Used Car入荷速報!- LOTUS EXIGE-S (V6)–

ロータス・エキシージS

ロータス・エキシージS

『ロータス・エキシージS(V6)』(2014y / 24,800km)の中古車が入荷いたしました!
新車登録時より弊社にてメンテナンスしてきたワンオーナー車両ですので、安心してお乗り出しできる車両です。

最大のポイントはなんといっても、モデルデビュー当時だけ選択する事ができたモータースポーツグリーンの鮮やかなボディカラーです。一見現在選択可能なレーシンググリーンにも見えますが、こちらにはゴールドのメタリックフレークが使用されており、実物の印象は異なります(新車時OP価格¥390,000-)

その他にはプレミアムスポーツパック、レースパック、ダイヤモンドカットホイールなど、豪華で魅力的なオプションを多数装備。レザーシートやDPMスイッチなど、快適性、走行性も優れた仕様となっています。(※DPMスイッチについての説明はこちら[前編後編]をご参照ください)

パワーユニットには3.5LのTOYOTA 2GR-FEエンジン + Super Charger を採用しており、MAX350psを発揮。
徹底的に贅肉を削ぎ落としたアスリートのようなボディに、ロータスならではのオンザレールのハンドリングとV6の瞬発力で、街乗りからサーキットまで幅広く楽しめる1台です。

USED CARはWebサイトでご紹介させていただく前にご成約となってしまう場合があります。特に今回ご紹介のような好条件が揃った車両はタイミングを待っていてもなかなか出てくる事はありませんので、ピンときた方は(ウィザムカーズ 03-5968-4033)までお早めにお問い合わせ下さい!

Used Car入荷速報!- EXIGE-S (AT)–

ロータス エキシージS V6 AT

緊急入荷速報!
『LOTUS EXIGE-S』 の大変希少な『AT』が入庫してまいりました!(2016y 走行距離6,600km 車検R3/5)
クーペモデルのATは中古市場で見かける事はほとんどございませんので、お探しの方はお見逃しなく!

僅か1.2tあまりの軽量ボディと最高出力350PSを組み合わせた圧倒的な運動性能に、アイシンAW製の滑らか且つレスポンスの良い『オートマティック』を組み合わせた魅力的なパッケージングのEXIGE-Sです。

ステアリングコラムに固定されたパドルシフトを引き、アクセルペダルを踏み込むだけでEXIGE-Sのもつハイパフォーマンスなスペックを、そしてLOTUSの持つ最大の美点であるハンドリングを最大限に楽しむことが出来ます。

ロータスエキシージS AT
0-100km加速はMTに対し0.1秒上回りますが、対一般ドライバーですから、体感できる差はそれ以上とお考えいただいて問題ありません。
LOTUS EXIGE-S AT
現車はEXIGE-Sのイメージにぴったりの『メタリックホワイト』に、『ヴェノムレッドレザーインテリアというセンスの良い組み合わせとなっております。人気のコストオプション『レースパック』はもちろんの事、『フルカーペットインテリア』も装備されます。

走行距離に比例し、内外装ともに抜群のコンディション、車検もたっぷり付いており大変お得な一台ですので、気になる方はウィザムカーズTOKYO 03-5968-4033 新井までお急ぎください!

– LOTUS EXIGE SPORT410 初試乗しました! –


先日『EXIGE RANGE』のトップグレード『LOTUS EXIGE SPORT410』をじっくりドライブする機会をいただきました。本日は実際にステアリングを握って感じたファーストインプレッションをご報告したいと思います。


LOTUSのLight Weightなイメージを表現するにはぴったりの、鮮やかなスペシャルペイント『Sky Blue』(OP価格¥464,400-)をまとった車両でした。


最高出力は416psまで高められましたが、それよりも注目すべきは『体感できる軽さ』だと感じました。これは大げさな表現では無く、日頃からLOTUS車に乗っている私がすぐに感じる事が出来ましたので、皆様も必ず実感していただけるはずです。何かと『ELISE』と比較される事の多い『EXIGE』ですが、今回の『SPORT410』『ELISE』らしさを感じるほど、軽さが印象的でした。


また出力を高めただけにとどまらず、不思議と従来モデルより一般道でも楽しめる味付けがなされている点にも注目です。スーパーチャージャーは空冷式インタークーラーから水冷式インタークーラーにアップグレードされ、軽量フライホイールの導入によるアクセルレスポンスの向上とより滑らかなフィーリングが奏功しているのではと思われます。

さすが『SPORT』を冠するだけの事はありますね。

– NITRON製アジャスタブルダンパーは2WAY (コストOP) から3WAY (標準装備) に進化! –

その他『SPORT380』ではコストオプション扱いだったトラックパックの進化版が標準装備されていたり、シンプルですが確実な進化は遂げています。とにかく『洗練』という一言に尽きる、という印象でした。

-日が高いうちに出発したにもかかわらず、気が付けばまもなく日を跨ぐ時刻になってしまいました –

マニュアルトランスミッションを第一線級のスペックで楽しめるのは今どき珍しく、決して ”ラク” では無いのに、いつまでも乗っていたい!そう思わせる一台に仕上がっています。


なお、ウィザムカーズTOKYOには『LOTUS Anniversary Blue Metallic』の展示・販売即納車両もございますので、気になる方は是非ご検討下さい。

お陰さまで『EXIGE SPORT 410』をご検討下さっていたお客様にも文句なしに気に入ってもらい、御成約をいただく事ができました!

ELISE/EXIGEファイナル・クリアランスキャンペーン!


本日7月1日(月)~9月30日(月)まで、
LOTUS ELISE / EXIGE ファイナル・クリアランスキャンペーンを行います。

期間中に対象の新車をご成約いただいた方に、総額30~40万円相当(購入サポートクーポン10~20万円 + オプション20万円相当)のプレゼントがあります!

※9月30日までにご成約・ご登録いただくことが条件となります。


対象車種は下記のの5車種です。(国内在庫車に限ります)

①ELISE SPORT 220Ⅰ
②EXIGE S
③EXIGE CLUB RACER
④EXIGE ROADSTER 
⑤EXIGE SPORT 350

ELISEをご成約いただいた方には10万円OFFEXIGEをご成約いただいた方には20万円OFF購入サポートクーポンがプレゼントとなります。

今回特に、現行モデルである【EXIGE SPORT 350】が対象車種となっている点が、要チェックなポイントです!!


さらに、下記3点のオプション(計20万円相当)がプレゼントとなり、工賃もサービスさせていただきます!(ETCセットアップ費用は別途頂戴いたします)

①ポータブルナビ
②バックカメラ
③ETC車載器

国内在庫車両のカラーリングや仕様等は、お気軽にお問い合わせください。
この機会にご検討いただければ幸いです♪


なお、ご希望の方には、LOTUS、CATERHAM、MORGAN、KTM X-BOWの新車・中古車全車対象の特別低金利オートローン(1.9%、最大120回払)がご利用いただけます。
ご検討の際はお気軽にご相談ください。

クアンタムサスペンション ELISE Mk1 / EXIGE Mk1用 入荷

ELISE Mk1 / EXIGE Mk1用のクアンタムサスペンションが入荷いたしました!スプリングレート・減衰力の違いで、”ロード”と”トラック”の2種類があります。今ならばどちらも即納が可能。”ロード”は純正よりも乗り心地がいい!と、街乗り・ツーリング派のオーナーからも好評です!


いつも乗っていると変化には気が付きづらいものですが、製造されてからの年数を考えれば、純正のKONI製ダンパーユニットは新車時と同じ性能は保っていません。サスペンションのアップグレードとしてももちろんですが、”ロード”は純正のリプレイスとしてもお勧めです。



早速ELISE Mk1にインストールさせていただきました。純正サスペンションはオーバーホールをすることが出来ませんので、新たに英国製のクアンタムに入れ替えて、足回りをリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

取り付けもWitham Carsにお任せください!

『JAPAN LOTUS DAY 2019』エントリースタートいたしました!


来る9月8日(日)、日本最大のLOTUSイベント『JAPAN LOTUS DAY』が今年も開催されます!
場所は例年通り富士スピードウェイ!!

そして本日より、いよいよエントリーがスタートいたしました!

お申込みの締切りは8月12日となってはおりますが、人気の走行枠は早々に埋まってしまう可能性がございます。いざ申し込もうと思ったら、希望の走行枠は既に満員!なんてことにならないよう、ぜひお早めにお申し込みください。

イベント詳細やお申込みは下記のリンクよりお願いいたします。

JAPAN LOTUS DAY 2019 エントリーはこちら!


走行カテゴリーは以下のように分けられています。車種・お好み・レベルに合わせてお申し込み下さいませ(^^


●サーキットエクスペリエンス
先導車あり・ヘルメット不要で、気軽に参加出来る走行枠。とにかく一度富士スピードウェイを愛車で走りたい!という方はこちら!ご友人やお子様と一緒に同乗走行も可能です。

●ロータスチャレンジA・B
サーキット走行初心者向けのスポーツ走行枠。タイム計測なし(チャンレジA)と計測あり(チャレンジB)の2枠があります。

●ロータスエキスパート&クラブマン
サーキット走行経験者で、かつタイム2分15秒未満のドライバー向けのスポーツ走行枠です。タイム計測あり。

●ロータスクラブマン
サーキット走行経験者で、かつタイム2分20秒未満のドライバー向けのスポーツ走行枠です。タイム計測あり。

●ロータス・ヒストリック/ケータハム

ヒストリックロータスやケータハムのオーナーはこちらです。


ロータスライフの始まり – LOTUS EXIGE SPORT –

昨日本日と2台の『LOTUS EXIGE SPORT』をご納車させていただきました。
V6 LOTUSラッシュです!

まずは『LOTUS EXIGE SPORT 380』です。
先日のFACTORYブログでもご紹介の通り、お客様オーダーにより弊社にてブラックアウトパネルをボディ同色ペイントに仕上げてご納車いたしました。カーボンパネルのアクセントがすでに効いているため、インパクト抜群です。フロントのカナードなど只者ではない雰囲気が漂うモデルです。

オーナー様は国産スポーツカー好きの方では恐らく羨望の眼差しを受けるであろう珍しいクルマからお乗り換えいただきました。『EXIGE』は以前から気になる存在だったそうですが、実車を目の当たりにして気持ちが急接近してしまったとの事です。乗って眺めて満足出来るクルマです。末永くお楽しみください。

続きまして本日は『LOTUS EXIGE SPORT 350』です。
レーシンググリーンが非常に鮮やかな一台です。『EXIGE-S』から『EXIGE SPORT 350』と名を変え、各部ブラッシュアップには目を見張るものがありましたが、今回更なる進化を遂げていたことに驚きました。詳しくは今回割愛しますが、操作系統の進化を始めアピールしないのがもったいないくらいに良いクルマに仕上がっていました。

オーナー様は以前より必ず『グリーン』のボディカラーの『LOTUS』に乗る、という強い信念を抱き続けておられ、今回『メタリックレーシンググリーン』の『LOTUS EXIGE』をお選びいただきました。はじめは『ELISE』でしたが弊社デモカーの雰囲気に一目ぼれ下さいました。軽量な車体にパワフルなV6スーパーチャージャーの組み合わせは非常にスリリングで、趣味として楽しむには最高のクルマです!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

新車続々。EXIGE SPORT 350 & 380

Witham Carsには新車が続々入庫中です!

レーシンググリーンのEXIGE SPORT 350。ナビやバックカメラの取り付けが完了し、仕上げのコーティングと登録を待つのみとなりました。
こちらはEXIGE SPORT 380。「380のルーフは黒くなかったっけ?」と気づいた方は鋭い!実はお客様のご希望で、Witham Carsにてルーフやミラー、トランサムパネルをボディ同色に塗装しました。こちらの車両も納車整備が完了次第、間もなく登録です。
来週はSEVENの新車が入庫予定!まもなくオーナーとなるみなさま、もうしばらくお待ち下さいませ(^ ^

『LOTUS EXIGE SPORT410』只今新車展示中です!


只今「Witham Cars Tokyo」にて新車の
【ロータス・エキシージ・スポーツ410】を展示中です!!
エキシージの最新モデルですので、是非店頭にて実車をご覧ください。


この「エキシージ・スポーツ410」は、サーキット走行に特化した「エキシージ カップ430」をベースに、公道走行における扱いやすさを高めたモデルです。

「ロータスアニバーサリーブルー」のメタリックペイントが、洗練された現代的なデザインにピッタリです。


搭載されているパワーユニットはTOYOTA 2GR-FE
水冷式インタークーラー一体型3.5リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンで、最高出力306kw(416PS)/7,000rpm、最大トルク410Nm/2,500-7,000rpmを発揮します。

この高出力に乾燥重量1,054kgという車体の軽量さも加わり、最高速度は290km/h(オープントップのロードスターは241km/h)、0-100km/h加速はわずか3.4秒という、優れた性能を発揮します。

「エキシージ・スポーツ410」はカーボンファイバー製のエアカーテン、フロントスプリッターを装備しフロントクラムシェルのデザイン変更に伴いグリル開⼝部の幅が広くなりました。

これによりエアロダイナミクスが向上し、最⼤150kgのダウンフォース(前60kg、後90kg)が発生します。


また「エキシージ・スポーツ410」にはナイトロン製の3段階調整式ダンパー、調整式のアイバッハ製アンチロールバーが標準装備され、ドライバーの細かい要求(リバウンドおよび低速/⾼速のコンプレッション)に応じてカスタマイズでき、クラス最⾼⽔準を誇るシャーシの完成度を⾼めています。

タイヤは ミシュランPilot Sport Cup 2 を装着。
タイヤサイズはフロント 215/45 ZR17、リア285/30 ZR18 と、リアがエキシージ スポーツ380と⽐較して20mm ⼤きいことから、よりトラクションに優れ、この⾞の超軽量鍛造アロイ製ホイール(ブラック、シルバー、レッドから選択可能)との相性も抜群です。

鍛造4 ピストンキャリパーと2 ピースJ フック仕様ブレーキディスクを備えるブレーキはAPレーシング製。熱容量が⼤きく⾷いつき感に優れたこのディスクは、摩耗粉がたまりにくく、安定したペダルタッチと⼤きな制動⼒を実現します。


シートはアルカンターラが標準となっていますが、オプションでレザーやタータン柄も選択可能です。

この車両に関しては標準のアルカンターラに、オプションのインテリアカラーパック(レッド)を追加した仕様となっています。


なお、オプションとして、チタン製のエキゾーストやカーボンファイバー製のメーター・フード、シルカバー、バージボード、ルーフを装備することもでき、その他サーキット走行向けの各種オプションも用意されています。


今ならウィザムカーズTOKYOにて実車をご覧いただきながら、ご検討が可能ですので、この機会にお気軽にご来店いただければ幸いです。

新車『LOTUS EXIGE SPORT 410』展示開始!


ウィザムカーズTOKYOのショールーム展示車両を入れ替えました!!

今回、新車の『LOTUS EXIGE SPORT 410』を展示、EXIGEの最新モデルです!
サーキット走行に特化した「エキシージ カップ430」をベースに、公道走行における扱いやすさを高めた車両となります。
搭載されている3.5リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンは、最高出力416psを発揮。
最低乾燥重量は1,054kgというロータスならではの軽量設計も加わり、最高速度は290km/h(オープントップのロードスターは241km/h)、0-100km/h加速はわずか3.4秒という、優れた性能を発揮します。

ワンランク上の走りを堪能したい方は是非「エキシージ・スポーツ410」をご検討下さい。
今ならウィザムカーズTOKYOにて実車をご覧いただくことができますので、お気軽にご来店いただければ幸いです。