SEVEN 160 TV撮影!

先日、TV番組撮影の為、千葉県某所へ行ってまいりました。
今回オファーをいただいた車両は、CATERHAM SEVEN160 です。

番組名は放映までのお楽しみとさせていただきますが、弊社のブログをご覧いただいている方なら、観ている方も多いかもしれませんね♪

午前は車の各部をインサート用に撮影し、午後から本編、ゲストさんによる試乗の模様を撮影しておりました。トークも盛り上がっていた様子ですよ。さぁ、この SEVEN160 に乗るのは誰なのか? 気になりますね・・・?

放送予定は今年秋頃とのことですので、お楽しみに!

夏季休業のお知らせ

夏季休業

夏季休業
8月11日(日)~8月17日(土)の7日間は、ウィザムカーズ全店夏季休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

ジャパンロータスデイ / Japan Lotus Day
ジャパン・ロータスデーの締切もいよいよ迫ってまいりました!
ご検討中の方はお急ぎください。

お申込み締切は8月10日(土)まで!
ロータスデイの詳細・エントリー方法は下記のリンクをご参照ください。
『Japan Lotus Day 2019』の詳細はこちら

EVORA GT 410 入庫!

Witham Cars Factoryに新車のLOTUSのフラッグシップモデル、EVORA GT410 SPORTが2台入庫してまいりました!

GTモデルであるEVORAをベースにカーボンファイバー製コンポーネントによる軽量化、運動性能の向上が図られたモデルです。今回入庫した2台はボディカラーだけでなく、装着オプションも異なりますので少しご紹介いたします。

ロータスアニバーサリーブルーのEVORAは左ハンドルの2+2シーター、ダークメタリックグレーのEVORAは右ハンドルの2シーターです。

こちらがリクライニング付きのスパルコ製ブラックアルカンタラスポーツシートを装着した2+2シーターのインテリア。GT410は2シーターが標準、2+2はオプション設定となっています。2+2のリアはこのような簡易的なシートが装着されています。

そしてこちらは標準仕様の2シーターのインテリア。GT410は贅沢にもホールド性抜群のカーボンシェルのセミバケットシートがストック状態で装着されています。そしてリアはネットで仕切られたラゲッジスペースです。

ホイールも超軽量鍛造ホイールが標準装備で、デザインは2種類から選択可能です。こちらはEVORA 400デザインのシルバー超軽量鍛造10スポークアルミホイール。スポーティな中にもエレガントな雰囲気のホイールです。

こちらはEVORA SPORTデザインのマットブラック超軽量鍛造10ポークアルミホイール。足元が引き締り、よりスポーティな印象です。

右のEVORAはマフラーのテールエンドの色が異なるのがおわかりいただけるでしょうか。青く焼けたようなテールエンドのマフラーはオプションのチタニウムエキゾーストです。このオプションのみで10kgの軽量化となります!

各後輪の後ろにあるのは、リアホイールアーチから高圧の空気を送り出すエアダクト。EVORA400と比べるとリア周りは丸みを帯びてグラマラスになりましたね。

これからFACTORYで納車整備を進めて参りますので、納車まで楽しみにお待ちください!

Used Car入荷速報!- LOTUS EXIGE-S (V6)–

ロータス・エキシージS

ロータス・エキシージS

『ロータス・エキシージS(V6)』(2014y / 24,800km)の中古車が入荷いたしました!
新車登録時より弊社にてメンテナンスしてきたワンオーナー車両ですので、安心してお乗り出しできる車両です。

最大のポイントはなんといっても、モデルデビュー当時だけ選択する事ができたモータースポーツグリーンの鮮やかなボディカラーです。一見現在選択可能なレーシンググリーンにも見えますが、こちらにはゴールドのメタリックフレークが使用されており、実物の印象は異なります(新車時OP価格¥390,000-)

その他にはプレミアムスポーツパック、レースパック、ダイヤモンドカットホイールなど、豪華で魅力的なオプションを多数装備。レザーシートやDPMスイッチなど、快適性、走行性も優れた仕様となっています。(※DPMスイッチについての説明はこちら[前編後編]をご参照ください)

パワーユニットには3.5LのTOYOTA 2GR-FEエンジン + Super Charger を採用しており、MAX350psを発揮。
徹底的に贅肉を削ぎ落としたアスリートのようなボディに、ロータスならではのオンザレールのハンドリングとV6の瞬発力で、街乗りからサーキットまで幅広く楽しめる1台です。

USED CARはWebサイトでご紹介させていただく前にご成約となってしまう場合があります。特に今回ご紹介のような好条件が揃った車両はタイミングを待っていてもなかなか出てくる事はありませんので、ピンときた方は(ウィザムカーズ 03-5968-4033)までお早めにお問い合わせ下さい!

7/7(SUN) JCCA ツクバ・ミーティングレポート

7月7日(日)にJCCA(日本クラシック協会)さん主催の筑波ミーティングに参加して参りました!Witham Cars 原田と内藤も、この日のために仕上げた愛車(Ford Escort ・ Caterham 1700SS)での参加です。

梅雨の合間に開催されたイベントなので、早朝は曇り、午後から雨と言うあいにくの天候となったものの、往年の車両たちが悪天候をモノともせずにレースを楽しんだ1日となりました。

ヒストリックフォーミュラのオーナーさん達も元気にレースを楽しんでいました。タイヤ選びが難しいレースだったでしょうね♪

さて、我々ウィザムカーズはオーバーシーラン枠での走行です。
”オーバーシーラン”は1979年迄の生産車両、及びそれ以降の同型生産車が走行可能な枠です。当時生産されたオリジナルのGINETTA G4やLOTUS Europaは勿論のこと、現行のCATERHAM Sevenも同型と言う事で参加することが出来ます。

午後からの走行だった為、完全WETでのスポーツ走行となりました。雨の中にもかかわらず、皆さんWETコンディションの車のコントロールを楽しんでいらしたようです。

SEVENの様にシンプルでドライバーのスキルが求められる車両やヒストリックカーでのサーキット走行は、現代的な車で速さを追求するサーキット走行とは全く異なる楽しみがあります。

皆さん無事に30分の走行を終えて記念撮影を!
参加していただいた皆様、お疲れさまでした。雨にもかかわらず楽しんでいただけたようで嬉しい限りです。是非次はドライでの走行会を企画しましょう!

今後はMORGANでもこのカテゴリーでサーキット走行は可能ですので、そんな遊び心を持ったオーナーのご参加を是非お待ちしております♪

遠方納車もお任せください – CATERHAM SEVEN 620R –


北陸地方にお住いのお客様に『CATERHAM SEVEN 620R』をご納車させていただきました。今回は管轄陸運での登録、ご納車までを行ってまいりました。


1tあたりの出力値『620R』がモデル名を示す通り、ケータハム最強のグレードです。カタログにはナンバー取得費用が別途という、日本国内で現在購入できる究極のロードリーガルといっても過言ではない一台です。

お客様は以前は『SUPER LIGHT R500』に、弊社では『GINETTA G12』とお乗り下さり、そして今回の『620R』は必然的な流れだったといえるのではないでしょうか。


ガンメタルのボディカラーは一見すると『620R』っぽくなくて少し落ち着いた佇まいを感じさせますが、時を経た今のご自身の気分にぴったりだと気に入ってくださいました。(もちろん私どもからすればすぐに見分けは付きますが ^ ^;)

納車後お客様からいただいた『休みが待ち遠しい』という言葉はこのクルマの楽しさ全てを物語りますね。

ここ数日天候が不安定でやきもきされていらっしゃると思いますが、梅雨明けしましたら是非思い切り楽しんでください!

MORGAN PLUS SIX 国内第1号車ご成約いただきました!!


本日よりMORGAN PLUS SIX (モーガン・プラスシックス)が日本でも発売開始となりましたが、早速、当社にて日本での第1号車をご成約いただきました~!!

オーナー様は、PLUS SIXが本国で発表されたときから早々にご検討いただいていた方で、今回発表と同時に即ご決断いただきました!(ありがとうございます!)
日本へのデリバリーは2020年春頃の予定とのことで、今から待ち遠しいですね♪


ちなみにご成約いただいた車両は、発売記念の限定仕様、『First Edition Moonstone』 です!!
美しいメタリックムーンストーンの専用ボディーカラーに、ボディー同色ハードトップも装備。(イージーアップ Mohair フードも搭載)
ホイールも19インチ特別カラーホイールを採用しています。
そのほかに、ストーンガード、Aポスト、ホイール、サイドスクリーンサラウンドなど、細部にFirst Edition限定のデザインが採用されています。


PLUS SIXは、BMW Z4 や TOYOTA SUPRA にも搭載されている最新の【BMW 2019 B58 ツインパワーターボ 直列 6 気筒エンジン(3.0L 340ps)】と 【ZF 製 8 速オートマティックトランスミッション】を搭載。
さらに【エアコン】、【パワーステアリング】、【センターロッキングシステム】なども標準装備しています。


従来の木をふんだんに使用した構造と異なり、より高剛性で軽量な、新設計の【CX ジェネレーション 接着アルミプラットフォーム】をベースにしている点も大きな違いです。(ねじれ剛性は前世代シャーシより 100%アップ!

今までのMORGANとは一味も二味も違う車両ですので、MORGANオーナー様やクラシックカーオーナー様のみならず、スポーツカー/スーパーカーのオーナー様にとっても非常に面白い車両だと思いますので、是非チェックしてみてください♪

Club Withamブレックファーストミーティングを開催しました!


本日6月23日は、クラブウィザム・ブレックファースト・ミーティングを開催いたしました!!
前日の大雨の影響を受け、開催場所となった秋ヶ瀬公園・三ツ池駐車場も大きな水溜りができていましたが、幸い午前中は曇りの予報だったため、予定通りの開催となりました。

弊社からは『MORGAN 4/4(フォーフォー)』、そして、現在展示・商談会開催中の『KTM X-BOW R(クロスボウR』)』を駆って、スタッフ4人が参加いたしました。


流石に珍しい車だけあって、KTMクロスボウRは注目の的でした!
皆様興味津々のご様子で、代わる代わるコックピットに座って乗り心地を確かめていました♪


クロスボウは、レーシングカーを彷彿とさせる独創的なデザインが目を引きますが、実際に運転してみると拍子抜けするほど操作性が良く、乗りやすい車です。
そして、最大出力300psを叩き出すアウディ製2.0 リットルTFSI エンジンに車重790kgの超軽量設計、並びに計算され尽くした空力設計によって、驚くほどの加速とコーナリング性能を発揮します。乗っていて楽しい車ですね!


微妙な天候の中、どれだけのオーナー様にお集まりいただけるか不安もありましたが、予想以上に多くのオーナー様が駆けつけてくださり、駐車場は色とりどりのライトウェイトスポーツカーによって埋まっていきます。


エリーゼ、エキシージ、セブンはもちろん、ヨーロッパ、エラン、スリーイレブン、ミニクーパーなど、バラエティに富んだ車両が集結しました。

同じ車種でもオーナー様それぞれのこだわりが車両に反映されており、それらを見比べるだけでも色々な発見を楽しむことができます!


気の合う仲間同士で集まってのんびりとクルマ談義を楽しむのも贅沢なひとときです。
愛車のモディファイプランやツーリング、走行会の話など、話題は尽きません。ご家族でご参加くださった方もいらっしゃいました。

ちなみに、丁度前日に常連のお客様より、腕によりをかけた手作りケーキをいただきましたので、ご参加者様皆で美味しくいただきました♪(いつもありがとうございます!)


途中、多少雨がパラついた場面もありましたが、何とか天候も最後までもってくれたため、無事に終了することができました。
ご参加いただいた皆様も久しぶりのミーティングを楽しんでいただけたのではないかと思います。

朝早くからお集まりいただき、誠にありがとうございました!
今後も様々なイベントを企画して参りますので、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

明日はブレックファーストミーティングを開催いたします。


明日 6/23(日)は、クラブウィザム・ブレックファーストミーティングを開催いたします!

車談義を楽しんだり、オーナー様同士の交流を深めたり、新たな繋がりのきっかけの場としてご利用いただければ幸いです。
また、解散後に仲の良いオーナー様同士で走りに行かれるも良し、ファクトリーへ点検・整備を依頼されるも良し、です。

参加申し込みは不要ですので、お気軽にご参加ください。

-日時:2019年6月23日(日)  朝 8:00~(9:00頃まで)
-場所:秋ヶ瀬公園 三ツ池駐車場  (無料)
http://akigase.jp/

クラブウィザム筑波サーキット(TC1000)走行会レポート


6月18日(火)筑波サーキット コース1000にて走行会を開催しましたので、レポート致します。
今回の走行会は久しぶりに平日開催&梅雨時期開催と言う事で、参加者数に不安がありましたが、本格的に熱くなる前に走っておきたい!と言う熱心なオーナー様達により無事に開催する事が出来ました(^^♪
ありがとうございます。

ウィザムカーズ占有枠での走行且つ、台数を少なく設定した走行会なのでとても走り易く、各々のスキルにあった練習が出来る内容となっていますので楽しい1日にしましょう!

今回は車種問わず参加可能にしていたので、SEVEN160からEXIGE350まで幅広い車種が集まりました。ご夫婦、親子での参加者さんもいて和気あいあいとしているのイベントとなりました。


TC1000の様なショートサーキットは反復練習が出来、車の挙動を知るにはもってこいのサーキットとなります。LOTUS、CATERHAMのような車のオーナーになられたのなら、是非ともスポーツドライビングを楽しんでいただきたいものです。


当日の気温は29℃と真夏に比べると気温は低いものの、日陰の少ないサーキットではテントが役立ちます。今回は念には念を入れて発電機+扇風機も持参し、熱中症対策も万全です。スポーツ走行で汗もかくのでキンキンに冷やしたスポーツドリンクとお茶の用意も万全です!


15時には無事に12分X5本の走行も終えて、走行会は終了となります。
皆さんお疲れさまでした。
皆さん1本目と比べるとタイムも良くなり、それ以上に車をコントロールして楽しまれているのが外から見ていても分かるくらい車の動きが良くなっていました!
暑い時期のショートサーキットだと12分X5本の走行だと、お疲れかと思いますが、是非次の走行会にもご参加下さい。お待ちしております。