KTM X-BOW 車検整備-2

先日の記事でもご紹介したKTM X-BOWの車検整備の作業を少しご紹介します。

LOTUS ELISEやEXIGE系とは当然異なり、アンダーパネルリア側はワンピース。ボルトの本数は少ないのですが、パネルが大きく慣れが必要な作業です。作業を進めるにはここを外す必要がありますから、ツーリング中に溜まった小石やら木の葉やらをクリーニングしながら整備を進めていきましょう。

カウルやエンジンヘッドにあるエアクリーナーボックスを外した状態。カウルの中はなかなかみる機会がありませんね。分離しているカウルを外せば横からも手が入りますから、ワンピースボディーのLOTUS 340Rと比べれば整備しやすいです。ラジエターもサイドにあるので、LLC交換はいささか短時間で行えるでしょう。

室内保管だけあって各部の状態は良く、交換したものといえばタイロットエンドブーツと油脂類くらいで、他は基本的な整備のみです。
KTM X-BOWは弊社で扱っているラインナップの中では毛色が異なる様に見えますが、とにかく乗って楽しい車という点でLOTUSやCATERHAMに劣らない車だと思います。完成度も高く、チャンスが有れば、ぜひ乗っていただきたい1台です。