内藤とセブンの記録簿 31ページ目

メカニックの内藤です。

今回は左リアハブベアリングからガタが出てしまっていたので交換をおこないました。

早速分解していきます。リアサスペンションがドデオンタイプであれば、ハブベアリングはインチシャシもミリシャシも共通です。年式の古い車両でも部品が容易に手に入るのはケーターハムの魅力の一つです。

ドデオンのアルミエンドプレートは現行モデルとは違う形状でした。グレードや装着されるブレーキによっても形が変更されるため、かなり種類が豊富なパーツだったりします。

取り外したハブキャリアです。中にハブベアリングが入っています。グリスから酸っぱい匂いがしていましたので酸化と劣化がかなり進行しているようでした。

オイルシールを抜いてハブベアリングを取り外したら新品を圧入していきます。1つのハブキャリアに2つのベアリングが入るので、2輪交換を行うなら4つのベアリングが必要になります。

元通りに組み上げたら完了です。ブレーキキャリパーの動作確認とブレーキパッドのグリスアップも行い、ついでにブレーキフルードも交換しました。

サーキット走行などで大きな負荷が掛かると少しずつではありますが、ガタが出てきますので、定期的なメンテナンスが大切ですね。

内藤とセブンの記録簿 30ページ目

メカニックの内藤です。

今回は、筑波サーキットの走行会で課題となったキャブレター調整を少しずつ進めていますのでそちらを紹介させていただきます。

走行会以前から1.2番のキャブレターからのガソリンの吹返しがすごく、ボディーが汚れていることが度々あったので、まずはキャブ調の基本となるガソリンの油面測定・調整をしていきます。

油面の測定には専用の油面計を使用して行います。画像は3.4番のキャブレターです。基準値はキャブレター上面から29mmですのでほぼ問題なしということになりますね。1.2番を測定してみると油面は上面から19mmでした。この状態だと油面が高すぎるので調整を行います。

早速キャブレターのカバーを外し点検してみると、フロートが凹んでしまっていました。(自分のキャブレターは対策前のものですので真鍮製のフロートが入っています。)パンクはしていなかったので直接影響はないかもしれませんが、あまり良い状態ではないので新品に交換します。

とりあえず両キャブレターとも新品のフロートに交換し、ニードルバルブも新品のものに交換しました。ニードルバルブも長期間使っていると摩耗して、不調の原因になる部品ですので定期的な点検・交換が大切です。

フロートの高さはカバーから8.5mmが基準値になります。数字を合わせれば必ず油面が揃うというわけではないので、高さ調整→エンジン始動→油面測定の順番で油面が規定値になるまでひたすら作業を繰り返します。
油面の値でジェッティングも変わるので、走る場所や乗り方によっても適正値が変わってきます。エンジン・キャブレターの仕様に合った油面を見つけるのも楽しみの一つですね。

余談ですが、セッティングにこだわる方には油面の誤差を最小限に抑えることができる「フューエルレギュレーター」オススメです!

内藤とセブンの記録簿 29ページ目

メカニックの内藤です。

今回は愛車の細かいメンテナンスとモディファイを行いましたので紹介させていただきます。

まずはエンジンの高さ調整です。インレットマニホールドが社外品に変えられており、その先に取り付けられているキャブレターとボディー(ボンネット)のクリアランスが通常より小さくなっていました。

そこでキャブとボンネットが接触しないようにエンジンマウントにカラーを入れて高さを調節しました。

ボルトが純正のままではネジ山の掛かりが甘くなるため、5ミリほど長いボルトに変更しています。

最後にエンジンや補器類がボンネットに接触しないことを確認したら完了です。

続いてキャブレターのファンネル交換です。

今回はWEBERから出ている「スーパーライトアルミ二ウムファンネル」の26mmを用意しました。今まで使用していたファンネルはステンレス製の16mmですが、ガソリンの吹き返しなどで汚れてしまっています。

新しいファンネルはRが緩やかで外径が少し大きく、とても軽量です。形状の違いはありますが、ノーマルのエアクリーナーをそのまま使えることも純正品の魅力ですね。

アルミ製ですので、固定しているD型ワッシャーに無理がかかってファンネルに食い込まないように注意が必要です。取り付け後、高回転での吹け上がりなどに異常がないかチェックして、少しばかりミクスチャ調整を行いました。
体感ではほとんどわかりませんが、2馬力くらいはアップしているかもしれません(笑

軽量化&吸気効率アップも期待できるWEBER純正アルミファンネル、気になった方はウィザムカーズファクトリーまでお問い合わせください!

 

-6㎏の軽量化!LOTUS純正カーボンシート

LOTUS EXIGE SPORT410・ELISE SPRINT・EVORA GT410と言ったモデルには様々な軽量コンポーネントが採用され、スタンダードモデルよりも軽量化が図られています。

その中で6㎏もの軽量化に貢献しているのがシートです。写真はEXIGE SPORT 410のシート。


車体に取り付けれられた状態ではほとんどわかりませんが、シェルはカーボン製。カーボンの織目が美しいですね。持ち上げてみるとハッキリと体感できる軽さに、思わず声が出てしまいました。カーボン製のパーツには、軽さや機能だけではない、男心をくすぐる何かがありますね(^^

CATERHAM Superlight R500 ステアリング交換

リチウムバッテリー化やヘッダータンクの移設を行ったSuperlight R500のオーナーより、今度はステアリング交換をご依頼いただきました。


こちらが元のステアリング。

今回は同じくMOMOのDシェイプ 250mmに加え、クイックリリースボスをLifeline変更しました。カーボンメーターパネルやSTACKのオールインワンディスプレイとも相まって、実にレーシーなコックピットになりましたね。
オーナーの理想の車にかなり近づいてきたようですが、まだまだモディファイの構想お持ちの様子です。またのご入庫をお待ちしております!

FACTORY便り ~Rover MINI~

本日は緊急入庫したRover MIni BSCCリミテッドのドライブシャフトブーツ交換です。

英国車としてはメジャーなRover MINIですが、ウィザムカーズFACTORYで見るのはレアな車両です。いやーいつ見てもカワイイデザインです。なぜ愛され続けているのが分かりますね。

見事にドライブシャフトブーツアウター側が破けてグリスが飛び散っていました。今回は念のためにインナー側のブーツも交換させていただきました。

間もなく作業が完了いたしますので、週末にはドライブをお楽しみいただけますので、もう少々お待ちください。

FACTORY便り ~ELISE-S 1ZZ・サクラムサイレンサー交換~

本日はまだまだ人気の高いTOYOTA 1ZZエンジンのELISE-Sにサクラム製サイレンサーの取付依頼をいただきました。

徐々に1ZZエンジンのモディファイパーツも減ってきている感はございますが、一番おススメしたいメーカーのモノが作り続けられていると言う事は嬉しい限りです。

ELISE-S(1ZZ)が新車で販売されていた当時、サクラムサイレンサー+サクラムエアインテーク+ビッグスロットルの組み合わせは当時のテッパンメニューとしてとても人気でした。
上記の3点でエンジンのレスポンスやフィーリングを格段に上げることが出来ますので、次のステップに是非おススメいたします。




FACTORY便り ~ EXIGE SPORT 380&410 ~

EXIGE Sport410、Sport380が点検・オイル交換でご入庫です。

今回の入庫では2台とも同時にモディファイを実施いたします。カーボンテールゲートへの交換、消火器、HIDヘッドライト取付等々、多くのメニューをご注文いただきました!

NEWモデルのモディファイ依頼も徐々に増えてきているのはうれしい限りです(^^

EXIGE SPORT 380 カーボンサイドスクープ

Reverieのカーボンサイドスクープ取り付けのご依頼です。

Revirieのサイドスクープのアップ。少しわかりづらいですが、ルーフやテールゲートのルーバーのLOTUS純正カーボンパーツに比べると表面の光沢が弱いようです。そこで他のパーツの質感に合わせるため、取り付け前にクリア塗装をしました。



LOTUS純正のカーボンパーツと同様に美しい光沢で仕上がり、他のパーツとも違和感がなく取り付けが出来ました。

レーシーなEXIGEにはやはりカーボンパーツはよく似合いますね(^^

ベルト類は定期的な交換を。

愛車のベルト類は定期的に交換していますか?

タイミングチェーンのエンジンであっても、オルタネーターベルトは定期的な点検・交換が必要です。”オルタネーターベルト”と書きましたが、ACコンプレッサーやウォーターポンプ、モデルによってはスーパーチャージャーもドライブする重要なパーツ。LOTUSでは、モデルにより”24,000㎞または2年毎”~”58,000㎞または4年毎”のベルト交換が推奨されています。

左が新品・右が新車より5年・1万㎞走行したELISE-S(2ZR)のベルトです。車体に取り付けた状態では問題なさそうに見えましたが。。。

取り外してみると、内側にいくつも小さなひび割れが出来ているのが確認できました。

ゴムは経年により劣化しますので、ほとんど乗っていない車両でもご注意ください。12か月点検や車検時の交換がお勧めです。