LOTUS EUROPA SPECIAL エンジンが載りました!

少しずつ進行しているヨーロッパスペシャル。いよいよエンジンとミッションを車体に載せて行きます。
RIMG0995_R
クラッチを取付け、エンジンとミッションケースをドッキングした状態です。
RIMG0996_R
本来ならばリフトに車体を載せてエンジンを下から入れたいところですが、ドライブシャフトがサスアームを兼ねている構造のため、ホイールを取り付けることが出来ません。
車体の移動が不可能なため、エンジンクレーンで吊り上げて上部からアクセスします。エンジンルームはタイトで、前後方向にほとんど余裕がありません。3人がかりで少しずつ少しずつ、接触しないように細心の注意を払い、ようやくエンジンとミッションが鎮座いたしました。
ここからサスアーム・補機類・内装・電装などの作業を進めつつ、お客様と打ち合わせをしながら細かい仕様を決定していきます。さあこれからが本番です!