ロータス・エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション 登場︕

英国及びヨーロッパ圏にて先行販売されていた『ロータス・エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション』が、この度日本国内に導入されました。

全世界100台限定生産モデル。

『ELISE SPORT220-II』をベースに、ロータスのレーシングヒストリーに敬意を表した全4バリエーションの魅力的なカラースキームが用意されます。

ブラック/ゴールド(モータースポーツブラック/ゴールドデカール)
エマーソン・フィッティパルディが 1972 年の F1 にて 5 回の勝利を獲得した Lotus Type 72D をテーマ。

 

レッド/ホワイト/ゴールド(アーデントレッド/ゴールド&ホワイトデカール)
グラハム・ヒルが 1968 年にレースをした Lotus Type 49B を反映。

 

ブルー/レッド/シルバー(エセックスブルー/レッド&シルバーデカール)
ナイジェル・マンセル、エリオ・デ・アンジェリス、そしてマリオ・アンドレッティが 1980 年にレースをした Lotus Type 81。

 

ブルー/ホワイト(ナイトフォールブルー/ホワイトデカール)
1960 年の Lotus Type 18 に捧げるモデル。Lotus Type 18 は、ちょうど 60年前にあの有名なサー・スターリング・モスが、ロータス⾞両として初の F1 ポールポジションと初勝利を獲得した記念すべきモデルとなります。

以上全てロータスモータースポーツのカラースキームが一目で認識出来るものとなっております。

 

インテリアはエクステリアと調和されたカラーリングとなっております。

【ロータス・エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション 特別装備一覧】
・エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション特別ペイント&デカール
・特別インテリアカラーパック
・特別センターコンソール
・特別コントラストステッチ
・特別シートトリムデザイン
・ビルドプレート
さらに下記オプション装備が含まれます。
・2ピースハイパフォーマンスブレーキディスク (¥313,500-相当)
・10 スポーク軽量鍛造ブラックダイヤモンドカットアルミホイール
または 10 スポークグロスブラックアルミホイールの選択が可能。
(¥253,000-相当 現在通常モデルでは設定無し)
・ブラックアルカンタラステアリングホイール(¥66,000-相当)
・クラリオン製 CD/MP3/WMA オーディオ(¥22,000-相当)
・4 スピーカー(日本標準装備)
・エアコンディショニング(日本標準装備)
・クルーズコントロール(¥22,000-相当)
・フルブラックカーペット(¥71,500-相当)
・ブラックカーペット(¥33,000-相当)

4カラー共通の車両本体価格¥7,590,000となり、ベースモデルの¥770,000アップながら、¥1,105,500-相当の特別装備が含まれますので、これを換算した場合、¥335,500お得なモデル(さらに本モデル特別装備も含む)となっております。

 

その他に【クラシックヘリテージエディション】では追加コストで下記装備を組みあわせる事も可能!
・ハードトップ(379,500円※塗装別)
・カーボンファイバーハードトップ(616,000円)
・チタニウムエキゾースト(825,000円)
・10 スポーク軽量
鍛造グロスブラックアルミホイール
(ブラックダイヤモンドカットとの無償選択オプション)
がオプションで用意されております。

なお、日本国内では 6月1日(月)13 : 00 までの受注受付です。また、LOTUS CARSの生産枠が埋まり次第、受付期間にかかわらず終了となりますので、本モデルにご興味を持たれた方はお急ぎください。(新井)

>>弊社ELISE Classic Heritage Edition インフォメーションページはこちらから