EXIGE-S DPMスイッチのモード説明(前編)

DPM450-2

ROADSTERの発売もあり大好評のEXIGEシリーズですが、意外とちゃんと知られていないのが[DPMスイッチ」のモード別内容です。
排気バルブの開度がモードによって変わるという事はご存知の方も多いと思いますが、実はそれだけではないんです!!
モード別に説明していきたいと思いますが、その前にDPMについてのご説明をしておかなくてはいけませんね!

「DPM」とはダイナミックパフォーマンスマネジメントの略称になります。
・コーナーブレーキコントロール(CBC)
・ドラッグトルクコントロール(DTC)
・横滑り防止装置(ESC)
・油圧ブレーキアシスト(HBA)
・電子ブレーキ配分(EBD)
・電子ディファレンシャルロック(EDL)
・トラクションコントロールシステム(TCR)

これら統合して制御しているシステムが「DPM」です。
DPMは簡単に説明しますと、車がコーナリングの限界を超えてしまった時に、車体を安定させる制御です。
まだまだ説明が続きますので、後編で「モード」の説明をします。
楽しみにお待ち下さい♪