SUPER SEVEN 1600 SVシャシーのルックスも魅力的


英国AUTO CAR誌にて ロードテストレビューが公開されました。

まず、使用されているクルマにご注目ください。
セブンというと伝統的なS3シャシー(ナローボディ)を思い浮かべますが、
ロードテストで使用されているのはSVシャシー(ワイドボディ)になります。

 

本来であればやっぱりナローでしょうと思うところですが、 レトロモダンなコンセプトを持つSS1600ならワイドボディもアリだと思います。

 

フレアードウイングにワイドボディが”なかなかどうして”はまっています。
S3シャシーに対しSVシャシーは剛性が約25%向上しています。

 


ちなみにこちらの車両ですが、SUPER SEVEN 1600 の公式トレーラーにも登場している車両です。ほんの一瞬ですが上空からS3とSVの走行シーンが見れます。

 

もちろんまだ実車はまだ見ていませんが、レビューには”キャブレターのようなふわっとした軽いエンジンレスポンスを実現し、レトロな雰囲気を醸し出している”と書かれているのも気になりますね。

 

比較試乗されているA110やMX-5に比べたら電子デバイスも無ければ最新のインフォティメイントシステムもありませんが、クルマとの対話を楽しむという点ではSUPER SEVEN 1600が圧倒的といえるでしょう。
そして、他のほとんどのマシンでは体験できないドライビングプレジャーに酔いしれる事ができます(新井)

>>CATERHAM SUPER SEVEN 1600 インフォメーションページはこちらから