LOTUS専用 ダッシュロガー AIM MX2E

LOTUS EXIGE-S V6 にAIM MX2Eをインストールしました。

ロータス専用に作られたAIM MX2Eは、車体側の加工無しに純正メーターとリプレイス出来るGPSダッシュロガー。普段はデジタルメーターとして使用出来、サーキットではGPSを使用したラップカウンターとして動作します。

ヨーロッパのレースシーンでもシェアの高いAIMらしく、追加モジュールによる各種温度、空燃比やサスペンションストロークなどのより高度なデータを入力させたり、専用アクションカムとの連携、リアカメラの接続等、拡張性も備えたダッシュロガーです。

オーナーはツーリングなどでの使用がメインですが、メーターの視認性を上げたいとのご依頼で、純正メーターからの交換となりました。

本体はアルミ製で精度の高さが感じられる造りです。

キットに含まれるメーターカウルにはGPSアンテナと4つのプッシュスイッチがビルトインされています。

メーターカウル両脇のボタンは表示の切り替えやサーキット走行に関する設定を行うためのもの。

取り付けが完了したものがこちら。EXIGEファイナルエディションを思わせるコックピットとなりました。

バー表示のタコメーターも選択可能です。

ファームアップや表示のカスタマイズ(メーターに表示させるデータの選択)、シフトライトの設定、記録されたサーキット走行データのダウンロードなどは、パソコンとMX2Eを無線LANで接続し、専用ソフトウェアRaceStudioを介して行います。下の写真はRaceStudioでのメーター表示カスタマイズ画面です。

エアバッグ装着車のELISE / EXIGE(V6含む)に対応しています。詳しくはお問合せ下さい。