LOTUS EUROPA SPECIAL エンジン始動

EUROPA SPECIALのカムカバーが塗装からあがってきました。
結晶塗料でペイントされたカムカバーは、鮮やかな赤でありながらもヒストリックカーによく似合う重厚な風合いに仕上がっています。
DSCF5587
リフレッシュ作業を済ませたエンジンにはオーバーホールを行ったウェーバーが装着され、あとはカムカバーを装着するばかり。
DSCF5578

コルク製のガスケットを組付け・・・
DSCF5650

慎重にカムカバーを乗せて、ナットを締め込んで行きます。
DSCF5666
バッテリーを接続し、イグニッションキーを回すと数回のクランキングの後にすぐにエンジンは目覚めました。セッティングなどは残っていますが、エンジン周りの作業はひとまず完了!ここまでくればあとひと息です。
DSCF6031s