LOTUS CUP JAPAN 第1戦 速報

昨日は富士スピードウェイにてロータスカップジャパン第1戦が開催されました。

Club Witham Racing ゼッケン3 高橋基夫選手は見事5位入賞!昨年11月の最終戦に参戦して以来、トレーニングを重ね、ロータスカップジャパン2021 初戦において素晴らしい結果を残すことが出来ました。担当メカニックを含め、スタッフ一同本当に嬉しい週末となりました。高橋選手、本当におめでとうございます。

また、ゼッケン5 篠原祐二はロータスカップシリーズ戦へ2011年以来の復帰となりましたが、見事優勝となりました。

応援していただいたみなさま、ありがとうございました。

LOTUS CUP JAPAN 第1戦の詳細レポートは、Witham Carsのホームページでご紹介予定です。お楽しみに!

今週末はLOTUS CUP JAPAN Rd.1!

明日 5月9日(日)、富士スピードウェイにてLOTUS CUP JAPAN Rd.1が開催されます!クラブウィザムレーシングからはゼッケン3 ELISE CUP、ゼッケン6 ELISE CUP、ゼッケン5 EXIGE260 CUPの3台が参戦。

LOTUS CUP JAPANに向け、2月から富士スピードウェイでの入念なテストを重ねて来ました。本日のFACTORYでは同時進行で最終調整と整備が行われ、3台のマシンの準備は万全です!

明日は11:50より予選・16:20より決勝が行われます。応援よろしくお願いいたします!!

『TYPE LOTUS series.2』製作協力いたしました

明日4月5日発売のLOTUS MOOKの第二弾『TYPE LOTUS series.2』の製作協力をさせていただきました。

「SIMPLE IS THE BEST」と題されたELISEのアルミ接着シャシーについての記事。写真で登場しているのがWitham Carsが所有するシャシーで、ELISE Mk2 Rover世代のもの。

普段はFACTORYの奥に保管されているシャシーが入った木箱を取材のために開梱。日ごろからELISEに触れている我々でもシャシー単体をじっくり見る機会はなく、新たな発見がありました。大人二人で軽々と持ち上げる軽さを自身で体験し、改めて驚かされます。

撮影もWitham Cars FACTORYで行われました。

こちらのELISE Mk1もWitham Carsで協力させていただいた車両です。

オーナーの方も、未来のLOTUSオーナーにも読み応えのある1冊です!是非お求めください(^^

 

CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス – シフトリンケージ –


コンプリートメンテナンスの様子をご紹介してきたCATERHAM BDRが間もなく納車の予定です。
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス1
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス2
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス3
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス4
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス5
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス6

最終チェックを兼ねた試走をしていたところ、メカニックがシフトに若干の違和感を感じました。通常開ける機会は少ない箇所なのですが、念のためにセンタートンネルを外し、シフトレバー周りを分解します。

すると、シフトリンケージの樹脂パーツが経年劣化で傷んでおり、それがシフトフィールに影響を与えていたようです。

写真左側が今回の原因となっていたパーツです。経年劣化で脆くなり、本来の機能をはたすことが出来なくなっていました。右側が急遽手配した新しいパーツです。

パーツを組み込み

センタートンネルをもとに戻して完了。このまま進行すれば変速出来なくなる可能性もありましたので、納車前に発見・対処が出来て一安心です。

週末の納車を楽しみにお待ちください。

FACTORY リフトを増設しました

本日のWitham Cars FACTORYではリフトの増設工事が行われました。

従来の設備に加えて。。。

新たにもう一基のリフトが加わり、これまで以上に円滑な整備作業が可能な体制が整いました(^^

 

デカールで雰囲気を一新!- CATERHAM SEVEN 160 –

SEVEN 160にストライプのオーダーを頂きましたので、ご紹介いたします。

実車とカッティングシートの色見本を見ながら、配色・デザインをご検討いただき、最終的に決まったのはCATERHAM F1 SPECIAL EDTIONの配色を取りいれたストライプ。イエローだけでも何種類も存在するため、かなり悩まれたようですが、それも幸せを感じるひと時だと思います。

ノーズコーンからリアパネルにかけて、イエローとホワイトのトリプルストライプ。両サイドにはCATERHAMロゴ+ダブルストライプをイエローで配しています。

トラッドな雰囲気のブリティッシュグリーンのSEVENに鮮やかなストライプが加わることでスポーティに生まれ変わりました。短期間のみ採用されていたスクエアのノーズバッジが良く似合うカラーリングです。


走る喜びだけではなく、モディファイを加えながら付き合っていくのもCATERHAMの楽しみの一つです。すでにSEVENにお乗りのオーナーも、ストライプでイメージを変えてみてはいかがでしょうか。新車はもちろんのこと、Used  Carをご検討の際もご相談ください。

LOTUS EUROPA-S エンジンマウント交換

内部にオイルが封入されたハイドロリックタイプのエンジンマウントは、ELISE Mk1やMk2 Rover だけでなく、EUROPA-Sにも採用されています。

ゴムが硬化すると振動吸収性が落ちるだけでなく、万が一オイルが抜けてエンジンを支えきれなくなると、周囲にダメージを与える可能性も考えられる重要なパーツです。

EUROPA-Sのハイドロマウントはエンジンとトランスミッションに同じものが一つずつ使用されています。

取り外したエンジンマウントは液漏れこそみられないものの、ゴムが硬化し亀裂が入っていました。やはり定期的に交換した方が安心な部品ですね。交換後は明らかな振動の減少が感じられました。

新車以来交換していない、というオーナーはご検討ください。EUROPA-Sはパーツの入手が容易なうちに各部のリフレッシュをお勧めいたします。

アドオンフットレストをオンラインストアに掲載しました

隠れた(?)人気商品、”アドオンフットレスト”が入荷いたしました。

ELISEやEXIGEの純正フットレストがちょっと遠いな・・・と感じるオーナーにぜひお勧めしたいWitham Carsオリジナルパーツです。

LOTUSのインテリアにもよく馴染む、軽量なアルミ製です。ハードなサーキット走行時の負荷も想定した製品ながら、車体側への加工は不要で容易に取り付けが出来ます。

高さは60mm弱。シートの前後位置とステアリングとの関係をより適正に保つことで、しっかりと身体を支えることが出来ます。脚を載せてみると、実にしっくり来るポジションです。


通常は受注生産となりますので、ご希望の方は在庫があるうちにどうぞ。

オンラインストアはこちら
http://withamcars.cart.fc2.com/ca8/9/p1-r-s/

MORGAN・LOTUSの納車整備が始まりました

年末にご成約いただいた2台の納車整備が始まっています。

1台はMORGAN 4/4。ボディもインテリアもブラックでまとめられた実にシックな雰囲気をまとった1台です。新たなオーナーはLOTUSやCATERHAMなど数々の英国車をお乗りで、今回はこちらのMORGANが入荷後、すぐにご来店いただき、一目で気に入っていただきました。



そしてもう1台はピスタチオライムグリーンのボディがLOTUS EUROPA Special。こちらのオーナーもLOTUS・CATERHAMにお乗りで、今回は現行LOTUSからのお乗り替えです。


納車整備は順調に進行中です。車両本来の楽しさを存分に堪能していただけるよう、しっかりと仕上げて納車いたします。納車して新たな愛車が自分の身体に馴染むころにはツーリングシーズンが到来するはずです。オーナーの皆様、楽しみにお待ちください。














余談ですが・・・私、絹川も夜な夜なセルフ納車整備を進めています。

Witham Carsカタログ : LOTUS ELISE SPORT220-II (Metallic White)

Witham Carsカタログ 3台目もLOTUS ELISE SPORT220-II。

前回ご紹介のELISEと全く同じモデルですが、こちらのELISEはブラックパック未装着。フロントアクセスパネル・サイドミラー・トランサムパネルなどがボディ同色で、リア周りは特にクリーンな印象となっています。


◆モデル:ELISE SPORT220-II

◆装着オプション:
-ボディペイント(メタリックホワイト)
-シートベルトバーバー(Witham Carsオリジナル)
-リアスピーカー移設ボード(Witham Carsオリジナル)
-牽引フック付 フロントナンバーステー(JAE)
-リア牽引フック フリップタイプ(OKUYAMA)
-HID 5700K(FET CATZ)
-ETC2.0 車載機
-ボディコーティング


サーキット走行を楽しまれるオーナーのご希望で、牽引フック付きフロントナンバーブラケットとリア牽引フックに加え・・・

シートベルトバーを装着。3点式シートベルトガイドと共締めのシートベルトバーが一般的ですが、Witham Carsの製品はシャシーに直結したロールバーにボルト止めです。それゆえ大きな衝撃を受けた際も、危険な動きが発生せずシートベルトが安全にドライバーの身体を保持します。さらにスピーカー移設ボードを使用することで、リアスピーカーを生かしたままで、シートベルトバーの装着が可能です。
ヘッドライトはロービームにHIDを装着。もちろん車検も問題ありません。近頃はLEDヘッドライトバルブも増えてまいりましたが、純正ヘッドライトとの相性の問題や取り付けスペースが問題もあり、弊社ではHIDをお勧めしています。

 新車も中古車も、納車整備と同時にお好みに合わせてモディファイすることもすることが可能ですので、いつかは理想のLOTUS・SEVEN・MORGANを、と考えている方は、Witham Carsにご相談ください。