明日はいよいよLOTUS CUPです

いよいよ明日は『ロータスカップ』2020年最終戦です!

高橋基夫選手と篠原は一足先に現地入りし、快晴の空のもと
参戦者向けのスポーツ走行で最終調整を行いました。

高橋選手はゼッケン21、篠原はゼッケン20の
ELISE SPORT220で参戦します!!

明日は8:30から予選・11:15より決勝が行われます。
応援よろしくお願いいたします!






Used Car 入荷速報 -2016y LOTUS ELISE SPORT (1ZR) –

2016y / LOTUS ELISE SPORT / Toyota 1ZR 1.6L(NA) / 6MT
走行距離35,000km

自然吸気1ZRエンジン搭載車の中でも完成形と言われている【ELISE SPORT】が入庫いたしました。

 

エリーゼのエクステリアにとても良く似合うメタリックブルーを纏った一台です。

 

本車両はグレード名に【SPORT】と冠してある通り、走りに特化した仕様でまとめらているのが特徴です。簡潔に言いますと【SPORT】以前のELISEではコストオプション扱いのスポーツパック(※)が装備されています。
なお、それ以外にも走りに直結する操作系や内装の質感に至るまで、各部ブラッシュアップされた高年式ならではの魅力的なモデルとなっております。

※【ELISE SPORT 装備内容】
軽量スポーツシート / ハーフレザーインテリア / ブラックディフューザー / スポーツDPM(姿勢制御デバイス) / ビルシュタイン製スポーツダンパー

 

 

スーパーチャージャーのみの展開となった今、あらためて再評価が進んでいる自然吸気エンジンを搭載したELISEですが、こちらの【ELISE SPORT】はスーパーチャージャー付【ELISE SPORT 220】に比べ絶対数が少なく、大変希少性の高い一台となっております。

車両の詳細につきましてはウィザムカーズ(048-423-2404 または 03-5968-4033)までお問い合わせください。

『ロータスカップ』2020年最終戦に参戦いたします!!


11月29日()に、『ツインリンクもてぎ』にて開催される
『ロータスカップ』2020年最終戦に、
クラブウィザム・レーシングより、高橋基夫選手と弊社代表の篠原祐二の2名が参戦することとなりました!!

ロータスカップは、イコールコンディションで戦うワンメイクレースです。
2020年最後を飾る、クラブウィザム・レーシングの挑戦にご期待下さい。

レースの内容等につきましては、後日弊社Webサイト等でご紹介させていただきますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

今回久しぶりの参戦となりますが、上位目指してがんばりますので、皆様、どうぞ応援の程よろしくお願いいたします!!

GINETTA G4納車!!

先日GINETTA G4 クーペを納車させていただきました。

オーナー様は既に弊社取り扱い車両にも慣れ親しんでおり、特殊な車の楽しみ方もご存じなのですが、今回は少し冒険の意味も含めてG4をお選びいただきました。

 CATERHAMやMORGANと異なり、G4、しかもクーペタイプは走り出すまでの準備(ハードル?)も多く、慣れるまでは一苦労です。

初キャブレター車と言う事もあり、エンジンの掛け方、アクセルの踏み方からレクチャーをさせていただきました。

今回のG4はDARE社世代のモデルであり、トルクフルなZETECエンジンと、路面追従性の高い4輪独立懸架でとても乗り易いモデルと言えるでしょう。

新車に近いノーマルコンディションの為、今後オーナー様に合わせた仕様変更やモディファイを実施していきたいと思います。

車経験の豊富なオーナー様だけに、G4では新たな発見があるのではないでしょうか(^^

引き続きライトウェイトスポーツカーライフをお楽しみください!

 

Used Car 入荷速報 -2004y LOTUS ELISE STANDARD (18K) –


2004y / LOTUS ELISE STANDARD / Rover 18K  / 5MT
走行距離57,400km / 車検 令和3年4月まで

久しぶりにMk.2 Rover ELISE スタンダードが入庫いたしました。ボディカラーはアークティックシルバー。人気の純正同色ハードトップも装着されております。

 


経年の使用感はありますが、内装も綺麗な状態を保っております。このくらいの年式になりますと中古車市場ではモディファイされている個体が多いのですが、外装を含め本車両につきましては基本的にノーマルのままというのもポイントが高いです。

 


エンジンはMk.1から受け継がれた1.8リッターのローバーKシリーズが搭載されます。アルミブロックを使用した非常に軽量なエンジンで、もともと軽いエリーゼとの相性は抜群です。最高出力としては122ps程度ですが、決してパワー任せではない、ロータスのライトウェイトスポーツカーに対する哲学がひしひしと伝わってくるような一台となっております。

 

車重はわずか830kg程度というとにかく軽さが光るMk.2 Rover ELISEです。この時代ならではの非常にアナログで鋭いレスポンス、ダイレクトなフィーリングは走り好きの心を必ず虜にします。特にRover エンジンのモデルは状態の良いものが少なくなってきていますので、お探しの方はお急ぎください。

車両の詳細につきましてはウィザムカーズ(048-423-2404 または 03-5968-4033)までお問い合わせください。

Used Car 入荷速報 -2011y LOTUS ELISE (1ZR) –


2011y / LOTUS ELISE  / Toyota 1ZR 1.6L(NA) / 6MT
走行距離25,000km / 車検 令和4年4月まで

軽さ際立つ、エリーゼの持つピュアスポーツ感覚を最も味わえる1.6スタンダード(1ZR)が入庫しました!

ボディカラーは鮮やかなメタリックペイント(オプション)のレーザーブルー。直感的に軽さと速さを感じさせる好カラーですね。

アルミ素地を前面に押し出した潔いエリーゼのインテリア。

パワーユニットは先代の1.8リットルから1.6リットルのダウンサイジングが図られた1ZR-FAEを搭載。ダウンサイジング化に伴い、やや低速トルクは細くなりましたが、その分高回転(6,800rpm)までスムーズに回りきる、よりスポーティさが増したように思えるフィーリングになっております。エリーゼの軽さがもたらす唯一無二のライド&ハンドリングはスペック上では決して現れませんし、乗らずして語る事は出来ません。

見た目にはとても簡素に見えるシートですが、人間工学に基づいた設計となっており、長時間のドライブでも疲れ知らずです。何よりエリーゼの雰囲気にぴったりのデザインですね。

ノーマルコンディションの素性の良い車両になりますので、これから楽しむにはもってこいの一台です。

今となっては希少な自然吸気エリーゼ。ぜひご検討ください!

USED CAR 入荷速報 ELISE-S & ELISE SPORT220Ⅱ

コンディション抜群・高年式・低走行 Mk.3『LOTUS ELISE』のUsed Car2台が入荷してまいりました!

2019y / LOTUS ELISE-SPORT220Ⅱ / Toyota 2ZR 1.8L / 6MT
走行距離3,700km / 車検 令和4年1月まで

まずはMY17.5と呼ばれる後期型デザイン『ELISE SPORT 220-II』です。いわゆる現在新車でも展開している現行型モデルが早くも入庫です。

発色の良い【メタリックオレンジ】のボディカラーに【ブラックパック】のアクセントが大変スポーティーかつレーシーな雰囲気を併せ持つ一台。

 

エクステリアカラーと同色コーディネートされた【インテリアカラーパック&ステッチ】は従来のスパルタンなELISEの内装にスタイリッシュなニュアンスを与え、更なるドライビングの楽しさや満足感を得る事が出来ます。

その他ツーリングサスペンションのしなやかな足回り迫力のスポーツエキゾーストなどお伝えしたいことはたくさんございます。

現在同モデルの弊社デモカーもございますので、実際にご試乗して確認する事も出来ます。ピンと来た方はお早めにお問い合わせください。

 

 

2017y / LOTUS ELISE-S / Toyota 2ZR 1.8L / 6MT
走行距離400km / 車検 令和2年12月まで

続きまして、こちらは前期型 Mk.3 ELISEの中でも高年式の『ELISE S』です。スペックについては現行型『ELISE SPORT』と同じTOYOTA 2ZR-FEにスーパーチャージャーで過給した最高出力220PSを発揮する最強バージョンです。

走行距離はわずか400km!美しいボディカラーの【レーシンググリーン】は新車同然のクオリティとお考えいただいて間違いありません。

 

エクステリア同様にインテリアも使用感はございません。ここまで状態の良い『ELISE-S』も大変珍しいです。前期型ならではの円型4灯テールが好みという方も多いと思いますので、もう新車が手に入らない今、この一台を抑えておくのも良いのではないでしょうか。

展示車両は弊社TOKYO、SAITAMAの2店舗で随時入れ替えを行っておりますので、現車確認の際は必ず事前のご連絡をお願いいたします。

御成約ありがとうございます – SEVEN SUPER SPRINT –

先日ご紹介したばかりの『SEVEN SUPER SPRINT』でしたが、早くもご成約となりました。ありがとうございます。

限定車というだけでなく、新車同然の低走行かつ高年式の車両だったこともあり、即決でご購入いただきました。
きっと特別な一台として大切に乗っていただけることと思います。
これからの紅葉シーズンにもベストなタイミングでのご納車となるかと思いますので、納車まで楽しみにお待ちいただければと思います。

Used Car も続々入荷中!準備ができ次第に順次ご紹介させていただきますので、当ブログや弊社Webサイトを随時チェックしていただければ幸いです。

USED CAR 入荷速報 CATERHAM Seven Super Sprint (IMOLA)

2020y / CATERHAM SEVEN SUPER SPRINT / SUZUKI K6A (96ps) / 5MT

特別な一台【CATERHAM SEVEN SUPER SPRINT】が緊急入荷いたしました!

日本国内のみならず、世界的に多くの反響と話題を呼んだ【SEVEN 160】をベースに、60’sの雰囲気漂うレーシーかつクラシカルに仕立てられた特別限定仕様車です。

パフォーマンスに於いても大幅な変更が加えられており、ケータハム・ワークスレーシングによりチューニングされたK6A 660cc TURBOは96馬力まで出力が引き上げられます。(【SEVEN160】比、16psアップ)さらに機械式のLSDも標準装備。リアのライブアクスルもケータハムワークスレーシングが手がけるなど、その見た目同様 全体的に走行性能が大きく向上されているのが特徴です。

 

本車両は全6色展開の60’Sカラースキームのなかでもひときわ華やかで情熱的な雰囲気漂うIMOLA(イモラ)レッドを纏います。もちろん【SEVEN SUPER SPRINT】だけに用意された非常に発色の良い特別色のため、通常モデルでは選択することはできません。

ボディカラーとコーディネートされたOLD ENGLISH WHITEのノーズバンドペイントも60年代クラブマンレーサーをより彷彿とさせるものです。

 

ケーターハムではおなじみのエイヴォンタイヤをはじめ、英国のモータースポーツシーンにゆかりのあるサプライヤーデカール及びゼッケンサークルがとてもレーシーな仕立て。

 

本車両はオプションの【フルウインドスクリーン・モヘアソフトトップ&ドア】が装備されます。(新車時OP価格¥357,500-)
なお、ウインドウフレームは通常モデルでは選択できないフルポリッシュド仕上げとなっております。

 

インテリアに関してもとことんまでこだわり抜いた仕様です。【12″モトリタ製スポーツウッドステアリング】をはじめ、インストゥルメントパネルには【シリアルナンバービルドプレート】【SMITHS製メーター&ゲージ】【60年代風バッテリーマスタースイッチ】などが装備されます。

 

シートはダイヤモンドキルトステッチ&CATERHAMエンボス入り【英国ミュアヘッド製 スコティッシュリアルイネス・タンレザー】。通常モデルはPVCですが、本モデルは贅沢にも本革のシートを採用しています。

 

オプションの【リアウイングガード(ステンレス)】が装備されます。(新車時OP価格11,000円)
ボディ同様クリームのエクステリアパイピングで仕上げられます。

 

リアテール&ターンシグナルはオールドルーカスタイプのもの。本モデル【IMOLA】サーキットのコース図を模したデザインデカールが貼られます。

 

2017年の新車発表当時、納車まで2年以上という長い時間を待つ必要があるにも関わらず瞬く間に完売しており、それだけでも本モデルの人気度合いが間違いないものだと窺い知ることできるでしょう。今後も歴代セブンの中でも入手困難な一台のひとつになるといえます。

国内限定約60台という中で、ここまで状態の良い車両の入荷は今後ありませんので、購入を逃した方は最後のチャンスだと思います。お早めにお問い合わせ下さい。

 

 

 

ボディカラーは異なりますが、【SEVEN SUPER SPRINT】を動画でよりわかりやすく解説していますのでご覧ください。

今なら紅葉シーズンに間に合います CATERHAM SEVEN160 入荷!

2014y / CATERHAM SEVEN 160 / SUZUKI K6A 0.66L TURBO

2018年に新車販売を完了している希少モデル『CATERHAM SEVEN 160』のUsed Carが入庫してまいりました。ブリティッシュマインドたっぷりのケーターハムレーシンググリーンを纏った、内外装コンディション抜群の一台です。

 

SUZUKIのパワートレインを採用し、サイズ、エンジン排気量共に日本の軽自動車規格を満たしています。これには従来のSEVENファンのみならず、世界中のスポーツカーファンから大きな反響を呼びました。

 

輸入車ゆえに日本国内の軽自動車”64馬力規制”にとらわれることなく、最高出力は実に80psまで及びます。しかも車体は500kgにも満たない超軽量ゆえに、エントリーグレードながらSEVEN本来の俊敏かつダイレクト感あふれるドライビングはそのままに味わえます。

 

歴とした輸入車ですが、パワートレインは日本のSUZUKI社製を使用しているというのもポイント。

 

通常セブンは納車までお待ちいただく必要がございますが、こちらの『SEVEN 160』でしたら長い時間を待たずして憧れのセブンライフをスタートできます。これから迎える紅葉のシーズンに是非フルオープンエアドライビングでワインディングを駆け抜けてください。

詳細は店舗までお問い合わせください。
>>車両紹介ページ