LOTUS CUP 2020年最終戦の参戦レポートを公開いたしました!

先月末にツインリングもてぎにて開催された2020年シーズンLOTUS CUP最終戦の参戦レポートを公開いたしました!

Club Witham Racingからは初参戦となる高橋 基夫選手と、弊社の篠原がエントリー。

気持ちの良い秋晴れの中、応援に駆けつけてくれたクラブウィザムの皆様の熱い激励を受け、熱い戦いを繰り広げました。
久しぶりのレース参戦でしたが、お陰様で両名ともに好成績を収めることができ、皆様の期待に応えることができたと思います。

下記のリンクから詳細をご覧いただければ幸いです。
「LOTUS CUP JAPAN Rd.4」参戦レポート

LOTUS CUP JAPAN シリーズ 最終戦 in ツインリンクもてぎ

11月29日、ツインリングもてぎにて、2020年シーズンLOTUS CUP最終戦が開催されました。Club Witham Racingからは初参戦となる高橋 基夫選手と、弊社の篠原がエントリー。篠原は2013年のJAPAN LOTUS DAY以来、久々のLOTUS CUP復帰です。

当日は晴天に恵まれ、今シーズン初のドライコンディションでのレースとなりました。

応援にかけつけてくださったロータスオーナーのみなさまと、青空の下ソーシャルディスタンスを保ちながら、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
好きな車を介した仲間たちとの有意義な時間はかけがえのないものだ、と改めて感じた一日でした。

駆けつけてくださったみなさま、ありがとうございます。近日中にレポートを掲載いたしますので、お楽しみにお待ちください。

Witham Cars 絹川

 

明日はいよいよLOTUS CUPです

いよいよ明日は『ロータスカップ』2020年最終戦です!

高橋基夫選手と篠原は一足先に現地入りし、快晴の空のもと
参戦者向けのスポーツ走行で最終調整を行いました。

高橋選手はゼッケン21、篠原はゼッケン20の
ELISE SPORT220で参戦します!!

明日は8:30から予選・11:15より決勝が行われます。
応援よろしくお願いいたします!






JCCA Tukuba Meeting Summer !!

本日はつくばサーキットにてJCCA つくばミーティングサマーが開催されています。

Club WithamからのエントリーはほぼSEVEN。グリーンの270Rは先日ナイトロンの3Wayサスペンションをインストールしたばかりです。

Witham Carsからはサポートとしてメカニック内藤が同伴しています。そして原田が愛車のエスコートでエントリー。

どんよりした空ですが、どうにか走行の間は持ってくれそうです。みなさん、気を付けて楽しんできてくださいね。

後日レポートをアップいたしますのでお楽しみに!

K4GP優勝のお祝いをいただきました!

おひさまぱんからK4GP優勝のお祝いをいただきました!ありがとうございます!!

おひさまぱんはクラブウィザムのサーキットイベントのケータリングサービスでいつもお世話になっている埼玉県伊奈町にあるパン屋さんです。K4GPでも毎年おいしいパンを届けていただいています。

可愛すぎて食べるのがもったいない。。。ずっと飾っておきたいくらいですが、美味しいうちにスタッフ全員でいただきました。ちなみにくまと車はアンパン、下はチョコパンです(^^


クラブウィザムのイベントで食べたあのパンを食べたくなったら、是非おひさまぱんに足を運んでみてください(^^
『Boulangerie おひさまぱん』
http://ohisama-pain.com/index.html

K4GP 富士スピードウェイ7時間耐久レースで優勝しました!


2月2日に富士スピードウェイにて開催された冬のK4-GP 7時間耐久レースで、クラブウィザムレーシングは最も激戦のGP-3クラスで勝ち抜き、クラス優勝、さらに総合3位を獲得しました!

エンジン・ECUはノーマルのまま、サスペンションとLSDのモディファイのみで、軽自動車のエンジンを搭載した120台を超えるレース車両の中、総合3位を獲得したSEVEN 160のパフォーマンスにはただただ驚かされます。

現在ではすっかりポピュラーになったSEVEN 160ですが、今年はプロトタイプのGoサインが出てから10年という節目の年でもあります。

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます!

K4GPの詳細レポートは、ウィザムカーズのホームページでご紹介予定です。楽しみにお待ち下さい。

SEVEN 160 K4GP テスト走行

エコラン的な要素をもつK4GPではタイムだけではなく燃費の良さも勝つための重要な要素です。可能であればファイナルを変更したいところですが、それが難しいSEVEN160はタイヤを大径化することで同様の効果を狙っています。

昨年よりもさらに燃費とタイムを稼げるタイヤを求めて、試行錯誤を繰り返しています。

先日は富士スピードウェイにてテスト走行を行いました。朝一に現地入りして薄暗くなるまで、様々なシチュエーションと想定しながら燃費データを取得。なかなか興味深いデータが取れたようです。

新規投入のイグニッションコイルのテストも実施。気になるテスト結果は内藤メカまで(^^

K4GP本番まであと1週間です!

SEVEN 160 K4GP ギアボックスオーバーホール

ファクトリーでは作業の合間を縫ってSEVEN 160の整備が進められています。

丸2シーズンサーキット走行メインで使用してきたミッションを状態確認を含めてオーバーホールする事となりました。

新車状態と比べて3-4速のシフトチェンジが若干渋くなっていたため、シンクロリング・シンクロハブを交換します。FUJIスピードウェイでの走行頻度が高い為、SEVEN160のギヤ比だと3-4速が消耗が多い様です。
クラッチ側はまだまだ問題なかったので、今回はそのまま利用することとなりました。

まずは、テスト走行に向けて2020年仕様としていく予定です。

乞うご期待!

間もなく冬のK4GP 2020!

1ヵ月後に迫った2020年冬のK4GPに向け、チーフメカニック内藤が中心となり、SEVEN 160の整備が始まりました。

まずはギアボックスのオーバーホールのためにエンジンを降ろします。


今年も大きなモディファイは行わず、SEVEN 160本来のパフォーマンスで表彰台を狙います。どうぞご期待ください!