中古車入荷速報 – Morgan Plus 4 –

先日のMorgan 4/4に引き続き、Morgan Plus 4が入荷いたしました!

4/4に比べて少しワイドなボディに太めのタイヤを履いたPlus 4は、Rover製 4気筒 2.0Lエンジンを搭載。パワーにも余裕があり、ゆとりのあるドライブが可能です。

Morgan Plus4 Rover 2.0L 走行27,300㎞
幌・サイドウィンドウ・トノカバー付属

ブリティッシュグリーンのボディにタンレザーのインテリアは、MORGANと聞いてまず思い浮かべる王道的組み合わせです。
Morganのステアリングを握っていると、大通りを走っていてもコックピットの中だけは時間がゆったりと流れているような錯覚を覚えます。

ボディも室内もスレやキズの少なさから、大切に扱われてきたことが伺える車輌です。
今週末はぜひWitham Carsで実車をご覧ください。お問い合わせやお見積りのご希望は048-423-2404までどうぞ。

Car Magazine LOTUS SEVEN Sr.1 取材

先日、Witham Cars SAITAMA/FACTORYにて「Car Magazine」の取材が行われました。

今回はLOTUS時代のSevenに関する記事のようです。
丁度工場内にはLOTUS Sevenのシリーズ1とシリーズ2があり、今回はシリーズ1がメインとなります。

実際取材に来ていただいた担当者様もご自身でSevenを長年所有されていると言う事で、きっと熱の入った記事になるのではないかと、発売が今から楽しみです。

Caterham世代では無く、LOTUS世代のSevenにご興味をお持ちの方もお気軽にWitham Carsまでお問合せ下さい。

中古車入荷速報 – Morgan 4/4 –

キャブレター世代のMorgan 4/4が入荷です!


◆Morgan 4/4 (レッド)
1980年台半ばに製造されていたこちらのMORGANは、Ford CVH 1600ccを搭載したキャブレター世代最後の4/4です。MORGANのスタイリングと往年のフィーリングを楽しめる4/4はいかがでしょうか?


Morganの向かいにはCATERHAM 1700SSと1600GTを展示しています。こちらも即納可能なUsed Carです。 官能的な吸気音をともなった加速やダイレクトなレスポンスなど、気軽さと引き換えに現行の世代から失われたキャブレター世代ならではの豪快な走りは、今だからこそより魅力的であると言えるでしょう。

◆CATERHAM 1700SS (レッド)
見た目に大きな違いのないSEVENにも少しずつ改良が加えられており、この1700SSは現行世代に近いシャシーとなっている最後期世代です。幌・ドア・ウィンドスクリーン・ヒーターに加え、ワイドトラックサスペンション装備!1700SSをお探しの方にぜひご覧頂きたい1台です。

◆CATERHAM 1600GT (アルミ/グリーン)
アルミ/グリーンのボディにスペアタイヤを装備した姿はこれぞSEVEN!な1台。幌・ドア・ウィンドスクリーン・レザーシートでツーリングも安心です。さらにアラゴスタサスペンションが装着されているのもオススメのポイントです。

昔と変わらない製造方法で1台1台作り上げられるMORGAN・CATERHAMは、新車はオーダーから納車までお時間をいただきますが、これらの車両でしたら即納が可能です。

これから始まるライトウェイトスポーツカーのベストシーズンは、MORGAN・CATERHAMで楽しんでみませんか?車両についての詳細は追ってご紹介予定ではありますが、この時期は特に中古車の動きも早くなりますので、まずはSAITAMAまでお問い合わせください!

エスコートのモディファイ継続中

少し前の話になりますが、ESCORTのサスペンション関係をリフレッシュしていたのでレポートします。

どうもサスペンションの動きがおかしいな、、、と思っていたので秋のツーリングシーズン前に重い腰を上げて作業を決行しました。まずは、パーツの選定からですが、なにぶん日本では情報が少なく英国オーナー達のフォーラムを覗いたりして情報を収集し、パーツを発注しました。
色々やりたい事は山程あるのですが、パーツが完全にフィットするかの不安や、コストとの面もあり(ここがメインですが。。。)とりあえず核となる部分を中心にパーツをオーダーしました。

取り外したパーツとNEWパーツの点数が合いませんが、そこはご愛きょうと言う事で。(写真は購入品の一部となります)
今回はサスペンション関係とブレーキをリフレッシュする事としました。特にサスペンションは取付もさることながら、適合品を探すのに一苦労でした。


スチールホイール用にかハブのスタッドボルトが短かったので、一般的な長さの物と交換。これでアルミホイールも安心して履けそうです。ハブをバラしたついでに、ベアリングのチェックです。問題は無さそうなので品番を控えて次回交換の際の資料とします。

表題はモディファイ進行中となっていますが、リフレッシュ進行中って感じですね(笑)。まだまだ、モディファイは続く予定です!

CATERHAM BDR & 1700SS

今週末のSAITAMA 展示ブースには2台のキャブレター世代のSEVENが並んでおります。
1台は既に入荷速報でもお知らせしたBDR-Sですが。。。本日は朝からBDRのために二組のお客様にご来店いただき、この記事を書いている間にご成約となりました。ありがとうございます!

そしてこちらは入荷したて、Webには情報未掲載の一台。ケントエンジンを搭載していますが、現行世代とほぼ同様のフレームとなった最後期の1700SSです。フロントサスペンションはワイドトラック。1700SSをお探しの方ならばきっと気に入っていただける車両です。

Witham Cars SAITAMAでは他にもキャブレター世代のCATERHAMを展示しております。中古車はどれも1台限りですから、ピンと来たらすぐにお問い合わせください!

中古車入荷速報 – 2000y LOTUS ELISE Mk.1 –

Witham Cars 新井です。

昨今、中古車市場での台数が少なくなってきたMk.1 ELISE ですが、久しぶりにWitham Carsに程度の良い一台が入荷してまいりました。
しかも、当時輸入販路の関係で日本国内に入ってきたMk.1の大半が並行輸入車の中、今回の一台は大変珍しい日本国内仕様車となります。

実は昨晩、車両入庫の連絡があり、私もMk.1オーナーの一人としてどうしても気になり、居ても立ってもいられず、、、
早速、今朝車両の確認をしてまいりましたので、そのご報告をいたします。

ボディカラーはアズールブルーと呼ばれる、コバルト系の鮮やかなメタリックブルー。まず画像から見て取れるように、ボディワークの状態が良く、外装には目立つような傷も少なく、コンディションも素晴らしいので、目利きの方にもご満足していただける1台となります。

インテリアはシンプルなブラックレザー内装となります。乗り降りにより劣化しがちなサイドシルやシートのコンディションも素晴らしく、また、まもなく車齢20年を迎えるという事を感じさせない程、全体の使用感を感じさせないのも大きなポイントです。


画像では隠れてしまっていますが、シート裏は綺麗にリペアされ、そして恐らく途中で新調したであろう純正フロアマットなど細かな部分にも手が行き届いており、いかに前オーナー様がこの一台を大切に乗られてこられたかを、それだけでも窺い知る事が出来ます。

撮影の際、車両移動は私が行わせていただきましたが、クラッチミートした瞬間から、雑味が無いと言いますか、いわゆる経年によるメカニカル系のフリクションをほとんど感じる事無く、『新車のMk.1はこんな感じだったんだろうな♪』と想像できるような感触でした。これは機関系のメンテナンスも怠ることなく乗られてきた証拠だと思います。

入荷してきたばかりの車両となり、詳しい仕様は後日ご案内させていただきますが、これだけの車両につき、早い者勝ちとなります。気になる方は是非新井までお問合せ下さい。

なお、現車はWitham Cars SAITAMAにございます。
お問い合わせお待ち申し上げております。
(新井)

3Eleven 12ヵ月点検

3Elevenが12ヵ月点検で入庫致しました。
早いもので納車から1年が経ったということですね♪
車のキャラクター的に走行距離は数千キロでしたが、正直私の想像以上に走っていただけていたので、きっと3Elevenを楽しんでいただけているのだと嬉しく思いました(^^♪

オーナー様曰く、フロントウィンドウの無い事、軽量な事がこんなに楽しい車になるとは!とビックリされていました。

細かいところを改善して更に今後も楽しんでいただけるように致しますので、作業終了を楽しみにお待ちください。

SOLD OUT情報 LOTUS SEVEN Sr,2

LOTUS SEVEN Sr,2をこの度ご成約いただきました。
ありがとうございます。

以前より新旧問わずLOTUSやCATERHAMをお乗りいただいていたオーナー様でしたが、今回SEVEN Sr,2を乗ってみてビックリ!異常なまでに軽く、ヒラヒラと軽快に走るLOTUSのSEVENを味わってしまい、その感触が忘れる事が出来ずご成約をいただきました(^^♪

現在既に素晴らしい完成度の車両ですが、弊社メンテナンスを実施し気軽にお乗りいただける状態にしてお届け致しますので、楽しみにお待ちください。
(原田)

GINETTA G12納車風景

先日、GINETTA G12を和歌山県のお客様に納車させていただきました。


きっちりと納車整備をして仕上げたG12はボディを磨き上げ、コーティングを
施工いたしました。ロー&ワイドなボディが一段と輝いています。出発が早いため、前日にトランスポーターに積み込んでおき、納車準備は万端です。


車高が低く、取扱いも一般的な車とは異なりますので、スタッフ原田がお馴染み弊社トランスポーターにて、和歌山県までお届けいたしました。

納車当日関東はあいにくの雨、しかもかなりの雨足でしたが、全天候型の荷台のおかげで600㎞の道のりでも車輌を全く濡らすこと無くお届けすることが出来ます。


和歌山運輸支局にて無事に登録を終え、オーナー様のご自宅に到着です。

オーナー様は以前より弊社webに登場するこのG12に興味を持っていただいていたようで、Webに入荷速報を掲載してすぐにお問い合わせをいただき、今回のチャンスを逃すことなくご成約をいただきました。ありがとうございます。

各部拘りをもって造り上げたこのG12を末永くお楽しみください。

遠方のお客様で弊社取扱い車両に興味をお持ちの方は、まずはお気軽に弊社スタッフまでお問合せ下さい。

写真だけでは伝わりきれない魅力を間近で!


Witham Cars SAITAMAでは、本日もMORGAN展示・試乗・商談会を開催しております。

MORGANは80年以上同じモデルを作り続けていることで有名ですが、今もMORGAN一族による経営が行われており、英国の自動車メーカーで唯一他国の資本が入っていないメーカーでもあります。

今も家族経営で昔ながらの工程を守り、1台1台丁寧に仕上げられたMORGANを眺めていると、その車に携わった職人の息遣いさえ感じられるようです。細かい部分まで丁寧に作り上げられたMORGANは、写真だけでは伝わりきらない魅力にあふれています。

一度革張りのシートに座り、コックピットからの景色を味わってみてください。きっとLOTUSやCATERHAMとはまた違った風景が見えてくるはずです。

お問い合わせは048-423-2404までどうぞ。