内藤とセブンの記録簿 23ページ目


ファクトリーメカニックの内藤です。

今回は前回のエンジンO/Hの続きを紹介させていただきます。

まずはピストン、クランクシャフトのメタルの点検をするため各部を取外してきます。

シリンダーブロックがAXに変更されていることから、少し怪しんでいましたが、シリンダー内径は85mmでした。ノーマルの83mmから2mmボアアップされていることになりますね。

コンロッドキャップを見てみると重量合わせをしてある跡が残っていました。きれいに回るエンジンにするには細かいバランス調整がかなり重要になってきます。

シリンダーヘッドとオイルパンを取外したらシリンダーブロックからピストンを抜き取ります。ピストンも鍛造のものに変更されていました。ボアアップされているので当然といえば当然ですね。

ピストンヘッドの裏側にはJEのロゴが見えます。

点検してみると、3番と4番のコンロッドのメタルが少し剥離しているのが見つかりました。念の為ジャーナル径を点検してみると、4箇所ともメタルの基準値内に収まっていましたので、ジャーナルの摩耗はなさそうでした。

今回のO/Hはメタルの交換と、ジャーナル部のラッピング加工で済みそうですのでこの内容で作業を進めていこうと思います。