Used Car 入荷速報 – FORD ESCORT Lotus Twin Cam –


2022年最初のご紹介するUSED CARは英国FORDを代表するクラシックモデル ESCORT MK1 TWINCAMです。
Witham Carsをよく知る方は、そうあの車両になります。
ESCORTは英国FORDが作ったモデルとなります。
当時はモータースポーツ(レースやラリー)シーンで活躍する事がそのモデルの売れ行きに大きく左右する時代でもありました。
ESCORTも多くのモデルがあり、その中でも最初のスポーツモデルとして登場したのが、このLOTUS TWIN CAMモデルとなります。
1960年代でTWIN CAMと言えばごく一部のスポーツモデルにしか搭載されていなかった時代です。そんな時代にサルーンボディーにTWINCAMを搭載した事は衝撃的だった事でしょう。しかも、そのエンジンは当時レースで密接な関係を築いていたLOTUS製の物となれば尚の事だったかと思います。

はい、そうですLOTUS TWIN CAMを搭載しているとなればLOTUS屋さんの出番となるわけです(笑)


エンジン以外でも小型で軽量なボディーはバランスに優れ、当時のレースシーンでも輝かしい成績を残してきたモデルとなります。
現在でもイギリスではとても人気の高いスポーツサルーンとなっています。


エンジン以外でも小型で軽量なボディーはバランスに優れ、当時のレースシーンでも輝かしい成績を残してきたモデルとなります。
現在でもイギリスではとても人気の高いスポーツサルーンとなっています。


さて、ESCORTの基礎知識がついたところで今回の車両に戻ります。
外観は後のスポーツモデルRS仕様のワイドフェンダーにされてしまう車両が多い中、スタンダードなフェンダーラインが今となっては新鮮な外観となります。前オーナーは外観や、インテリア等は大きく変えずノーマルな雰囲気を重視したモディファイを行い、機関に関しては普段使いも出来、スポーツ走行にも耐えれる仕様に仕上げて参りました。
現在は普段使いは勿論、年1~2回のサーキットランやツーリングを楽しめる車になりました。
FORD ESCORT TWINCAMは非常に珍しく、貴重なモデルとなっています。是非クラシック・スポーツ・サルーンをお探しの方にはおススメです!
整備&モディファイポイントは多岐にわたりますが、前オーナー時に実施した作業の一部ご紹介いたします。

【外装】
ヘッドライト ハロゲンタイプ交換
ヘッドライトリレー増設【サスペンション】
フロント ショックアブソーバーインサート交換(ビルシュタインタイプ)
フロント コイルスプリング交換 バネレートUP及びダウンタイプ
リヤ サスペンション交換(減衰力調整タイプ)

フロント トラックコントロールアーム(TCR)交換(アジャスタブルタイプ)
フロント TCRブラケット 強化ダブルワイド品交換
フロント スタビライザーブッシュ交換
ステアリングシャフト 交換及び延長加工
ステアリングシャフトユニバーサルジョイント 強化品交換
ステアリングラックマウント 強化品交換
タイロッドエンド 左右交換
ハブベアリング 交換
フロント スタッドボルト ロングボルト交換

リヤ トレーディングアームブッシュ 前後ブッシュ 強化品交換
リヤ リヤショックTOPブラケットブッシュ 強化品交換
ラテラルロッド 追加加工
ホーシングブラケット 強化品交換
リヤ バンプストップラバー 新品交換
リーフスプリングシャックル 片側交換
リーフスプリングブッシュ 強化品交換

【ブレーキ】
ソリッドブレーキディスク→ベンチレーテッドディスク交換
ブレーキキャリパーOH及びベンチ仕様ワイド加工
ステンレスメッシュブレーキホース
フロント ブレーキパッド フェロードDS2500
サイドブレーキケーブル 新品交換

【エンジンルーム】
ストラットタワーバー
エンジンルームハーネス製作
アースケーブル新設
ドライセルバッテリー オデッセイ680
強化エンジンスターター交換
電動ファン増設
オイルクーラー新設 Mocal 11段 ホース5/8
オイルキャッチタンク新設
オイルポンプ強化加工
エンジンマウント強化品交換
デスビキャップ、ローター、プラグコード 交換
WEBERキャブレター DCOE45→DCOE40 交換
WEBERキャブレター O/H
ウォーターポンプ交換

【エンジンルーム】
エンジンヘッドOH及びビッグバルブ化

【電装品】
オリジナルタコメーターO/H及び電圧タイプへユニット交換
エレクトリックフューエルポンプ取付
配線類引き直し (ほぼ全配線状況確認、ルート変更及び間引き、FUSE&リレーボックス新設、12v線新設、アース線新設)
ヒーターコア分解清掃

オートサロン2022にてLOTUS EMIRA 初披露決定!

2022 年 1 月 14 日(金)から 16 日(日)まで『幕張メッセ』にて開催される東京オートサロン 2022 に、『LOTUS EMIRA V6 FIRST EDITION』の展示が決定いたしました!(※14日はビジネスデイのため、一般公開はございません)

既にご注文いただいた皆様はもちろん、現在進行形でご検討中の方やロータスファンの皆様は、EMIRAの日本初披露となるこの機会に、ぜひご来場いただき現車をご確認いただければと思います。

展示車両: EMIRA V6 FIRST EDITION
カラー: シャドーグレー
ロータスブース: 東ホール8
※前回出展時と同じ位置、TOYOTA Gazoo Racing の向かい側です。

【東京オートサロン 2022 開催概要】
名称:TOKYO AUTO SALON 2022
会期:2022 年 1 月 14 日(金)から 16 日(日)
※14 日(金)はビジネスデイのため、一般公開はございません。
時間:09:00~19:00
※16 日(日)のみ 18 時まで
会場:幕張メッセ
入場料: 3,000 円
※一律料金となります。小学生以下の入場は保護者同伴に限る。保護者1名に付き 1 名無料です。
※デジタルチケットのため iOS/Android スマートフォン端末が必要となります。
※チケットは事前発売でございます。

オートサロン2022の詳細は下記のURLよりご確認ください。
https://www.tokyoautosalon.jp/2022/

Used Car入荷速報 – Kamui Kobayashi Limited –

F1ドライバー小林可夢偉デザインの”Kamui Kobayashi Limited Edition”が入荷しました。日本限定で10台のみが販売されたうちの1台です。

Sigma 1.6Lエンジンを搭載したSEVEN 250RをベースにF1ドライバー小林可夢偉が軽さとパフォーマンスを重視してデザイン。

可夢偉のF1カーナンバー10をあしらった専用ノーズバッジを始めとした特徴的なエクステリアもさることながら、走りの面でも妥協はありません。軽さを極めたシングルシーター仕様に、6速ギアボックス・ワイドトラックサスペンション・LSD・4ポットキャリパー等のオプションをフル装備しています。現在は入手できない6速ギアボックスを搭載したSEVENは希少ですよ。

現車をご覧になりたい方は、Witham Carsまでお問合せください。







 

LOTUS CUP JAPAN 最終戦 ツインリンクもてぎ

11月28日(日)にLOTUS CUP JAPAN 最終戦がツインリンクもてぎにて開催されました! 5月の富士スピードウェイ第1戦から始まり、気が付いたらもう最終戦…あっという間ですね。

今シーズンのエントラントでは最も安定した走りを見せているゼッケン№3高橋選手。最終戦も無事完走を果たしました。毎戦確実にリザルトを残し、次へのステップを踏んでいく姿は周りのスタッフ達も勇気づけられます。

ゼッケン№5篠原はシリーズポイント2位で最終戦を迎えました。チャンピオンに向け好走を続けましたがトップには届かず惜しくも2位でチェッカー。シリーズも2位に終わりました。

表彰台に上がり笑顔も見せますが…徐々に悔しさが込み上げてくる??

最終戦は多くのお客様にも応援に来て頂き、LOTUSCUPを盛り上げて頂きました!LOTUSオーナーの方々に楽しんで頂けることが最も大切なことだと感じます。

クラブウィザムレーシングとしては久しぶりのLOTUSCUP参戦でしたが、ドライバー&スタッフ皆とにかくレースを楽しめた一年になりました。

今年一年応援頂いた皆様ありがとうございました。詳細はレースレポートにて掲載いたしますのでそちらもよろしくお願い致します。

 

Used Car 入荷速報 :Ginetta G12

1990年代初頭に日本を震撼させた、「あのGinetta CarsがG12を再生産する」というニュースに心を躍らせた方も多かったと思います。

今回ご紹介するG12は、まさにその再生産初期の車両です。

Ginetta はそののち、様々なブラッシュアップが行われ品質・性能共に向上していきましたが、同時に60年代の輝かしい時代の面影を少しずつ失っていきました。

48台が生産されたオリジナルのG12は、そのほとんどがたぐいまれな性能とキャラクターで各国のスポーツプロトタイプレースで活躍し、”ロータスイーター”として、スネッタートンでのコースレコード樹立など、輝かしい戦績を残しました。現存する車両は極めて少なく、入手することは大変難しいモデルです。

Hewland Mk9トランスミッションとLOTUS TWIN CAM・ラウンドチューブフレームにシングルフューエルタンク、そしてなんといってもナロウボディ。このG12は、まさに1960年代を彷彿とさせるオリジナルのG12といっても過言ではありません。

G12を所有するということはそれなりにハードルが高いことであり、当時から憧れのままで過ごして来た方も多いかと思います。この機会にご検討されてはいかがでしょうか。

SOLD 


Club Witham ブランチミーティングを開催しました

緊急事態宣言明けイベントの第1弾として、11月13日にClub Withamブランチミーティングを開催しました!前回のイベントが昨年9月のナイトミーティングでしたから、実に13か月半ぶりですね。

本来なら紅葉のワインディングを堪能するようなツーリングを企画したいところですが、まだ緊急事態宣言が明けたばかり。どんなイベントにしよう。。。悩みに悩んだ結果、今回は仲間との車談義と美味しい食事をゆったり楽しむミーティングとしました。

Witham Carsからは原田がFORD ESCORT、私・絹川がMORGAN 4/4での参加です。実は自分の車でClub Withamのイベントに参加するのは今回が初めて。参加者のみなさんにはFACTORYでお会いしたことがある方ばかりにも関わらず、緊張しながら会場へと向かいます。

ミーティング会場は栃木県にあるいちごの里です。女性の参加率が高いクラブウィザムのイベントでは、レストランの選定にも抜かりなし。今回のランチは地元食材の料理とデザートが充実したビュッフェです。

貸し切りの駐車場に計20台の英国車が集合!半分以上の方がイベント初参加、そして6組のオーナーがご夫婦でのご参加です。

会場への一番乗りはこちらのSEVEN 270Sのオーナー。スペシャルペイントされたこだわりのボディカラーは注目の的ですね。

MORGANはPLUS SIX・4/4と私の4/4の3台が集まりました!今年の夏に納車したばかりのPLUS SIXのオーナーは夫婦でご参加です。4/4のオーナーは納車から2年弱で既に2万kmを超える距離を走っており、四国までツーリングしているそう。同じMORGAN乗りとして尊敬してしまいますね。

CATERHAMはSEVEN270・Roadsport200・Super Sprint・620Rの計6台。

SuperSprintのオーナーはなんと長野県からお越しくださいました。出発時の気温は2度だったとか。。。遠方よりありがとうございます。

LOTUSはヒストリックのEUROPA Specialを始め、ELISE Mk1から最新のEXIGE SPORT410まで11台が集合!

お腹が空いてきたところでレストランへ移動し、ビュッフェを堪能しました。

お腹を満たした後は駐車場に戻って車談義の続きです。初参加のオーナーもそれぞれの愛車を前にすっかり打ち解け、想像していた以上に盛り上がっていました。顔を合わせてたわいもない話をして笑い合うこの楽しさ、やっぱりいいですね!!ステイホームな毎日ですっかり忘れていた感覚です。

愛車で思うように出かけられない日々が続き、誰かとコミニュケーション出来る機会を楽しみにしていたのは全員同じなんだと思いました。

Club Withamではまだ数の少ないモーガンですが、やはり気になっているLOTUS / CATERHAMオーナーも少なくはないみたいですね。

コロナ禍でオンラインでの飲み会すら珍しくない昨今ですが、実際に仲間と顔を合わせて同じ空間と体験を共有する喜びは画面越しでは味わえないな。。。と改めて感じた一日となりました。ブランチミーティングを通じて新たなつながりも生まれたようです。

来年はツーリング・ミーティング・走行会など、たくさんのイベントを企画しますので、よろしくお願いいたします!

Used Car入荷速報 -LOTUS EXIGE-S PP-

新車から弊社にてメンテナンスを行ってきたEXIGE-S PPが入荷しました!

EXIGE-Sの出力を243馬力まで引上げ、ローンチコントロールやトラクションコントロールなどなどパフォーマンスを強化したPP(PerformancePack)は数が少なく、入荷することは稀な車両です。

※現車確認、商談を希望の方はお問い合わせフォームまたはお電話(03-5968-4033 または 048-423-2404)にてご予約をお願いいたします。

LOTUS EMIRA(エミーラ)情報発信中! その10


ー スタッフ原田の「EMIRA」独り言ブログ -

遂にEmiraの詳細が公開となりました♪

まずはV6 6MTモデルのファースト・エディションのみの発表ですが、予想を上回る反響となっています。そこで今回はファースト・エディションとは?を簡単にまとめてみることにします。

車両の詳細に関しては弊社EMIRA紹介ページをご覧ください。
まず一番気になっていた価格は1353万円になります。

 


車両価格に関しては色々な噂が飛び交っていましたが、概ね予想通りだったのですが、私的に驚いたのはこの価格には今後オプションになるだろう装備の殆どが含まれている価格になっています。

 


プラスでコストのかかるオプションは少なく、下記の3アイテムのみになっているので仕様の決定も比較的楽に行うことが出来ます。

      • 6速パドル式オートマチックトランスミッション 341,000円
      • フルブラックパック 231,000円
      • ステアリングホイール+TDCマーク&ステッチ 77,000円

鍛造ホイールやレザーインテリア、電動シート、ボディーカラー迄もが1353万円の中に含まれている為、従来のV6モデルと比較してもお得感があるかと考えています。

 


ファースト・エディションのノーコスト・オプションは下記になります。

      • RHD or LHD (選択可)
      • ペイントカラー(全6色)
      • 20インチ鍛造ホイール(ダイヤモンドカット、シルバー、ブラック)
      • ブレーキキャリパーカラー(全3色)
      • インテリアトリム&シート(全7種類)
      • サスペンション+タイヤ(全3種類)
      • プライバシーティンテッドガラス削除

上記は追加費用が発生せずに好きな物を選べるので迷いますね。

さてと、上記を考慮してデモカーの仕様を考えようかな♪

今回の総評

  1. ファースト・エディションは装備が充実しているにも関わらず価格はEVORAと比べても安くお得感がある。
  2. ノーコスト・オプションを駆使して好みの仕様に仕上げることが出来る
  3. マニュアル・トランスミッションが選べる最後のチャンスかもしれないので、MT派は要チェックです。

 

 

Used Car 入荷速報 – LOTUS ELISE-S –

状態のよいELISE-Sが入荷しました!走行距離はまだ11,300㎞。新車より弊社にて継続的なメンテナンスを行ってきた車両で、つい先日メンテナンスを終えたばかり。すぐにでもお乗り出し頂ける1台です。今年は秋はELISEでツーリングを楽しまれてはいかがでしょうか。

ELISEはこのところ特にお問合せが多く、詳細をご案内する前にご成約となってしまうこともしばしばです。ご検討中の方はまずお問合せください。

※現車確認、商談を希望の方は必ずお問い合わせフォームまたはお電話(03-5968-4033 または 048-423-2404)にてご予約をお願いいたします。