‘USED CAR 入荷速報!’ カテゴリーのアーカイブ

入荷速報のMk1の詳細

2017年3月2日 木曜日

aus01

先日ウィザムカーズ・ストアのブログでご紹介したエリーゼは、内外装のコンディションが最高です。MK1世代のエリーゼをお探しの方は、このアズールブルーは必見です。

aus02

ボディがきれいなのはもちろんですが、ぜひ幌にも注目して下さい。この世代のエリーゼの場合、15~20年の時間が経過していますから、幌には多少のほつれや劣化などがあってもやむを得ないのですが、今回のエリーゼは幌まで最高のコンディションです。これまでの保管状況で差が出てくるポイントですね。

aus03

さらに、運転席と助手席のコンディションがあまり変わらない点もポイントです。全く同じコンディションではないので、社外のバケットシート等に交換していた訳ではなく、ちゃんと使用していたのですが、それでもこれだけきれいな状態で残っているということは、もはやオーナーの愛情以外に要因は無いと思います。
右ハンドルのアズールブルーという最強の組み合わせでこれほどのコンディションのMk1は、なかなかお目にかかれません。ぜひ週末はウィザムカーズ・ファクトリーまでご来店下さい。

USED CAR 入荷速報! SEVEN CLASSIC

2017年1月13日 金曜日

01cc

ケータハムのUSED CARのご紹介です。今回の入荷は1600GT クラシックです。エンジンは1.6LのOHV X/FLOW、4速のギアボックスにライブ・アクスルのリアサスを組み合わせた、ベーシックなモデルです。いわゆるケントエンジンを搭載したセブンの中でも、特に人気が高いモデルですが、その理由はやはりこのクルマのキャラクターが反映された全体のバランスにあると思います。
02cc

ベーシックモデルといっても、ウェーバーを2基搭載したエンジンの出力は約100馬力ありますから、500キロ台の車重には十分なパワーであり、キャブの豪快なサウンドを楽しみながら、積極的にアクセルを踏み込むことができます。最もシンプルな構造のフロントのダブルウィッシュボーンと、リアのリジッドアクスルの組合せによる乗り味は、まさにクラシックそのものの印象です。必要十分なパワーとクラシカルなハンドリングの絶妙なバランスこそ、スーパーセブンというカテゴリーが持つ魅力の根幹を形成するものであり、最もセブンらしいセブンと言うことができます。
03cc

今回ご紹介の車両は、ノーズコーンだけをイエローにペイントした「プリズナー」と呼ばれる、伝統的なカラーリングです。またメーターパネルのレイアウトも、タコメーターをドライバーの正面におき、両脇に油圧と水温を配置、速度計と燃料計は一番右端にずらす演出が施されており、ブルックランズのレーシングスクリーンと相まって、カフェレーサー的な雰囲気を醸し出しています。ぜひシンプルかつストイックに乗って頂きたい一台ですが、もちろんウィンドスクリーンやロールバーの追加などのご相談も承ります。今週末はぜひウィザムカーズ・ファクトリーにご来店下さい。

USED CAR 入荷速報! Lotus Cortina

2017年1月10日 火曜日

o01k

今日ご紹介するモデルは、1967年式のコーティナです。フォード製のコンパクトなサルーンにLOTUS1.6T/Cを搭載した、いわゆるホットモデルで、世界的にも人気が高いモデルです。このブログをご覧の方なら、ジム・クラークのドライブによりサーキットで大活躍した車両としてご記憶の方も多いと思います。もちろん単なるエンジン供給だけではなく、チャップマン率いるロータスがサスペンション等を開発しており、おとなしめの外観からは想像できない程の高性能で人気を博し、2000台以上も生産されました。
レーシングモデルというイメージが強いため、現在残っている車両はチューニングが進んだ個体が多く、特にインテリアは大胆にモディファイされているケースが多いようです。しかし今回ご紹介の車両は内外装共にコンディションが良く、ほとんどオリジナルの状態が保たれています。ここまでクリーンな印象のコーティナは大変貴重な存在です。コーティナをお探しの方には必見の一台でしょう。ウィザムカーズ・ファクトリーに展示しておりますので、ぜひご来店下さい。
o02k

ヒストリック車両ぞくぞく入庫!

2017年1月7日 土曜日

473

新年原田初投稿はFACTORYからご案内させていただきます。

現在FACTORYにはヒストリック系の車両が多数入荷してきています。
しかも、その殆どがWEBサイトの中古車情報にて、案内出来ていない車両になります。ヒストリック系の車両に関しては納車までに打ち合わせをしながら車を仕上げていくのも趣味の時間として楽しく、ニューモデルの新車とは違った充実感が御座います。

また皆さん古い車はパーツの入手等が大変では?と、思われるかも知れませんが、そこは英国車!他国のヒストリック車両に比べると断然パーツの入手がし易くなっています。イギリスの文化として車が強く根付いているからですね♪

ここだけの在庫情報として
・LOTUS ELAN sr2 写真にチラッと写っている黄色
・LOTUS ELAN sr3 イエロー
・LOTUS ELAN sr4  写真左のブルー
・LOTUS CORTINA mk1
・FORD ESCORT mk1
・VANDEN PLAS PRINCESS 1300ATに転装&クーラー装備
・RILEY ELF mk3 1300MT&クーラー装備

んーまだ本当はあるのですが、今日はここまで(笑)

この三連休ご興味をお持ちの方は是非Witham Carsまでご来店ください。
お待ちしております。

USED CAR 入荷速報! ELAN SPRINT

2016年12月17日 土曜日

fc01

ウィザムカーズ・ファクトリーでリフレッシュ作業を進めてきたエランがもうすぐ完成です。1972年式のスプリント、フィクスドヘッドクーペでボディカラーはホワイトです。ドロップヘッドクーペにハードトップを後から追加した仕様はよく見かけますが、最初からルーフ付で生産されたfhcは大変希少な存在です。
fc02

搭載されたLOTUS T/Cエンジンはシリーズ最強126馬力のビッグバルブです。エランにはシリーズ1から4種類のスペックが存在しますが、積極的に走って楽しむならビッグバルブでしょう。
ボディのリフレッシュ塗装や足回りの消耗部品交換、内装もウッドパネルを交換するなど、各部のコンディションは素晴らしいレベルに仕上がりました。まもなく詳細をご紹介できると思いますので、楽しみにお待ち下さい。

USED CAR 入荷速報! ELISE-SC

2016年9月30日 金曜日

01

さらに入荷速報が続きます。こちらは2010年式のエリーゼSC、ボディカラーはソリッドカラーのアーデントレッドです。2zzエンジンにスーパーチャージャーを追加して220馬力を発揮させるSCは、何といっても豪快な加速が魅力です。2010年式はいわゆる第二世代エリーゼの最後の年であり、お探しの方も多いのではないでしょうか。新車からウィザムカーズで継続的にメンテナンスされてきたワンオーナー車両で、内外装やエンジンのコンディションも申し分ない状態です。今週末より展示を開始致しましたので、ご興味のお客様はぜひウィザムカーズ・ファクトリーにご来店下さい。

USED CAR 入荷速報! SEVEN1600CLASSIC

2016年9月30日 金曜日

01

中古車入荷速報!今回はケータハムの1600CLASSICです。1999年式で1.6LのKENTエンジンと4速MTを搭載したスタンダードなセブンです。クラシックというモデルはイギリス本国でも導入され、シンプルな装備と低価格によりセブンのオーナー層を拡大させる原動力になったのですが、日本向けのクラシックは一味違いました。
02

この赤いインテリアは日本仕様だけの特長で、過去の限定車であるプリズナーを再現したものですが、さらに起源をさかのぼると、ロータス時代のシリーズ2に行き着く伝統的な仕上げです。クラシックという名にふさわしい、 日本だけの嬉しい仕様ですね。
03

ツインウェーバーの1.6ケントと4速MTの組合せは、スポーツカーの根源的な楽しさを享受するには全く不足がありません。一生でもつき合っていけるセブンの典型がここにあります。これからの季節にはこんな相棒がいたら最高ですね。
日曜日は天気も良さそうですから、ぜひケータハムさいたま・ウィザムカーズファクトリーにお立ち寄り下さい。

ファクトリー便り No.71

2016年9月24日 土曜日

02

本日もウィザムカーズファクトリーはフル稼働中です。特に今はケータハムの作業が連続しており、納車整備だけでも新車のSEVENが2台、中古車が3台も進行中です。さらに車検や点検整備でのご入庫も集中しております。リフトの上では、本日入荷したばかりの中古車をメカニックの内藤が、早速点検しております。1.6KENTを搭載したクラシックです。フルノーマルでコンディションも良い状態ですので、先日入荷したクラシック同様、この車両もすぐにオーナーが決まってしまうかもしれませんね。
01

こちらのSEVENは車検のご依頼でご入庫です。ロータスのゴールドリーフカラーを再現したこの車体は、自動車誌の紙面を飾ることも多かったので、 ご記憶の方も多いのではないでしょうか。
03

点検整備中の620Rの隣りでは、クラムシェルフェンダーのセブンの整備が進んでおります。クラシックな印象をより強調するために、ロールバーのないプレーンなトランクに仕様変更中です。さらに、もうすぐSEVEN160のLSD組込作業も始まります。こんなにSEVENの整備が集中している工場はイギリスにもないのでは?というくらいセブン密度が上がっております。これからセブンをご検討の御客様も、ぜひ一度ケータハムさいたま・ウィザムカーズファクトリーにお立ち寄り下さい。セブンの全てが一度にわかりますよ!

ご成約ありがとうございます

2016年9月22日 木曜日

3384

本日は2台のUSED CARをご成約いただきました。誠にありがとうございます。

1台は入荷速報にもご案内できなかった程の早さでご成約いただいた、SEVEN1600CLASSIC。以前よりCATERHAMをご検討いただいていたお客様に入荷後タイミング良くご来店いただき、とても綺麗な車両だったのでその場でご注文となりました。

そしてもう1台はGINETTA G12。数々のライトウェイトスポーツを乗ってこられたお客様が、より楽しい車を探され、弊社G12にへと辿り着いたそうです。

どちらのお客様も趣味性の高い車両と、ある程度年数の経過したUSED CARと言う事で不安もあったようですが、それ以上に今後のドライブや車を中心とした生活が楽しみとの事です。

USED CARは出会った時のフィーリングが大事ですから、きっと素晴らしいカーライフが待っていることでしょう。弊社もそのお手伝いをさせていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

シルバーウィークのユーズドカーキャンペーンも中盤戦となりました。是非期間中に皆様のご来店をお待ちしております。(原田)

ファクトリー便り No.70

2016年9月20日 火曜日

phh01

前回のブログでちらっとご紹介した謎のシルバーの車両は、トミーカイラのZZというクルマです。あっという間にご成約になってしまい、早くもリフトに乗っています。
phh02

アルミ製のシャシーにFRPのボディをのせた構造はエリーゼにも似ており、760kgの車重はライトウェイトスポーツの中でも優れた数値ですね。搭載されるエンジンは日産製の2リッターで、ご覧のようにFCRのキャブレターを組み合わせた非常にストイックな仕様です。
phh03

リフトの上では内藤メカニックがお客様と何やら密談中です。この希少なモデルを一体どのように仕上げるつもりでしょうか。また詳細をご紹介致しますので、楽しみにお待ち下さい。