LOTUS ELISE-S コンプリートメンテナンス実施しました!


現在ウィザムカーズTOKYOに展示・販売中のUsed Car、
【LOTUS ELISE-S(Mk.2)】(ポーラーブルー、2006y、走行18,600km)ですが、この度、弊社にて『コンプリートメンテナンス』を実施いたしました!


慎重に各部のパーツを取り外し、入念なチェックを施していきます。

弊社ではLOTUS、CATERHAM等のブリティッシュライトウェイト・スポーツカーにおいては、普通自動車と同じ点検内容では不完全で、それぞれの車に応じた点検項目が必要だと考えています。

快適なカーライフをお送りいただくことはもちろん、スポーツ走行までも視野に入れたプロショップだから出来るメンテナンスが『コンプリート・メンテナンス』です。


点検・整備項目は、エンジンルーム関連18項目、ブレーキ関連10項目、車体関連19項目、ライト周り3項目、車両装備品25項目、試運転項目9項目合計84項目に亘ります。

それ以外にも、メンテナンス中に発見した不具合や違和感についても修正を行い、また、車両の癖とも言えるものについては、メンテナンスレコード等に記載するとともに、納車時にご説明させていただいております。


今回のコンプリートメンテナンスでの最大の改良点は、エリーゼシリーズのウィークポイントとも言える、ラジエーターの強化です。

純正ラジエーターは樹脂製のサイドタンクをラジエター本体にカシメて固定されており、接合部に使われているシールの経年劣化によって、冷却水漏れを起こすことがあります。今回、サイドタンクをアルミで制作し、ラジエター本体に溶接した対策品に交換いたしました。


純正のままでもすぐに不具合が出る訳ではありませんが、今回対策を施すことで、より安心してお乗り出しできるようなりました!


そのほかにも、消耗品となる油脂類の交換やオイル漏れ等のチェック、安全面や操作性の面で重要なブレーキ周りや足回り、ベルト類の点検・パーツ交換・調整を行います。


もともと状態の良い車両でしたが、今回、改めて『コンプリートメンテナンス』を実施することで、各部の点検・整備を徹底し、ラジエーターの対策も施したため、従来よりさらに優れたコンディションとなっています!!

搭載されている1,800cc直列4気筒のTOYOTA 1ZZエンジンは、最大136psを発揮。自然吸気エンジンならではのリニアな操作感があり、「スポーツカーのお手本」とまで言われるエリーゼのハンドリングと軽快さを存分に体感できる車両です。

そしてエキゾーストには、性能と音質を突き詰めた、人気のサクラム製サイレンサーが取り付けられています。

既にコンプリートメンテナンス実施済車両につき、ご購入後即納可能となります。

現在ウィザムカーズTOKYOにて展示中ですので、ぜひ実車をご覧いただき、ご検討いただければ幸いです。