ポジションを適正化し身体を安定させる軽量アドオンフットレスト

Witham Carsオリジナルの”アドオンフットレスト”は、コンスタントにご注文をいただく人気商品です。

フットレストは減速時や旋回中に体を安定させるためにはとても重要なパーツですが、ELISEやEXIGEの純正フットレストはちょっと遠いな・・・と感じている方は多いのではないでしょうか。

そこでポジションを適正化してしっかりと身体を支えることが出来るように、サイズ・剛性・材質等にこだわって設計・製作したのがアドオンフットレストです。

材質はアルミで、約160gと極めて軽量。ご覧の通り、LOTUSのインテリアとのマッチングにも全く違和感がありません。ハードなサーキット走行時の負荷も想定した製品ながら、両面テープで容易に取り付け可能です。

足を置く位置が純正状態よりも65mmほど手前になり、シートの前後位置とステアリングとの関係をより適正に保つことができます。実際に取り付けてみると、実にしっくりと来るポジションです。


通常は受注生産となりますので、ご注文はお早めにどうぞ。

大好評 LOTUSキャッシュバックキャンペーン!


今月からはじまりましたLOTUSキャッシュバックキャンペーン大好評をいただいております!そして本日は早速『ELISE SPRINT 220』『ELISE SPORT 220-II』2台のオーダーをいただきました!全車種対象でここまでお得な内容というのは前例がありませんので、これからロータスをお考えの方は絶対に見逃せないキャンペーンとなっております。


今回のキャンペーンは年内の御成約、年明け1月末までの登録が対象となっており、全車種とはいえ必然的にストック車両が対象となりますが、人気のあるボディカラー、オプション装備の車両は少なくなってきています。特に『ELISE SPRINT 220』11月9日現在で6台を残すのみです!

 

特別仕様車ヘリテージエディションもまだ間に合います!オプション込みの車両本体価格が対象になりますので、なんと約36万円のキャッシュバック!(お問い合わせ時点でご売約の際はご了承ください)

全車種対象でここまでお得な内容というのは前例がありませんので、これからロータスをお考えの方は絶対に見逃せないキャンペーンです。お急ぎください!

 

気になるパーツはお早めに。

久しぶりにRover世代のELISE用のブレーキ/クラッチペダルアダプターをご注文いただきました。

ボルトオンでペダルの高さを25mmプラスすることが出来ます。流石にRover世代のELISEオーナーも少なくなってきたため、最近は殆どご注文いただくことがありませんが、人気があったパーツです。

このペダルアダプター、まだ生産はされているようですが、需要も減っているためいつまで入手可能かわからないようです。Rover系に限らず、LOTUS用のアフターパーツは生産数が多いものではありません。あとで後悔しないためにも、気になるパーツは早めに買っておいた方がいいかもしれませんよ(^^

ショールーム 展示車両の入れ替えをしました

昨日までの天候とは打って変わり、本日は大変清々しい秋晴れとなりました。過ごしやすい気温ですのでオープンカーでのドライブは特に気持ちよさそうですね。

 

さて、今月は新入庫のUsed Carも加わり、合わせてショールームの展示車両も入れ替えをしました。その中でも特にカーボングレーの『LOTUS ELISE-S』がおすすめです!抜群のコンディションもさることながら、スポーツ走行を視野に入れている方にはマストとも言えるLSD(1.8way 機械式)がすでにインストール済み!というのは大きなポイントです。後から取り付けると大変高価なモディファイのひとつですので、『ELISE』購入後導入をお考えの方は是非!その効果はてきめんです!
車両詳細情報>>2015y LOTUS ELISE-S (Mk3)

 

その他展示車両の他に試乗車もバリエーション豊富に取り揃えていますので、楽しいクルマをお考えの方はお気軽にご相談ください。展示車両でしたら年内の納車も間に合います!

納車整備ラッシュ!

現在、ファクトリーは納車整備ラッシュです!

ELISE SPORT-Iは点検・整備が終わり、仕上げの磨きとコーティング中。まもなく全ての作業が完了します。週明けには納車となる予定です。

新車のELISE SPORT-220IIは、ドライブレコーダーやレーダー等の電装品の取り付けを行っています。こちらも作業が終わり次第、磨きとコーティングをして登録となります。予定通り、今週末には納車出来る見込みです。
SEVEN 270Rは2018年式で走行1,000kmほど。このまま納車できるほどのコンディションですが、安心してお乗りいただけるようにしっかり点検をしております。

GINETTA G4はまもなく試走が出来そうな状態にまで仕上がって参りました。雨では試走に出られないので、傘マークばかりの天気予報が恨めしいですね。

EXIGE Mk1の納車整備も作業は順調。まもなくタイミングベルト交換が終わり、こちらも試走出来る状態になる予定です。

お待たせしている分、しっかりと仕上げて納車いたします。

今回ご紹介していない車両も順次作業を進めて参りますので、楽しみにお待ち下さい!

 

 

 

 

 

 

ELISE Mk1 ラジエター交換

最近冷却水がすぐに減るというELISE Mk1がご入庫です。

実はこのELISEは新車からお乗りいただいているワンオーナーの車両。ほぼノーマルの状態を維持しており、初期型の特徴であるアルミディスクローターやアルミエンジンフードも当時のまま。ひと目見てオーナーの愛情が伝わってくるほど大切にお乗りいただいています。

ウォーターホース類はすでにシリコン製に換装済みでしたが、今回はシリコンホースが接続されている金属製のパイプの劣化によるものでした。さらに各部を点検したところ、ラジエターにも漏れ跡が発見され、クラムシェルを取り外してのラジエター交換となりました。

写真はラジエターを取り外した状態。ラジエターはクラッシュストラクチャーに水平にリジッドマウントされています。

下が純正、上が交換するアルミラジエター。製造されてから20年以上、よく今までノントラブルで頑張ってくれたものです。

純正品は樹脂製のタンクがガスケットを挟んでラジエターにカシメられています。このガスケットが経年により劣化して冷却水漏れが発生することが多いのですが、この車両はコアの接合部からの漏れでした。

クラムシェルを外したときにしか出来ない作業ということで、飛び石でレンズにクラックが入っていたドライビングライトも交換します。新品のライトはやはり輝きが違いますね。

ドアを開いた状態でホールドするためのスプリングプレート。運転席側(写真左)は折れてしまっていました。このプレートもクラムシェルを外した状態でしか交換できないパーツです。

現在供給されているプレートは板厚が増し、形状も変更されてたため、割れていなかった助手席も対策品に交換です。ドアのヒンジもグリスアップし、開閉がスムーズになりました。

すべての作業が完了し、あとは納車を待つばかり。これで今年の秋は安心してツーリングをお楽しみいただけます。ELISEに乗り続けられる限り、これからも大切にしてあげてくださいね。

ご成約ありがとうございます – LOTUS ELISE SPRINT220 –

LOTUS ELISEの最軽量モデル『LOTUS ELISE SPRINT220』を御成約いただきました。誠にありがとうございます!

新規オーダーは完了しているモデルになり、国内ストック僅か残すのみとなりました。(カラーによってはすでに完売しております)

従来モデルから大幅な軽量化を果たし、スーパーチャージャーを搭載しながらアンダー900kgを実現。『軽くて速いロータス』に乗りたい方は最後のチャンスかもしれません!

 

最大トルクは250Nm 0-96km/h加速は4.1秒で到達します。

【エクステリア】
・MY17.5軽量フロントクラムシェル(8.7kg削減)
・カーボンフロントアクセスパネル/カーボンロールフープカバー/カーボンテールゲート(6.0kg削減)
・テールランプ2灯化(0.3kg削減)
・軽量鍛造アルミホイール(5kg削減)

【インテリア】
オープンゲートMT(1.0kg削減)
リチウムイオンバッテリー(9kg削減)
カーボン製レースシート(6kg削減)

お急ぎください(新井)

元気なバッテリーでベストシーズンに臨みましょう

人間のほうが参ってしまいそうな酷暑の夏も終わり、いよいよ気持ちのいいシーズンの到来ですね。久しぶりにキーを捻ってみるとむなしく「カチカチカチ・・・」・・・・と鳴るのみで、愛車の目覚めが悪かった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現行のLOTUSやCATERHAMは、エンジンを切っていてもセキュリティ等でバッテリーを消費します。そしてカットオフスイッチを装着していても、自然に放電していきますから、バッテリーをあげない為には、乗らない間も充電器を接続したり、ときどきエンジンをかけてあげることが重要です。バッテリーも消耗品ですから、ある程度の年数が経過したら交換をお勧めいたします。

WithamCarsでは純正バッテリーをはじめ、始動性が高く、長期保管にも適しているドライバッテリー、軽量なリチウムバッテリーなど、各種取り扱いしております。

ELISEやCATERHAMのアップグレード用として、特に人気が高いのがオデッセイのドライセルバッテリーです。自然放電の少なさや始動性の高さはもちろん、リチウムバッテリーのような取り扱いの難しさ(ジャンプスタート不可・要専用充電器等)がないのも万人にお勧めできるポイントの一つと言えるでしょう。


Mk2/3以降のELISE/EXIGEならば写真のような専用のバッテリートレイで、簡単にドライセルバッテリーへのリプレイスが可能です。

CATERHAM SEVEN 160や270の場合は、バッテリートレイやステーの簡単なモディファイで搭載出来ます。ドライセルバッテリーは横倒し可能なので、搭載方法の自由度も高いのも特徴です。

一見問題なく使用できているバッテリーも、長く使用していると突然元気が無くなることもあります。「そういえばしばらくバッテリーを交換してないな・・・」という方は、お気軽にご相談くださいね。

オーナーも愛車も、万全の状態で今年の秋を目一杯楽しみましょう!

あらためて感じるスタンダードエリーゼの良さ

先日のブログでもお伝えした通り、スタンダードエリーゼの魅力はグレード随一の軽量ボディによる旋回性能の高さや扱いやすいエンジン出力などによってもたらされるドライビングファンに尽きると思います。

 

エリーゼには様々なグレードが存在し、スペックだけを眺めてしまうとどうしてもパフォーマンスの高い2ZZに目が映ってしまいがちですが、公道を流す分にはスタンダードの1ZZがクルマのおいしい領域を最も早く、長く楽しめることが出来ます。

 

5,500rpm付近までは両者ほぼ同じようなトルク曲線を描きますが、普段使いで多用するのはもう少し下の回転数になりますので、1ZZのほうがエンジンのおいしいところを無理なく使いきれるのは一目瞭然ですね。ちなみに軽い車重と相まってひとたびアクセルを踏めば充分以上の加速を味わえます。扱える範囲での速さと楽しさとのバランスがちょうど良く、スタンダードはやはりロータスの狙いを感じるクルマに仕上がっているといえます。

 

06年以降のエリーゼはシャシー性能も上がり、サーボ付きのブレーキも標準装備され、シチュエーション問わず安心して楽しめるクルマに仕上がっています。(ちなみに基本的なセッティングはMk.2で完成されているそうです。)

私も休日を利用して愛車のスタンダードエリーゼを走らせてみましたが、『やっぱりエリーゼ良いな!』とあらためて感じる事が出来ました。

今ならコンディションの良いエリーゼが豊富です。弊社ストックリストはこちらからご覧ください。

エリーゼの本質が味わえるスタンダードモデルが充実しています!



現在ウィザムカーズではMk.2、Mk.3共に自然吸気エンジンを搭載したスタンダードエリーゼのUSED CARが充実しています。
ロータスの考えるライトウェイトスポーツを最も感じる事が出来るといっても過言ではないのが、自然吸気エンジンを搭載したスタンダードエリーゼです。すでに自然吸気エンジンの新車を選ぶ事は出来ませんので、狙うなら末永く付き合えるコンディションの良いユーズドカーがおすすめです。そこで、今回はスタンダードエリーゼの魅力とおすすめの弊社ストック車両をご紹介いたします。

 


ポイント① 最もライトウェイト
純粋にドライビングの楽しさを直に感じていただけるのは最も軽量なスタンダードが一番です。高出力グレードとは異なる、軽さや低速域でのトルク特性に優れたエンジンを搭載するスタンダードはスペック上では表すことの出来ない奥深さがあります。軽快さを武器に、シチュエーションによっては上位グレードを凌駕するポテンシャルを秘めています。

 

ポイント② 量産エンジンの流用
量産エンジンを用いてるのもスタンダードエリーゼの魅力のひとつです。部品点数の多い複雑で重いエンジンを用いるよりも、効率に優れた量産エンジンを選択する事で、ロータスの考える本来のパフォーマンスとドライビングの楽しさを実現しています。これはロータス車の伝統的な手法のひとつといえますね。

 

左がMk.3、右がMk.2のエンジンルーム。振り回すにはスタンダードが実に気持ち良い!

ポイント③ 高いコストパフォーマンス
Mk.2(TOYOTAエンジン)以降全てのグレードに於いて、同系列のエンジンを搭載する事でシャシーも共通となります。つまり上位グレードのシャシー性能がスタンダードでも味わう事ができ、これがスタンダードが思う存分に振り回せて楽しいという結果につながっていると考えます。
スタンダード < ハイパフォーマンス、という考え方はロータスには当てはまりません。
いつでもエンジン全開で楽しむ事が出来、少ない馬力をいかに活かしてスポーツするかを考えながら楽しむドライブはスタンダードモデルならではです。

 

~中古車を選ぶうえで~
エクステリアデザインの変更がほとんど無いため、あまり違いが無いように思いますが、実際はモデルイヤー毎に大きく変わる時期がありますので、中古車選びは予備知識が無いと非常に難しいです。趣味のクルマだからこそ妥協せず、はじめにしっかりした個体を選んでおくことが余計な費用も掛からず、何より楽しいエリーゼライフを送ることが出来る近道となっております。

最後に弊社おすすめのストックリストをご紹介します。(各車両画像をクリックすると詳細ページに移動します)

エリーゼS2006年式 エリーゼS 18,600km ポーラブルー
詳しくは弊社販売ページの通り、すでにコンプリートメンテナンス実施済みの今すぐにでも乗り出し可能な一台。この1ZZエンジンのエリーゼから劇的に車両のクオリティが上がります。また、特に軽い初期1ZZですのでドライビングフィールの軽快さはこの中でも一番です。

エリーゼS2010年式 エリーゼS 21,000km アークティックシルバー
Mk.2エリーゼの最後期モデルです。エアバッグも標準装備され、インテリアデザインも現行型とほぼ共通になり、スタンダードエリーゼの完成形といえる一台。安心のワンオーナー、ラジエター等の対策も実施済み。サクラムのエキゾースト付き。

エリーゼ1.62012年式 エリーゼ 35,400km アクアマリン
新車より弊社にてメンテナンスされてきたワンオーナー車両です。ボディカラーはカタログからはすでに選ぶ事が出来ないライフスタイルペイントのアクアマリンを纏います。ブラックパックで足元は引き締められ、インテリアもレザーが奢られた豪華な12年後期モデル。安心してお乗り出し出来る一台です。

エリーゼ1.62015年式 エリーゼ 31,500km メタリックイエロー
エリーゼといえば黄色というほど、イエローのボディカラーがとてもよく似合った一台です。ノーマルコンディションですので、素のエリーゼの良さを最も感じていただく事が出来ます。内外装ともに綺麗な状態を保ちますので、中古車選びに迷いがある方も安心して乗り出すことが出来ますね。

エリーゼ・スポーツ12019年式 エリーゼスポーツ-I 2,200km メタリックブラック
新車保証もたっぷり残っている1ZRの最後期エリーゼスポーツ。引き締められたビルシュタイン製サスペンションをはじめ、より軽量かつスポーツ志向に振ったエリーゼです。質感の高いインテリアをはじめ、高年式、低走行という事もありコンディションの良さは必見です。SOLD OUT

来月はいよいよ増税となりますので、エリーゼを悩まれている方は是非この機会にご検討下さい。ちょうど今がドライブを楽しむ絶好の季節ですが、どの車両も待たずしてお乗り出し可能です!