内藤とセブンの記録簿 24ページ目


ファクトリーメカニックの内藤です。

今回は前回から引き続きエンジンのO/H作業のご紹介です。クランクシャフトがラッピングから帰ってきました。ジャーナル部分の筋が全て消えてピカピカになりました。

エンジンブロックも、オイルラインの洗浄と、多少の傷があったカムシャフトのメタル交換のため内燃機屋さんに作業を依頼していました。これでしばらくは安心です。

早速新品のメタルを組み付けて行きます。古いエンジンですが、新品パーツの入手が容易なのはとてもありがたいです。

親メタル子メタル共に各ジャーナルのクリアランスをプラスチゲージにて測定します。ジャーナル径を測っていたこともあり、全て基準値内に収まっていました。

次回も引き続きエンジンO/Hを行っていきます。

余談ですが、カムシャフトはKENTCAMS製の244に変更されていました。ノーマルは234ですので、少しハイカムになっていますね。