内藤とセブンの記録簿 26ページ目

ファクトリーメカニックの内藤です。エンジンO/Hも終盤です。

ヘッドが組み上がったので補機類をどんどん取り付けていきます。経年で汚れてしまっていたアルミ地のパーツはすべてウェットブラストをかけてきれいに清掃しました。(ウォーターポンプだけは新品です。)

ドライサンプ用のオイルポンプもオイル漏れを止めるためか液体ガスケットでベタベタになっていたので一度全て分解、清掃して組み直しました。

今回は耐久性向上を狙って、アルミを使用したタイプのガスケットを用意しました。純正のペーパータイプより少し厚みはありますが、信頼性の高いパーツです。

組み上がったエンジンを載せていきます。こうしてみてみると本当にコンパクトなエンジンですね。殆どの部品がスチールですので重量はそれなりですが・・・

かなり時間がかかってしまいましたが、これでエンジンのO/Hは完了です。はじめてのケントエンジンということもあり、少し戸惑う部分もあったものの、気になるエンジンの細かい仕様や内部の状態など、チェックしたい部分をほぼ確認することが出来ました。作業はまだ少し残っていますが、半年間乗れなかった分、エンジンの慣らしなども含めてセブンライフを楽しもうと思います。