Used Car 入荷速報 – LOTUS EXIGE Mk.2 (2005y) –

「ロータス エキシージ Mk.2 (2005y)」

自然吸気エキシージを探されている方必見!希少な2005年式モデルが入庫してまいりました。新車から弊社にて管理、整備記録のあるワンオーナー車両になります。車齢はすでに15年目を迎えており、現在市場に流通しているMk.2エキシージはほとんどが複数オーナー車ですので、そのような意味でも大変珍しい一台になると思われます。

 

現車は当時衝撃を受けた方も多い、ライフスタイルペイントの『クロームオレンジ』を纏います。

 

2004年のデビューから約2年間しか生産されなかったワイヤー式スロットルのモデル。ペダル踏力に対して呼応するかのような絶妙なレスポンスが味わえます。
また、スタンダードインテリア、パワーウインドウレス、エアバッグレス、車両重量875kgの最軽量仕様という点もロータスにとっては魅力ですね。

 

このような条件の揃った個体は今後出てくる可能性は極めて低いと思われますので、ご興味をお持ちの方はお早めにお問い合わせ下さい。詳細は追ってブログ、ホームページにてご案内いたします。(お問い合わせ先 048-423-2404 または 03-5968-4033

明日2/15放送 CGTVにて LOTUS ELISE SPORT220-IIが登場します

BS朝日にて明日2月15日(土)23:30~放送『カーグラフィックTV』(毎週土曜日 23:30より放送中)『LOTUS ELISE SPORT220-II』が登場します。

 

内容は新生『アルピーヌA110S』との比較対決です。両車ミドシップレイアウト以外、共通項は少なそうに感じますので、一体どんな内容になるのか今から楽しみですね。

 

過去にロータスのモデルを取り上げる事が多い番組ですので、今回の放送では新しいサスペンションのチューニング、ショートストロークシフト、スポーツエキゾーストによる迫力の増したサウンドなど『LOTUS ELISE SPORT220-II』の進化をお伝えしてくれると嬉しいです。個人的には実際にクルマの走る姿をご覧になりイメージを膨らませていただけたら幸いです!

 

『LOTUS ELISE SPORT220-II』の試乗車ございます!その他、最新の情報は店舗までお問い合わせ下さい。

テレビ番組で現行モデルの『LOTUS ELISE SPORT220-II』が取り上げられることはとても珍しいので、視聴環境が整っている方はこの機会に是非ご覧ください!(新井)

ロータスライフのはじまり - ELISE SPORT-1 & EXIGE SPORT410 –

先週は冬晴れの良い天気に恵まれ、多くのお客様がご来店くださいました。そんななか、2台のLOTUSをご納車させていただきました!

まずは『LOTUS ELISE SPORT- I』です!
関西在住のお客様でなんとご納車に弊社までお越しくださいました。

お客様のご希望条件にあった『Mk.3 NAエリーゼ』に加えて、高年式の最高のコンディションの一台をタイミングよくご案内する事ができました。
なお、こちらの『SPORT-I』は最終型に近いモデルとなっており、すべてにおいて完成の域に達した一台。約500kmに及ぶ帰路も疲れることなく全てが新鮮で楽しかったとの事です。引き続きロータスライフをお楽しみください。

 

お次はスペシャルペイントの『スカイブルー』がまばゆい『LOTUS EXIGE SPORT410』です。車両はいちからオーダーをかけており、特注のイエローブレーキキャリパー(オプション設定には無し)、インテリアカラーパックなどにもご注目ください。

 

416psというハイパフォーマンスなスペックに目が行きがちな本モデルですが、実は1,110kgという車重が示す通り、ロータスならではのでライトウェイトスポーツの楽しさをしっかり感じとる事が出来るバランスの取れた一台です。過去には名だたる車種をお乗りのお客様が今までで最も楽しいクルマとお墨付きもいただきましたので、それは間違いないでしょう。

 

弊社ではより一層ロータスライフを楽しんでいただくためのイベントも開催しておりますので、是非今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

Usedcar 入荷速報 – LOTUS ELAN Sr.2 –


1965 LOTUS ELAN Sr2
エランシリーズ2の入荷です。
エランは大きく分けるとシリーズ1からシリーズ4スプリントまでの4回大きな仕様変更が御座いました。各世代それぞれ魅力的な部分があり、甲乙つけがたいのですが、私個人的にその中でも最もエランらしいエランと言えるのが今回入荷のシリーズ2と言ってもよいかと思います。今回の車両はボディーのコンディション、インテリアの状態も非常によくおススメの1台となります。
もちろん納車時には弊社メンテナンスサービスを実施後にお届けとなります。
エランは部品も日本国内に豊富にありますので、 クラシックロータスといっても、気軽にお乗り頂くことができヒストリックカー未経験の方にもおススメできるモデルとなります。
エランは本当に長くつきあえる、クルマ趣味の典型のような1台です。ぜひお問合せ下さい。(原田)

デモカー EXIGE SPORT350 試走してきました

ウィザムカーズ新井です。本日は週末に備えて『EXIGE SPORT350』の車両確認および給油のため、軽く試走してまいりました。

 

『EXIGE SPORT350』は2013年デビューの通称V6エキシージ『EXIGE-S』をベースに一部コンポジットパーツ化などで51kgの軽量化を果たしたアップデートモデルです。また、新たにチューニングされたサスペンションとホイールのジオメトリによって正確無比なステアリングフィールを徹底的に追及しています。

 

グラスファイバーボディならではのこの曲線が非常に彫刻的で、『う~ん、実に美しい・・・』

ハイパフォーマンスな『EXIGE』は現行モデルレンジのメインである『ELISE』を基準に考えると、一時はどうしても敬遠される傾向にあったのですが、他のライバルが肥大化してきた『今』あらためてその真価は見直されています。私自身も初めは”そうでした”が、乗っていただくと良い意味でその固定観念は覆されるはずです!先日は『ELISE』のピュアな走りに思わずぞっこんな感じのブログを書いてしまいましたが、『EXIGE』『EXIGE』でこちらもすごく良いんですね。大排気量ならではの強大なトルク&パワーは素直に気持ち良い!と思えるもので『ELISE』とはまた異なる魅力です。もちろんそれだけではなく、豊かなフィードバックから得られる絶妙なステアリングフィールは紛れもなくロータスのハンドリングマシーンそのものです。

 

上記画像の同スペック特別仕様車・限定20台『EXIGE SPORT350 GP EDITION』も今ならまだ間に合います!

弊社でも4気筒『ELISE』『EXIGE』からお乗り換えくださったオーナー様も大変多く、ご好評いただいているモデルです。『ELISE』同様、手に入る今のうちに乗っておくべき一台です。

 

これほど純粋にドライビングの楽しさをお届けできるクルマは他にありません

ウィザムカーズ 新井です。早いもので今年ももう2月を迎えましたね。おかげさまで先月はストック車両のエリーゼをメインに新車・中古車たくさんの御成約をいただきました。ありがとうございます!

 

人気ハッチバックのホットモデルです。パワーもあり、当然速いですが、、、

さてそんな中、先日は上の画像の車(MINI)にお乗りだったお客様からエリーゼの御成約をいただきました。以前エリーゼを試乗した時に感じた楽しさが忘れられず、今回思い切ってお乗り換えいただきました。今から納車が楽しみで仕方がないそうです。

 

地を這うような路面追従性の高さ、そこから広がる視界の非日常感は他にないです。

・・・MINIにはオートエアコンに、アダプティブクルーズコントロール、ヘッドアップライトディスプレイといった今や当たり前といった装備が満載なのですが、オーナー様曰く『走りの本質』という面ではエリーゼが一枚も二枚も上手だとの事です。つまり『快適装備がもたらす心地よさ 純粋に運転を楽しむ心地よさ』は等しくないといったところでしょうか。

 

かたくなに『ライトウェイト』というテーマにこだわり続ける世界屈指のハンドリングマシーン。こんなクルマが楽しめるなんて、すごく贅沢ですね。

私自身もMINIを運転したことはありますので、内装の仕立てや”心憎い”演出もかなわない事は当然理解しているのですが、逆にそれらの無駄をそぎ落としたエリーゼの潔さが『真のドライビング』を楽しむには最高の演出につながっているのだと今回あらためて感じる事が出来ました。

 

画像の通り助手席との間隔の狭さも、出来る限り重量物(重心)は”中心に中心に”配置したロータスのこだわり。もちろんそれが走りの楽しさにつながっています。

悶々とエリーゼを悩まれている方もいらっしゃると思いますが、ウィザムカーズには『ELISE SPORT220-II』試乗車もございます。百聞は一見に如かず、まずご自身で体感してみるのが一番です。是非お気軽にご相談いただけると幸いです。

ショールーム展示車両入れ替え!今なら2台の2ZZあります!

先日入荷速報でご案内したばかりの『Mk.2 EXIGE-S – スーパースポーツ -』がウィザムカーズTOKYOショールームに入庫してまいりました!

 

入荷早々に大変多くのお問い合わせもいただいている、注目の一台です。マグネティックブルーのボディカラーも美しく、『EXIGE』独特のオーラをひしひしと感じますね。

 

そして、『Mk.2 ELISE-R -ツーリングパック -』も展示中です。

どちらも高回転型スポーツエンジン『2ZZ-GE』を搭載しているモデルになり、大変人気がありますので売約御免となる前にチェックしてください!ご来店お待ち申し上げております!

LOTUS オールモデル対象 新規受付終了カラーのお知らせ

この度LOTUS CARSより、ボディカラーについて一部受付終了の案内がありました。

全モデル対象、以下の4色が該当となります。(車両画像はカラー参考となります)


メタリックブルー

ロータスアニバーサリーブルー

レーシンググリーン

メタリックシルバー

上記4色の『新規オーダー』受付はすでに完了しておりますのでご注意ください。なお、今ならまだ日本国内在庫からお選びいただける車両もございますが、台数はごく僅かとなっております。

例えばエリーゼの商談を進める中でよくあるご質問や要望の中に『ブラックパック・オプション』は不要というものがあるのですが、(上の画像のようなリヤトランサムパネル部分がボディ同色になった仕様。ブラックパックはマットブラックの樹脂ペイントになります)そうなりますと日本国内の在庫はほとんどございませんので、(すでに選べないカラーもございます)さらに急ぐ必要があります!色にこだわりのある方はお含みおきください(新井)

 

Used Car Pick Up – LOTUS EXIGE-S スーパースポーツ –

久々の入庫となりました第二世代『EXIGE-S(スーパースポーツ)』をご紹介させていただきます。先日の入荷速報から連日のようにお問い合わせをいただいている注目の一台です。ようやく商品車整備が完了しました!

 

美しいマグネティックブルーのボディカラー
ご覧の通り状態も良く、間違いのない一台となっておりますので、今回は現車の仕様など魅力について触れていきたいと思います。

 

こちらの車両が気になる方ならご存知、2ZZ-GEユニットに空冷インタークーラー式スーパーチャージャーを搭載したモデルになります。機械式ならではの自然なフィール。スロットルレスポンスも非常に良く、コントロール性は高いです。

スーパーチャージャーが搭載された事で、自然吸気で感じられる2ZZの5~6,000rpm付近に訪れるカムの切り替えによるトルクの谷(トルクの落ち込み)を感じさせず、7,800rpm(8,500rpm許容)まで一気に回りきるので高速域では自然吸気以上にコントロールしやすいです。加速と共に鳴り響くスーパーチャージャーのメカニカルノイズも気分を高揚させます。

 

現車は当時ツーリング / スーパースポーツ と展開されたうちの後者である『スーパースポーツ』になります。4点式ハーネスのアンカー部分となるT45パイプを使用したクロスバートラックスペック・リアサスペンションシャシー・ブレースなど、製造ラインでしか取付する事が出来ないパフォーマンス系装備をはじめ、1台分で約16kgの軽量化が図られる超軽量鍛造アルミホイールなど魅力的な装備が奢られます。

 

■軽量7ツインスポーク鍛造アロイホイール
標準の16スポーク鋳造アロイホイールに比べ、一台あたり16kgの軽量化に成功(一本当たり4kg軽量となります。)

 

新車販売当時の車両本体価格はベースで約800万円と大変高額であったため、比較的台数の少ないEXIGEの中でもさらに希少なEXIGEとなります。また、サーキット志向の方に好まれるモデルの為、モディファイが進む車両が多い中、ほぼノーマルコンディションを維持している事も貴重です。
(現車はその他 HIDヘッドライト、対策強化アルミラジエターが装着されています)
4気筒EXIGEをお探しの方は是非チェックしてみてください。お問い合わせお待ちしております。


「LOTUS EXIGE-S (
Mk.2)」
(2007y / Toyota 2ZZ-GE+SC / 6MT / 走行距離27,400km / 車検R3/2)
車両は2店舗間移動の場合がありますので、現車確認の際は 048-423-2404 または 03-5968-4033 までご連絡ください

Used Car 入荷速報 -2011y LOTUS ELISE (1ZR) –

「ロータス エリーゼ (1ZR)」

(2011y / Toyota 1ZR-FAE 1,600cc / 6MT / 走行距離 24,000km / 検2年付)

軽さ際立つ、エリーゼの持つピュアスポーツ感覚を最も味わえる1.6スタンダード(1ZR)が入庫しました!

ボディカラーは鮮やかなメタリックペイント(オプション)のレーザーブルー。直感的に軽さと速さを感じさせる好カラーですね。

 

アルミ素地を前面に押し出した潔いエリーゼのインテリア。

パワーユニットは先代の1.8リットルから1.6リットルのダウンサイジングが図られた1ZR-FAEを搭載。ダウンサイジング化に伴い、やや低速トルクは細くなりましたが、その分高回転(6,800rpm)までスムーズに回りきる、よりスポーティさが増したように思えるフィーリングになっております。エリーゼの軽さがもたらす唯一無二のライド&ハンドリングはスペック上では決して現れませんし、乗らずして語る事は出来ません。

 

見た目にはとても簡素に見えるシートですが、人間工学に基づいた設計となっており、長時間のドライブでも疲れ知らずです。何よりエリーゼの雰囲気にぴったりのデザインですね。

 

ノーマルコンディションの素性の良い車両になりますので、これから楽しむにはもってこいの一台です。あと一か月もすればワインディングを走るにもちょうど良いドライビングシーズンも到来しますので、是非いかがでしょうか。

詳細は追ってブログ、ホームページにてご案内いたします。もちろんご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。(048-423-2404 または 03-5968-4033 まで)