内藤とセブンの記録簿 30ページ目

メカニックの内藤です。

今回は、筑波サーキットの走行会で課題となったキャブレター調整を少しずつ進めていますのでそちらを紹介させていただきます。

走行会以前から1.2番のキャブレターからのガソリンの吹返しがすごく、ボディーが汚れていることが度々あったので、まずはキャブ調の基本となるガソリンの油面測定・調整をしていきます。

油面の測定には専用の油面計を使用して行います。画像は3.4番のキャブレターです。基準値はキャブレター上面から29mmですのでほぼ問題なしということになりますね。1.2番を測定してみると油面は上面から19mmでした。この状態だと油面が高すぎるので調整を行います。

早速キャブレターのカバーを外し点検してみると、フロートが凹んでしまっていました。(自分のキャブレターは対策前のものですので真鍮製のフロートが入っています。)パンクはしていなかったので直接影響はないかもしれませんが、あまり良い状態ではないので新品に交換します。

とりあえず両キャブレターとも新品のフロートに交換し、ニードルバルブも新品のものに交換しました。ニードルバルブも長期間使っていると摩耗して、不調の原因になる部品ですので定期的な点検・交換が大切です。

フロートの高さはカバーから8.5mmが基準値になります。数字を合わせれば必ず油面が揃うというわけではないので、高さ調整→エンジン始動→油面測定の順番で油面が規定値になるまでひたすら作業を繰り返します。
油面の値でジェッティングも変わるので、走る場所や乗り方によっても適正値が変わってきます。エンジン・キャブレターの仕様に合った油面を見つけるのも楽しみの一つですね。

余談ですが、セッティングにこだわる方には油面の誤差を最小限に抑えることができる「フューエルレギュレーター」オススメです!