェンジが可能です。
シフトレバーの下部 はオープンゲートとなり、メカニカルな切削・鋳造アルミパーツの動きを魅せるデザインです。
これは単なる見た目上の演出ではなく、軽量化のためでもあります。

足回りには軽量鍛造シルバーアルミホイール、2ピースハイパフォーマンスブレーキディスクを標準装備。 

また、レースパックが標準装備となっており、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)をドライブ・スポーツ・レース・オフの4つの モードに切り替え可能です。

サーキットに最適化されたレースモードから、街乗りに合わせたドライブモードまで、走行安定性に影響する様々な電子制御デバイ スの設定を、ドライバー自身が選択できます。ABSを除く全てのデバイスをオフにすることも可能です。