Car Details

CATERHAM SEVEN 1600GTS | ケータハム セブン 1600GTS

CATERHAM SEVEN 1600GTS

車両本体価格(消費税込) ASK

基本情報





仕様・装備




CHECK POINT

5速MT搭載のこだわりの1600GTS!

1997年式のこの1600GTSのファーストオーナーはウィザムカーズのスタッフであり、自身のためにCATERHAMに新車を発注した車両です。
ファーストオーナーのこだわりで、発注時に通常4速であるギアボックスを5速でオーダーしています。そのせいもあってか、納車までに実に2年半を要しました。

1600ccモデルとしては後期にあたるこのモデルはフロントのサスアームが珍しい簡易Aアームに後期スタビライザーを装着、FIAロールケージの装着、そして1600㏄でありながら5速フォードシエラミッションが搭載された、大変珍しい仕様となります。
エンジンルームに封印がある事から推測するに、当時イギリスで開催されていたワンメイク車両がベースになっているのではないでしょうか。 Ford KENTエンジンの後登場するROVERエンジン用のKクラシックのフレームが使われている様に見受けられます。

そしてファーストオーナーの元を離れた跡も、弊社のお客様に乗り継いでいただいています。
歴代のオーナーにしっかりと愛情を注がれ、定期的かつ適切なメンテナンスを行いながら乗り継がれて来ました。
その間の整備記録もほとんどが弊社に残っています。

車両のコンディション

ハードに使われることの多いSEVENですが、この車両は数オーナーに渡りツーリング派の元で乗られてきたため、フレームの劣化は勿論、アルミ地の状態も年式から考えると大変良い状態と言えます。
ノーズコーン、Fウィング、Rウィングはオーナーが変わる毎に色が替えられてきましたが、今はアルミ地Xグリーン×イエローストライプに落ち着いています。

アルミボディ部分は2019年にポリッシュ(鏡面)仕上げを施工したため、年式の割には綺麗な状態を保っています。

インテリアは2019年6月に新品のファブリックシートに交換。
また、同時にインストゥルメントパネルのスイッチ類を新品交換しています。
メーターパネルもオリジナル状態で好感をもてます。

この手の車両は絶対的な性能も大事ですが、シンプルで当時の雰囲気を大事にするセンスも重要かと思います。
この車両は派手な後付け電装パーツも無く、必要な個所はパーツを新品交換したり対策パーツで対応しており、とても状態良く、かつ、シンプルにまとまっています。

主なモディファイポイント

サスペンションをアラゴスタサスペンションシステムに交換しています。 交換後の走行は約9,000km。

ウィザムカーズオリジナルのキャタライザー付きステンレスサイレンサーに交換。
ELR付き3点シートベルトを装着。取付マウントをオリジナルで低く目に付き難い取付に変更済み
リヤキャリアを脱着可能にワンオフ改造。現在はスペアホイールを取り付けられる設定になっています。

ラジエターをオールアルミ製に交換。ラジエターホースもサムコ製シリコンホースに交換済み。


ギャラリー

この車両は
ウィザムカーズ東京(練馬区・光が丘)
に展示中です。

車両に関するお問い合わせは下記までお気軽にどうぞ。

TEL : 03-5968-4033


中古車一覧ページへ