Latest Information


2021.07.07 UPDATE



Lotus Emira(ロータス エミーラ)正式発表!

Lotus Emira(ロータス エミーラ):
ロータスが作り上げた最高で最後のミッドシップエンジン車両


エミーラは、ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を完全に体現する、新しいミッドシップエンジンのプレミアムスポーツカーです。これは、自動車業界がロータスに期待するすべての特徴を備えています。印象的なデザイン、スポーツカーのクラスでも、最高の乗り心地とハンドリングを実現するスリリングなダイナミックパフォーマンス、卓越した空力特性、そして全ては「For The Driver」、比類のない体験をお届け致します。



こちらのフォームから送信していただいた方には、エミーラの販売開始の際など、今後有力な情報が入り次第に優先して弊社より情報発信をさせていただきます。



エミーラ・ブログを見る

詳細を見る

Emira Live Stream


Gallery

  1. 新たなミッドシップエンジンスポーツカーは、象徴的な英国のスポーツカーメーカーの継続的な変革を体現している
  2. 印象的なデザインは、エキゾチックなスーパーカーの魅力をスポーツカーカテゴリーにてアピール
  3. ハイパーカー、ロータスエヴァイヤよりインスピレーションを受け、滑らかなサーフェイスと鮮明で特徴的な ラインを表現
  4. ロータスが最近発表したスポーツカーアーキテクチャに基づいて開発
  5. テクニカルパートナーであるAMGから供給される、ロータスにとって初となる2.0リッターターボチャージ ャー付き「i4」を含む、2つのガソリンエンジン車両
  6. エヴォーラとエキシージに搭載されている3.5リッタースーパーチャージャーV6は、ファーストエディション に搭載
  7. 3.5リッタースーパーチャージャーV6:マニュアルまたは、オートマチックから選択
  8. 2.0リッターターボチャージャー付き「i4」:DCT
  9. 最高出力:360〜400hp/365〜405ps(予定)
  10. 0-62mph(0-100km/h)加速:4.5秒以下
  11. 最高速度:290㎞/h
  12. 目標車両重量:1,405㎏
  13. ※日本価格が決定次第、ご案内致します。

(Hethel, UK –2021 年7 月6 日) – エミーラは、ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を完全に体現する、新しいミッドシップエンジンのプレミアムスポーツカーです。 これは、自動車業界がロータスに期待するすべての特徴を備えています。印象的なデザイン、スポーツカーのクラスでも、最高の乗り心地とハンドリングを実現するスリリングなダイナミックパフォーマンス、卓越した空力特性、そして全ては「For The Drivers」、比類のない体験をお届け致します。

エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの能力や特徴、技術の素晴らしさに基づいて構築されたエミーラは、ロータスの飛躍的な進歩を表しています。 これらを即座に認識できるブランドシグネチャとコアバリューは、実用性、快適性、機能性、テクノロジーのレベルのパラダイムシフトと組み合わされています。

ロータスカーズのマネージングディレクターであるマット・ウィンドルは、「エミーラはロータスのゲームチェンジャーです。 これは、ビジネスの変革、つまり私たちの進歩の具現化において、これまでに達成したすべてのビーコンとしての役割を果たします。 これは、グローバルなパフォーマンスカーブランドになるための非常に重要なマイルストーンです。」と述べた。

エミーラはロータスによって開発された、新しい軽量の接着アルミニウムシャーシを搭載。これはロータススポーツカーのDNA の本質的な部分です。その革新的な車両アーキテクチャは、エヴァイヤが開発された手がかりを使用した大胆で象徴的なデザインで包まれています。 エミーラの主要な寸法は全長4,412mm、全幅1,895mm、全高1,225mm、ホイールベース2,575mmとなっています。

エミーラの世界で最初のデリバリーは、来年の春から開始します(※日本向け車両の生産は、来年の春以降を予定しています)。 エミーラは、2つのガソリンエンジンから選択ができ、どちらもその性能・特性で世界を魅了します。最初の車両は、エキシージとエヴォーラに供給されているロータスで研ぎ澄まされた3.5 リッターV6 を搭載した限定生産の「ファーストエディション」として発売されます。

2022年の夏以降、ロータスにとって初となるAMG のエンジンを搭載したスポーツカー、エミーラがデビューします。新しいロータスAMGユニットは、メルセデスベンツのパフォーマンス部門のターボチャージャー付き2.0リッター4 気筒 「i4」です。

AMG とロータスは初めて開発協力を行い、AMG はエミーラプログラムのテクニカルパートナーとして参加、デビューに向けてインライン4気筒セットアップにいくつかの基本的な変更が加えられました。 横置きで後輪駆動を実現するユニットは、エミーラのキャラクターに合わせて、新しいエアインテークシステムと新しいエキゾーストに変更され、DCT と組合されます。2番目のエンジンはより馴染みがあり、エキシージとエヴォーラのドライバーにとても愛されている3.5 リッターのスーパーチャージャー付きトヨタV6 となり、マニュアルまたはオートマチックより選択できます。

エミーラの出力は360〜400hp/365〜405ps(予定)、4.5 秒未満で0〜62mph(0〜100km/h)の加速、最大290km/h の最高速度を実現します。 最大トルクは430Nm(43.8kgm)で、CO2 排出量は180g/km 以下となります。エミーラの目標車両重量は最軽量で1,405kg です。

車両の製造は、ノーフォークのヘセルにあるロータスの本拠地で行われ、ロータスの英国に存在する施設へは1 億ポンド(約155 億円)以上の新規投資が行われます。 高度なスキルを持つ運用チームは、生産効率、生産能力、および全体的な品質を向上させるための新しいプロセスとテクノロジーによってサポートされます。

マット・ウィンドルは、「ロータスエミーラは、ヘセルのファクトリーゲートを通過する車両の中で、最も完成度の高いロータスロードカーです。 エヴァイヤ オールエレクトリックハイパーカーにインスパイアされた見事なデザインと、美しく調和した、完璧なパッケージです。 エミーラは、スリルと人を振り向かせるほどの魅力を備えたジュニアスーパーカーですが、同時に目の肥えたドライバーが要求する最新のテクノロジーを搭載した、快適性と機能性に優れた日常のスポーツカーで
す。」と述べた。

エミーラの印象的なデザインを紹介する、デジタルビジュアライザーは、www.lotuscars.com で公開されています。
エミーラは今週末、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(7月8日〜11日)でパブリックデビューを迎えます。



ロータスエミーラの詳細

エミーラは、2028年に80周年を迎えるロータスの変革を導く戦略計画であるVision80の下で開発された、新しいロータススポーツカーです。これは真にグローバルなモデルであり、世界中の主要なマーケットで販売するように設計されています。世界的なブランド認知度をさらに高めるため、ロータスディーラーネットワークの再配置と拡大を行っています。

「Eh-meer-ah」と発音されるこの単語は、多くの古代言語で使用され、「司令官」または「リーダー」と訳されることがよくあります。 これは、10 年後にブランドの完全なるEV 化と新時代を受け入れる前に、内燃エンジンを備えたロータスをリードするエキサイティングな新しいスポーツカーであるため、とても適切な名前だと考えています。

エクステリア デザイン:
エキゾチックなスーパーカーの魅力をスポーツカーカテゴリーにてアピール

エミーラは、エヴァイヤのデザインの特徴を搭載した、初めてのロータススポーツカーです。アーティスティックシェイプが施されたサーフェイスと技術的なディテールを備えた現代的な外観で、スポーツカーカテゴリーでエキゾチックなスーパーカーの魅力を提供します。 形状と素材の点でロータスにとって新しくよりプレミアムなアプローチであり、フィット感と仕上がりも飛躍的に進歩しています。

ロータスのデザインディレクターであるラッセル・カーが率いるクリエイティブチームは、美しく、時代を超越し、思い出に残るような、モダンなデザインにすることに成功、これがまさにロータスです。その最適化されたプロポーションとアスレチックシュリンクラップボディは、ロータスの伝説的な俊敏なドライビング特性を視覚的に表現しています。

ラッセル・カーは、「エミーラは、エキゾチックなスーパーカーで素晴らしいプロポーション、フロアスペースが広く、そしてキャビンは力強いリア回りよりも低い位置にあります。 さらに、毎日使用できる実用的な車両で、最高の品質と手の届きやすい価格であり、既存の競合スポーツカーのコンペティションの中でも魅力的な選択肢であることに間違いありません。エミーラは、熱心な運転愛好家を魅了し、スリルを提供しながら、世界中の人々に私たちのブランドを再紹介しています。」と述べた。

ロータスエヴァイヤの影響は、流線的なサーフェイスと鮮明で特徴的なラインを通してはっきりとわかります。人目を惹くエッジをシャープに仕上げたボンネット、後部に向かって次第に引き締まっていくシュリンクラップされたキャビン、力強いリア回りに切り込まれたアーティスティックシェイプが施されたドアとベントで、さらに明白になります。ボンネットに組み込まれたベントは、車の空気の流れを誘導し、エアロダイナミクスを最適化するためにエヴァイヤの構造から派生しています。

縦型のオールLEDヘッドランプが標準装備されており、ロータスハイパーカーでもおなじみのウイングにインスパイアされたツインブレードデザインが採用されています。 ボンネットには、象徴的な新たなロータスロゴを配しており、新しいロータススポーツカーに初めて登場し、以前のモデルよりもわずかに大きくなっています。

エミーラのプロフィールを見ると、ドアに切り込まれたアーティスティックシェイプセクションがドアを通してリアホイール前の吸気⼝に向かって空気の流れを導きます。 これは、エンジンに空気を供給するだけでなく、エンジンを冷却するという2つの目的を果たします。 エミーラのネームバッジは側⾯から見え、Cピラーに組み込まれています。 すべてのホイールは直径20インチです。 標準でグッドイヤーイーグルF1スーパースポーツタイヤが装着され、ミシュランパイロットスポーツカップ2はロータスドライバーズパックと組み合わせて利用できるコストオプションです。 どちらのタイヤも、エミーラのためにメーカーによって特別に開発されました。

エミーラのリア部には、ロータスのワードマークが組み込まれたバンパーがボディカラーのパネルの上にあり、これもエヴァイヤからインスピレーションを受けております。両端には、ホイールアーチからの空気を排出する排出⼝があります。 各コーナーには、スリムなハイレベルブレーキライトでリンクされたフラットなC字型のLEDライトクラスターがあります。ナンバープレートの両側にツインエキゾーストパイプを収納し、ダウンフォースを補助するためにその下にエアディフューザーを備えています。

エアロダイナミクスは、1948 年にロータスが設立されて以来、ロータスブランドの中心にあります。これは、車両が路上でもレーストラックでも優れたパフォーマンスを提供することに密接に関連する哲学です。 シンプルさがエミーラのコアとなります。巧妙なエンジニアリングにより、アクティブなエアロダイナミックスは必要がありません。 これは、車の重量配分とサスペンションジオメトリーに完全に調整された、すべての速度域でフロントアクスルとリアアクスルの間で正確にバランスが取れたパッシブダウンフォースを作成するクラスで唯一のモデルです。 これは、ダウンフォースが速度とともに増加し、コーナーで並外れたグリップを生み出すため、ハンドリング特性が一定で正確かつ予測可能なままであることを意味します。

ロータスカーズのチーフエアロダイナミストであるリチャード・ヒルは、「ロータスでは、新しいスポーツカーの開発において、エアロダイナミクスまたはヴィークルダイナミクスのいずれかにのみ焦点を当てることは決してありません。 それは自然の力のユニークなハーモニーを作り上げることがロータスダイナミクスです。また、自動車業界で比類のないスリリングな運転体験を生み出すマジック、エミーラにはそのマジックとそれ以上があります。」と述べた。

シャーシとパワートレイン:
高性能エンジンと組み合わされた高度な新しいプラットフォーム

エミーラは、最近発表された新しいロータススポーツカーアーキテクチャに基づいて構築されています。 エリーゼでデビューしたのと同じ先駆的なロータス押出し結合アルミニウムシャーシテクノロジーを使用しています。 ただし、エミーラの場合、すべての寸法が以前のロータスシャーシとは異なり、へセルからわずか数マイル先のノリッジにある新しい施設、ロータスアドバンスドストラクチャーで製造されています。

エミーラには、2 つのシャーシとサスペンション設定があります。 ツアーは日常の道路での使用に合わせて調整されており、ロータスのダイナミックなパフォーマンスとハンドリングの最適なブレンドとより快適な乗り心地を提供します。 スポーツはオプションのロータスドライバーズパックで利用可能であり、より強化されたダイナミックケーパビリティとフィーリングのためにわずかに硬いサスペンションセットアップを提供します。 油圧ステアリングは、ドライバーに優れたフィードバックを提供します。

2 つのガソリンエンジンから選択可能となっており、テクニカルパートナーAMG との2.0 リッター4 気筒ユニットと、エキシージとエヴォーラに搭載されている、特徴的な3.5 リッターV6 です。 それぞれがロータスによって調整され、ドライバーのエンゲージメントを最大化するためのユニークで独特のキャラクターを提供します。

ヴィークル アトリビューツのディレクターであるギャヴァン・カーショウは、「2.0 リッターは、パドルシフトと運転モードを備えたAMG の評価の高いDCT と組み合わされた世界で最も強力な直列4 気筒ユニットです。 最先端のテクノロジーのおかげで高性能かつ、非常に効率的であり、低排出量と線形性能を提供します。 それに加えて、経験豊富なヘセルのエンジニアによって社内で調整され、その独特のロータス体験をお届けします。エミーラは最近のロータスロードカーよりもトレッドを広く取り、安定性を高め、並外れた路⾯保持と非常に低い重心の感覚を提供します。 これは、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラのDNA に基づいて構築された真のロータススポーツカーです。」と述べた。

インテリアデザイン:
ロータスにとって大きなステップチェンジ

ロータスのインテリアは常にドライバー中心に考えられおり、純粋な人間工学に基づいたデザインと、最も直感的に使用できるように注意深く配置された計器類を備えています。 エミーラもこれらの原則に従っており、手操作と視線移動が最小にできるモダンなコクピット環境を備えております。

この次世代ロータススポーツカーの新しくなった点は非常に明快です。現代的なデザインと素材の品質から、収納スペースの拡大、卓越したフィット感と仕上がり、細部へのこだわり、 豊富な先進技術が統合されました。

ドアトリムと一体化し包み込むようなダッシュボードは、ドライバーが車と一体感を感じるようなまとまりのある感覚を生み出します。 ギアシフト操作はその感情を高めます。ソフトにトリミングされたいくつかのインテリア内装があり、究極のスポーティさを伝えるプレミアムな英国の職人技を披露しています。 それらは現代の技術的な仕上げと完全に調和して、ドライバーにプレミアムな体験を生み出します – 「魂のあるテクノロジー」 – そしてロータスのヘリテージとスポーツの成功に敬意を表して追加された装備があり、例としては、象徴的なエスプリのギアスティックを反映したマニュアル車のギアスティックの配置や、V6 マニュアル車のセンターコンソールのベースに見える半露出のギアリンケージがあります。 演出的な要素のひとつとして、スタート/ストップボタンの保護用の赤いカバーもあります。

2つのシートは、高速コーナリングにおける卓越した横方向のサポートと長距離旅行における快適さの双方を満たすように設計されています。標準シートは4 方向電動調整を備えており、 運転席/助手席の両方に12方向電動調整を備えたプレミアムスポーツシートにアップグレードするオプションがあります。 標準/オプションシートはエミーラ専用となり、クラス最高の乗降性とヘッドルームを備えながら、スーパーカーのような低い着座位置が達成されております。

また、メタリックスポークとコントロール操作系を備えたフラットボトムタイプのスポーツステアリングホイールが採用され、インテリアには包み込むようなインテリアライトとマップライトが特徴となります。

エミーラで利用可能な機能には、キーレスゴー、クルーズコントロール、雨感知ワイパー、電動格納式ドアミラー、リアパーキングセンサー(オプションでフロントセンサー付き)、自動防眩バックミラー、カーテンエアバッグ、ローンチコントロール(ロータスドライバーズパックの一部)、および盗難車両トラッカーが含まれます。

エミーラで利用可能な先進運転⽀援システム(ADAS)には、アダプティブクルーズコントロール、衝突防止システム、疲労感知アラーム、道路標識情報、車速リミッター、車線逸脱警告、後退時安全確認警告機能、レーンチェンジアシストが含まれます。

実用性、快適性、機能性に新たな基準を打ち立てる日常のスポーツカー

エンジニアリング担当エグゼクティブ・ディレクターのリチャード・ムーアは、「世界中のロータスのお客様は、当然のことながら、我々のスポーツカーに卓越したダイナミックなパフォーマンスを期待しており、エミーラでも例外ではありません。今までの偉大なロータス車同様に演出的要素も持っており、目に見えるマニュアルトランスミッションギアシフトメカニズムとV6エンジンベイのスロットルアクチュエーターもその例となります。世界中のスポーツカーの顧客を驚かせ喜ばせるのは、ロースによって設定される新しい基準の実用性、機能性、快適さレベルの新しい基準となります。」と述べた。

ロータスは最初の議論段階から、エミーラを「日常使いできる」スポーツカーにしたいと考えており、長距離クルージングにおける総合的な快適性をサポートする、使いやすさと実用性を提供しております。そのために、身長差があるドライバー双方にとっても快適な、ロータスの新しい基準を設定しております。運転席と助手席にもより多くのスペースを確保しております。

ガラスエリアは、日常の使用に適した全方位の視認性を提供するように設計されています。エミーラオーナーの中にはエミーラを活発に活用する方もおられ、サーキットでも前方の景色、特にリアホイールアーチのビューは、コーナーをまわる車の正確な配置をサポートします。

車のインフォテインメントシステムへのアクセスには、ダッシュボード中央に取り付けられた10.25 インチタッチスクリーンと、ステアリングホイール後方に設置されている12.3 インチTFT ドライバーディスプレイを介して行われます。すべてのコンテンツはロータス専用であり、ロータス社内チームによって設計および開発されています。Android Auto とAppleCarPlay が標準で組み込まれています。

また、高く評価されている英国ブランドKEF の10 チャンネルプレミアムサウンドシステムがロータス専用として装備されており、これは同社初の自動車パートナーシップとなります。独自のUni-Q™テクノロジーはツイーターとミッドレンジそれぞれ別ユニットの設置を不要にし、音響的に理想化された単一ユニットに両方を組み合わせた独自の構成となります。独特のスピーカーフレットデザインで仕上げられたUni-Q は、1 つのポイントのみから中高域のサウンドスペクトル全体をカバーし、より一貫性のある超リアルなサウンド体験を提供します。

スポーツカーにもストレージは不可⽋であり、エミーラのキャビンは非常によく考えられています。電話収納スロットを間に備えた2 つのカップホルダーがセンター部に、また500ml ボトルを収納できるドア収納が備え付けられています。実用性は、グローブボックス、ギアスティックの前の小物トレイ、USB ポートと12V ソケットを備えたシート間のアームレスト、およびボトルやドキュメント用のコンソールネットも実用的な装備となります。

荷物やその他の大きなアイテムは、2 つのシート後方(208 リットル)、またはエンジン後部のトランクに収納できます。このスペース(151 リットル)には、標準サイズのフライトケースまたはゴルフクラブのセットが収納できます。

新設計のヘセル生産設備にて製造

ロータスのスポーツカーは1966 年以来ロータスの本拠地、英国ヘセルで製造されています。ロータスによる1億ポンド(約155億円)以上の投資に続いて、エミーラの生産はまったく新しい最先端の工場で行われます。エミーラは引き続き「ハンドメイド・イン・ヘセル」となり、効率を高めた上に品質を構築する、新しいプロセスとテクノロジーに⽀えられています。このソリューションはまさに両者の最良の部分を組み合わせたものとなります。

新設計のペイントショップは、ロボットアプリケーションを備えています。これは、品質、生産能力、プロセスの繰り返し精度を向上させる、ロータスにとって初の導入となります。プライマーとクリアコートの組み合わせラインなど多くの革新的なテクノロジーが含まれおり、ロボットを使用して接着剤を塗布する、新しい半自動ボディアッセンブリーシステムが含まれております。車両本体は、無人搬送車(AGV)によりメインアセンブリエリア周辺を移動します。エミーラの生産は、シャーシの製造とフロントエンドの組み立てが行われるノーリッジ近くにあるまったく新しい施設であるロータスアドバンストストラクチャー(LAS)にて始まります。エミーラの発表により、ロータスで200以上の新しいオペレーションロールが生まれます。

www.lotuscars.com オンラインでのデジタルビジュアライザー

エミーラの世界で最初のデリバリーは、来年の春から開始します(※日本向け車両の生産は、来年の春以降を予定しています)。

エミーラの印象的なデザインを紹介するデジタルビジュアライザーがwww.lotuscars.com で公開されており、特徴的な6 つの外装色が選択可能です。
- ヘセルイエロー、シャドーグレー、マグマレッド、ニンバスグレー、ダークバンダント、ローンチエディションで選択可能なセネカブルー

インテリアカラーは7 色の選択が可能です。
- ブラックナッパレザー、レッドナッパレザー、グレーナッパレザー、タンナッパレザー、ブラックアルカンタラ+グレーステッチ、ブラックアルカンタラ+レッドステッチ、ブラックアルカンタラ+イエローステッチ

ホイールは5 つの選択が可能です。
– 10 スポークキャストホイール、10 スポークグロスブラックホイール、V スポークシルバー鍛造ホイール、V スポークグロスブラック鍛造ホイール、V スポークダイヤモンドカット鍛造ホイール

ブレーキキャリパーは4 色から選択可能です。
- ブラック、レッド、イエロー、 シルバー



Lotus Emira : 主要諸元

価格帯 ※日本価格が決定次第、ご案内致します。
ボディーサイズ 4,412mm(全長) / 1,895mm(全幅) /1,225mm(全高)
エンジン 2.0-litre in-line four-cylinder / 3.5-litre V6
トランスミッション V6: マニュアル / オートマチック i4: DCT
最高出力 360-400hp(365-405ps)
最大トルク 430Nm(43.8kgm)
0-100km/h 加速 4.5 秒以下
最高速度 290km/h
CO2排出 180g/km 以下
車両重量
(EU DIN kerb weight)
1,405kg(目標値)
コネクティビティ―とインフォテインメント 10.25 インチ タッチスクリーン / ナビゲーション(一部地域除く) / Apple CarPlay / Android Auto / KEF Uni-Q プレミアムオーディオシステム
主要テクノロジーと機能 キーレスゴー / クルーズコントロール / 雨感知ワイパー / 電動格納式ミラー / 電動シート / LED 式エクステリアライト / アダプティブクルーズコントロール / 衝突防止システム / 疲労感知アラーム / 道路標識情報 / 車速リミッター / 車線逸脱警告/ 後退時安全確認警告機能 / レーンチェンジアシスト
  1. こちらは2021年7月1日(木)現在の情報であり、今後数値や装備に変更が生じる可能性がございます。