Used Car入荷速報 – LOTUS ELISE SuperCharged (Mk.2) –


「LOTUS ELISE SC (Mk.2)」(2008y / 66,000km)

本来の軽さに加え、スーパーチャージャーを得たことでよりパワフルな走りを手に入れた、Mk.2 ELISE最強グレード『ELISE SC』が入庫いたしました。

間もなくデビューより10年目が経とうとしている本モデルは中古車市場でも複数オーナーといった車両が多い中、こちらは希少な『ワンオーナー』車両です。(弊社にて新車より整備管理車両)


走行距離は約66,000kmに及びますが、弊社にてしっかりメンテンナンスされてきた車両になりますので、まだまだ充分に楽しんでいただけます。また比較的こなれた車両本体価格でのご案内となりますので、その分追加リフレッシュ整備やモディファイに費用を充てれば、より充実した『ELISEライフ』を始めていただく事も出来ます。(ご相談下さい!)


ラジエターもアルミ製の強化対策タイプに換装済みです。


『ELISE』唯一の過給機付きモデル(次世代2ZRエンジン搭載モデルにそのシステムは継承されました)。すでに『EXIGE』に与えられていたスーパーチャージャーとは異なり、インタークーラーを必要としないインテークマニフォールド一体型Eaton社製のユニットを用いる事で『ELISE』の限られたスペースでのスーパーチャージャー搭載を実現。また、性能としては同2ZZユニット搭載の自然吸気『ELISE-R』に対し0-100km/h加速は0.8秒も上回る4.6sec.でこなします。MAX8,000rpm(許容8,500rpm)という高回転型2ZZ-GEにスーパーチャージャーというパッケージングにあらためて魅力を感じられる一台です。


ノーマルコンディションを保っているというのも、素性の良さを判断するうえでの重要なポイントです。初度登録より約10年経過していますが、フィンの色褪せ、ゴムモールの劣化もあまり見られません。


2月も終わりにさしかかり春の訪れも感じられるようになってきました。これから迎えるツーリングシーズンにすぐお乗り出しいただける魅力的な一台。中古市場での台数も非常に少ないモデルになりますので、気になる方はお早めのご検討をお願いいたします。

現車は『ウィザムカーズTOKYO』(03-5968-4033)に展示中です。お問い合わせお待ちしております。(新井)

3Eleven リアスポイラー ブラケット製作

3Elevenのオーナーからの「より大きなダウンフォースを得るために、リアスポイラーの取付位置を上げたい」というご要望です。

純正のステーとの間に挟んでスポイラーの高さを+50・+60・+70mmに変更する3種類のブラケットを製作しました。

パウダーコーティングして仕上がったブラケットが以下の写真です。強度はもちろんですが、純正のデザインを損なわないように意識して設計・製作しています。

最終的に70mmアップのブラケットに決定。ニュルブルクリンクのアタックに使用された3Elevenも同様のセッティングとのことです。

70mmの違いですが、見た目から受ける印象も大きく異なるものになり、迫力あるものになりました。
Witham Carsでは市販されていないパーツも、ワンオフで製作することが可能です。車をご購入いただいたあとも、オーナーの理想の1台を作り上げるお手伝いをいたしますので、まずはご相談ください。

Used Car入荷速報 – SEVEN 270S –


「CATERHAM SEVEN 270S」(2017y / 6,700km)
ワンオーナーのSEVEN 270Sの入荷です!

新車の場合、オーダーから納車まで期間をいただくのですが、この車両ならば今春のツーリングシーズンにも十分に間に合います!

一見スタンダードなソリッドなブラックとアルミのSEVENの様ですが、この車両にはお勧めオプションのワイドトラックフロントサスペンションが装着されているのがポイント。フロントのスタビリティが大きく向上するワイドトラックは、個人的にもSEVENをオーダーするならば、ぜひ追加したいオプションの一つです(^^

ホイールは13インチのApolloが装着されています。14インチの8スポークもSEVENらしくて良いものですが、バネ下重量を軽く出来る14→13へのインチダウンもまたCATERHAMでは定番ですね。

もちろん幌・ドア・ヒーターも付属しておりますので、ツーリング先での急な天候の変化も安心。将来的にレーシングスクリーン装着等のモディファイを楽しむのもいいのではないでしょうか?

弊社で販売した車両ですので、その点もご安心いただけると思います。

実はインジェクション世代のSEVENの中古車は時々入庫するのですが、こうしてご紹介する前に嫁ぎ先が決まってしまうことがほとんどなのです。

ベストシーズン直前という最高のタイミングで入庫したこのSEVEN 270S!迷っているとあっという間にSOLDになる可能性大です。048-423-2404までまずはお問い合わせください!

ショールームの入れ替えをしました!@TOKYO


本日、ウィザムカーズTOKYO(ロータス練馬)では、ショールームの展示車両入れ替えを行いました!!

先日入荷したばかりのUSED CAR『LOTUS EXIGE-S(V6)』が、こちらの店舗にやって来ております。

年式は2014年、走行距離は26,300kmです。


3.5LのTOYOTA 2GR-FEエンジン + SC を搭載しており、MAX350psを発揮します。
インテリアにロータスオリジナルのレザーシートを採用している点もポイントです。

鮮やかなソーラーイエローのボディカラーがショールームによく映えます!!

すでに何件もお問い合わせが来ている車両ですので、もし気になる方はお早めにご連絡・ご検討ください。

車両詳細ページはこちら “LOTUS EXIGE-S(V6)”

Tipo 4月号 CATERHAM SEVEN160 取材


本日「Tipo」の撮影のため、スタッフ小澤の『CATERHAM SEVEN160S』を貸出しさせていただくこととなりました。


3月6日発売のTipo4月号での掲載とのことですので、先日SAITAMA/FACTORYにて取材を受けた内藤メカニックの1700SSと並んで掲載されそうです。


ぜひ書店で手に取ってみてください♪

エスコートのモディファイ継続中

久しぶりにエスコートBLOGを更新です(笑)
まずブログのトップ用バナーをSTOREスタッフでSeven160オーナーの小澤君が作ってくれたので今回使ってみました。ちょっとポップな感じですが良しとしましょう♪

さて、去年の年末からお正月休みの期間、色々いじり始めたら休み期間に終わらずやっとエンジンに火を入れる事が出来たので、久しぶりにテストを兼ねて通勤に使ってみました。

いじった内容はと言うと、メーター裏の配線の処理が、何オーナーにも渡り都度バラバラに行われてきたのでカオス状態に!重い腰を上げて綺麗さっぱりと配線をし直そうと思ったのが運の尽き、地味な作業を延々と行っていました。

ついでにエンジンルームも少々手を加えました。
まだまだ、エンジンルームはシンプルに出来そうなので、それは次の宿題と言う事にします。

配線を新たに引き直したりしたことで、点火にも影響があり、すこぶる調子が良くなったので、通勤途中にキャブ調整を行いながら出勤です(笑)

いやーお客様と良く話す事なのですが、最新の車の良さももちろん分かってはいますが、キャブレーター車の気持ち良さはやめられませんね。
右足にダイレクトに反応してくれる感覚は格別です。

目指すはエスコートでサーキットデビューですが、まだまだやりたい事は山程あるので楽しみは尽きません。
ステアリングを当時のRS風の物に換えたいな~とか、ケージを入れたいなーとか(笑)
妄想ばかり膨らんでしまうので、ここは原点に戻り、まずは春のツーリングに備えてメンテナンスから初めて行きたいと思います!

195/50R16が加わったADVAN A052

ELISE / EXIGEのタイヤ選びでお悩みの方に。

NEOVAを凌ぐというグリップ力とハンドリング性能を備えると言われる ヨコハマタイヤのADVAN A052ですが、昨年末にサイズラインナップが拡充され、待望の195/50R16が加わりました。

195/50R16はEXIGE Mk2の純正フロントタイヤのサイズです。
120psのMk2 ROVER世代からフロントに175/55R16が採用されていたELISEも、今や220㎰が標準となりハイパワー化した事もあってか2019年より195/50R16が標準に変更(ホイールは変更なし)となりました。

今までリプレイスタイヤを選ぶ場合良いサイズが無く、205サイズをチョイスしていた方も多いかと思いますが、今回登場した195/50R16サイズはLOTUSがEXIGEの為に設定したサイズと同じである為、175サイズからのステップアップにはベストなチョイスです。

175サイズよりフロントの絶対的グリップの工場を、205サイズよりクイックなハンドリングをご堪能いただけます。

一つ上のフィーリングを求めるならば、195/50R16サイズを選択してみてはいかがでしょうか?


主張が強すぎないシンプルなトレッドパターンも好印象。大人のスポーツカーたるLOTUSにもマッチするデザインです。

早速車検でご入庫中のELISEのオーナーにご注文をいただきました。今回はNEOVA AD08からの履き替えです。

今年のツーリングシーズンは新しいタイヤで初めて見てはいかがでしょうか?

お問い合わせ・タイヤ交換のご依頼は、こちらのお問い合わせフォーム または048-423-2404までお気軽にどうぞ。

 

SEVEN SUPER SPRINT 納車整備中

先日入庫した1台目のSEVEN SUPER SPRINTの納車が進んでいます。

新車の納車整備といっても、英国車は国産車のように簡単に済ませることは出来ません。ライトウェイトスポーツ本来の楽しさを味わっていただくためには、細部まで点検・整備を実施する必要があります。

通常の走行で支障が出るほどではありませんが、SEVENは出荷状態ではブレーキにエアを噛んでいる場合があります。そこで、ウィザムカーズに入荷するSEVENは、新車であっても念のためブレーキのエア抜き作業を実施します。

他にもサイドブレーキの引きしろを最適な状態にするために、ワイヤーの細かな調整を行うなど、日本で1番SEVENを販売してきた正規ディーラーとして経験とノウハウを活かした納車整備を行っています。

96馬力を発揮する660ccエンジン+ターボチャージャー。ノーマルの80psでも一度ドライブしたら忘れられないほどの楽しさを味あわせてくれますが、Super Sprintはどのような走りなのでしょうか。出来ることなら1度ドライブしてみたいですね。

余談ですが、今までのSEVEN 160と異なるタイヤが装着されていました。同じAVON製ですが、SEVEN 160のZT5に対し、Super SprintはZT7。どうやらZT7は昨年発売のニューモデルの様子。今後はZT7に置き換わるのでしょうか。
少しずつ暖かい日が出てきて、春はもう目の前ですね。今年の桜の季節はSuper Sprintで存分にお楽しみいただけると思います。

納車までもうしばらくお待ち下さい。

Tipo 4月号 CATERHAM 1700SS 取材

昨日、Witham Cars SAITAMA / FACTORYにて「Tipo」の取材が行われました。

今回取材を受けたのは先日のK4GPでチーフメカニックを努めた内藤メカと愛車の1700SSです。

プロカメラマンが撮影する愛車の横で取材を受ける内藤メカ。終始頬が緩みっぱなしでした(^^


詳しい内容はここには書くことが出来ませんが、とてもおもしろい内容の記事になりそうです。3月6日発売のTipo4月号をお楽しみに!

Witham Cars TOKYO 試乗車多数ご用意しております!


今週末も東京は概ね好天の予報、絶好の試乗日和ですっ!
週末はぜひ『ウィザムカーズTOKYO』までお越しください♪


『ウィザムカーズTOKYO』では、現在4台の試乗車をご用意しております。

エリーゼ・スポーツ220」、「エキシージ・スポーツ350」、「ケータハム・セブン270S」、「モーガン4/4(フォーフォー)」の4台です。
(試乗車の詳細はこちらをご参照ください)
※ご試乗をご希望の方は、必ず事前にご予約願います。


現在コンディションに優れたUSED CARも続々入荷中!
新車同然の「ELISE SPRINT」も一見の価値ありですよ♪