‘Factory Diary’ カテゴリーのアーカイブ

Vitaloni Sebring ミラー交換

2018年6月18日 月曜日

今回は納車整備中のLOTUS EUROPA SPECIALに装着されているビタローニ セブリングのミラー交換です。

少しでも広い後方視界を得られるようにセブリングのハウジングをそのままに、ミラー部分のみをコンペックスタイプに変更します。

DSCF2448

右が標準のフラットなミラー、左がコンベックスミラーです。映り込みでコンベックスの方は少し湾曲しているのがおわかりいただけると思います。

上の半透明な透明な枠によって、ミラーがハウジングに固定されています。にしっかりとはめ込まれていました。

溝にしっかりとはめ込まれたガラス製のミラーを割らないように取り出して、またはめ込むのには大変神経を使いました。

SDIM0328_s

コンベックスミラーはミラーの裏側も湾曲している為、そのままでは枠に密着しません。乗っているうちにグラついてしまう恐れもありますので、付属の両面テープよりも厚みのある両面テープに変更し、さらに接着剤を充填しておきました。

DSCF2446

これでかなり後方確認の視界が改善されると思います。

SEVEN 160 オイル交換&クラシックマフラー装着

2018年6月16日 土曜日

オイル交換キャンペーンをご覧いただき、SEVEN 160のオイル交換をご依頼いただきました。ありがとうございます!

そして同時にSEVEN 160用クラシックマフラー(ショートタイプ)もご注文いただきましたので、ご紹介いたします。

DSCF1365(1)

小ぶりでクラシックなシルエットのサイレンサーは、8スポークのアルミホイールとの相性もいいですね。

DSCF1363(1)

余談ですが、こちらのSEVEN 160用アルミホイールはブロンズカラーでオーダーしていただいたものです。標準のシルバー以外にも、ブロンズ・ブラック・ホワイト・ゴールド等もオプションでご注文いただけますので、お好みに合わせてお選びください。

オイル交換キャンペーンは残すところあと2週間となりました。またSEVEN 160マフラーの初回ロットも少なくなってまいりましたので、入庫のご予約・ご注文は048-423-2404までお早めにどうぞ!

ツーリング前のオイル交換がお勧めです

2018年6月7日 木曜日

すでにご覧頂いた方も多いと思いますが、7月7日セブンの日(?)はセブンオンリーのツーリングイベント、Club Witham “SEVEN Lunch party”を開催します。リクエストも多かったイベントですので、参加をご希望の方はお早めにお申し込みください。

さて、皆さんの愛車はツーリング等のイベント前に点検やオイル交換をしていらっしゃいますか?Witham Cars FACTORYでは6月末までオイル交換キャンペーンを実施中です。

オイル交換といえど、専門店でなくては見逃してしまうような故障の早期発見につながることもあります。オイル交換もCATERHAMについても豊富なノウハウを持つWitham Carsにお任せくださいね。

wakosオイル交換キャンペーン

通常のオイル/フィルター/ブレーキ・クラッチフルード交換は日帰りでの作業が可能です。オイル交換と同時に点検や調整可能な場合もありますので、乗っていてなんとなく気になる箇所や「あれっ?」と思う箇所もご相談いただければと思います。

DSCF0266s

ほとんど乗っていない場合であっても、エンジンやミッションオイルは最低年に1回、ブレーキ・クラッチフルードは最低2年に1回の交換がお勧めです。

心置きなくツーリングを満喫出来るよう、イベント前のご入庫をお待ちしております(^^  入庫のご予約は048-423-2404までお気軽にどうぞ。

LOTUS ELAN エアクリーナー装着

2018年6月4日 月曜日

今回は、LOTUS ELANのエアクリーナの取り付けを行います。

SDIM0312_s

この車両はエアクリーナーボックスが取り外された、純正のダクトのみが残された状態でした。

そこで純正エアクリーナーダクトに適合する径のエアクリーナーを探して取り付けます。

ダクトの内径を計測し、一番サイズが近い外形80mmのエアクリーナーを取り寄せましたが、2~3mmの径の差がありそのままでは装着が出来ません。ダクトに少しずつ熱を加えながら、エアクリーナーのサイズに合わせて装着しました。

SDIM0315_s

1枚目の画像でダクトにぶら下がった状態になったいるエアクリーナーを、適正な位置に固定するためアルミでステーを製作します。

アルミの板を単に曲げただけでは振動に耐えられないため、長辺の部分をベンダーでL字に曲げることで強度を出し、さらに根元の部分を溶接で補強します。

さらにエンジンの振動や走行中の揺れを考慮して、セブンのマフラーの防振に使用されるブッシュ(ボビン)を間に挟みました。

SDIM0316_s

走行中に雨に降られても、むき出しのエアクリーナーに直接雨粒があたらないように、出来るだけ上の方に固定できるようにステーの長さを調節いたしました。

このエランの納車整備も終盤に差し掛かりました。後は試走と調整を繰り返し、安心して乗っていただける状態に仕上げていきます。

CATERHAM 1600GTS 納車整備2

2018年6月1日 金曜日

遠方のお客様に嫁いでいくCATERHAM 1600GTSの納車整備もそろそろ大詰めです。

引き続き、トラブル予防のためのメンテナンスが行われています。

エンジンはタペットクリアランスを規定値に調整し、オイルにじみが起こりやすいロッカーカバーのガスケットを交換しました。

インマニやエキマニのガスケット・フューエルホース・キャブレターマウントグロメット・ミサブインシュレーター等の消耗品も新品に交換しておきましょう。

キャブレター本体は状態が良く、当分このまま問題なく乗れそうです。
DSCF0060

写真はインテークマニホールドのガスケット交換中。スクレーパーで残ったガスケットを丁寧に除去してから、新しいガスケットを組み付けます。
DSCF0086_s

足回りはタイロッドエンドとラックブーツを新品に交換しました。セブンのラックブーツは厳しい環境にさらされ劣化しやすいパーツですから、新品に交換しておけばしばらく安心です。破れがなくとも、車検ごとの交換がオススメですよ。
DSCF0083

最後にアライメントを調整。LOTUSやCATERHAMのような車はアライメントは特に重要です。アライメントが狂っていれば、本来の性能が発揮できないばかりか、各部へ余計な負荷がかかったり、タイヤの偏摩耗に繋がります。車検などのタイミングでアライメントの計測をご依頼いただくと安心かもしれませんね(^^
DSCF0252_s

さて、納車まであと一息です(^^

K4GP SEVEN 160 LSD 組み付け

2018年5月31日 木曜日

ファクトリーメカニックの内藤です。

今回はK4GP車両のCATERHAM SEVEN 160に機械式のLSDを組み付けましたので紹介させていただきます。

IMG_0401

次回のレースへ向けてK4GPマシンのモディファイは少しずつ進行しています。前回のレースの改善点で出た「高速コーナーでの内輪の空転によるロスを減らす」ため、まずはLSDを装着することになりました。

IMG_0404

ホーシングを取り外すため、まずブレーキ周りを分解してドライブシャフトの取外しです。車両重量が軽するためにシンプルな構造になっており、スムーズに脱着作業が進みます。

IMG_0409

プロペラシャフトのフランジを切り離し、アッパーアーム、ロアアーム、ラテラルロッド、サスペンションを取り外すとホーシング単体になりました。

IMG_0410

ホーシングから取り出したデファレンシャルギアです。高い負荷がかかるため、660ccエンジンの160用と言えどかなり強度のあるギアが使用されています。

IMG_0405

今回使用するLSDはCUSCOのRSタイプです。細かな設定が可能ですが、今回は1.5wayに仕様変更し、フリクションプレートにも少し手を加えました。

IMG_0412

横置きのトランスミッションに組み付けられているデファレンシャルとは違い、このタイプはプリロード・リングギアの歯当たり・ピニオンシャフト・バックラッシュなど、調整箇所が多数あります。各部を慎重に調整して、デファレンシャルへの組み付けました。

DSCF0535
ホーシングに組み込み、車体に取り付けて作業完了です。ノーマルでも非常に高い戦闘力を持つSEVEN 160ですから、次回のレースへの期待が高まるばかりです!

SEVEN 160のモディファイもWitham Carsにご相談ください。

EXIGE SPORT 350 ブレーキダクト取り付け

2018年5月28日 月曜日

新車のEXIGE SPORT 350納車前に各部のモディファイをご依頼いただきました。

DSCF0311
今回はブレーキダクトの取り付けです。これはダミーファンネルではありません。ブレーキシステムへフレッシュエアーをしっかり導きます。

RIMG1189
ダクトを通すためにはクラッシュストラクチャーの加工が必要です。タイヤハウス側にも同様に穴を開ける必要があるのですが、周りに余裕のない空間での作業のため、思うように作業がはかどりません。

写真は仕上げ途中の模様。ダクトをあわせながら、リューターで開口部を丁寧に仕上げていきます。

DSCF0246

DSCF0241
ダクトの先端が切りっぱなしでは美しくありませんので、先端にはファンネルを取り付けます。バランスを見ながら、ファンネルの固定位置を慎重に検討します。

RIMG1186
ファンネルを固定するために、専用のステーを設計しました。設計図を書いてレーザーカットしたステーをベンダーで曲げ、ストラクチャーの上に固定します。取付作業が完了した状態が1枚目の写真です。グリルの奥にちらっと見えるアルミファンネルがレーシーですね。

ご注文くださったオーナー様はこのEXIGE SPORT 350でサーキット走行を楽しまれるそうです。納車まで楽しみにお待ち下さい。

SIDEWAY TROPHY 参戦!

2018年5月27日 日曜日

本日開催されているは「FESTIVAL of SIDEWAY TROPHY」にClub Witham Racingもエントリーしています。同行のメカニックから現地の様子が送られてきました。

「当時のモーターレースを再現する」というコンセプトのもと行われるSIDEWAY TROPHYは、1968年製までの希少な車たちがしのぎを削るヒストリックカーレース。カラーリングや装着タイヤ(DUNLOP CR65のみ)、エントラントのウェアについても規定があり、まるで1960年代のサーキットにいるかのような雰囲気です。
IMG-4327

Club Witham Racingからはこの日のために仕上げて来たGINETTA G4がエントリー。「Sebring 40m Trophy」と名付けられた2ドライバーによる40分耐久レースに、G4オーナー様と弊社代表篠原の2名で挑みます。
IMG-4325

14時過ぎから本戦がスタートするそうです。応援よろしくお願いいたします!
IMG-4326

CATERHAM 1600GTS 納車整備

2018年5月26日 土曜日

Used CarのCATERHAM 1600GTSの納車整備が進行中です。

今までたっぷりと愛情を注がれてきた1600GTSは、すぐにツーリングに行けるほどのコンディションです。しかし新しいオーナー様はすぐにはご来店いただけないご遠方のお客様のため、「当分は整備が必要ないように、納車前にメンテナンスをして欲しい」とのご希望です。

まずは1-2年以内にメンテナンスが必要となるであろうポイントを今までの経験から洗い出していきます。
DSCF0055

LOTUSやCATERHAMのようなスポーツカーでは、足回りは特に重要です。ホイールを外し、清掃しながら点検を進めます。今まで定期的な整備を怠らなかったため、各部のコンディションが良いですね。アームのブッシュもまだ劣化は見られません。
DSCF0083

ブレーキ周りは現状で特に問題は見られませんが、予防の意味を込めてリフレッシュします。

フロントブレーキキャリパーはオーバーホール。ピストン側面に虫食い穴が出来ていることもよくありますが、この個体はとても綺麗な状態でした。全て分解して清掃・点検後、新品のシールを組み付けます。リアブレーキはホイールシリンダーをアッセンブリーで新品に交換しました。
DSCF0066

ブレーキマスターシリンダーアッセンブリも交換です。ガーリング製は今では入手できないため、AP RACINGのものを取付けました。
DSCF0062

しっかり止まるブレーキがあってこそ、安心してアクセルを踏めるものです。次はエンジン周りの点検・整備を進めていきます。
DSCF0072

Witham Carsで販売するUsed Carは、お客様の乗り方と車両に合わせた納車整備を行います。ご購入後もしっかりサポートいたしますので、ブリティッシュライトウェイトスポーツカーをお探しの方は、Witham Carsにご相談下さい。

オイル交換キャンペーン実施中!

2018年5月26日 土曜日

Witham Carsオイル交換キャンペーンは予想以上の反響と入庫のご予約をいただいております。ありがとうございます(^^

基本的には事前にご予約をいただいてからのご入庫となりますが、空きがあれば当日のご入庫も可能な場合もございますので、まずお問い合わせください。

DSCF0266s

現在ファクトリーのリフトでは、キャンペーンでご入庫いただいたSEVENのオイル交換作業が進行中です。リフトで上げて作業を行いますので、トラブルの早期発見につながることもあります。

DSCF0275s

愛車の健康維持・管理のためにも、お得なキャンペーン期間中のご入庫をお勧めいたします!ご予約は048-423-2404までどうぞ。

wakosオイル交換キャンペーン