@TOKYOショールーム 展示車一新!即納車も充実しています

連休明けのTOKYOショールームではエントランスメインのMORGAN Plus Sixを筆頭に、店内の展示車両を一新いたしました。

連休中はクルマ選びに悶々とされている方が多かったようで、おかげさまで早速御成約もいただきました。過ごしやすいシーズンということもあり、中古車をはじめとした即納車の動きがとても早い印象ですね。

 

特に中古車との出会いは一期一会とよく言うように、二度と同じクルマは出てこないので少しでも気になるクルマがあればまずはお気軽にお声掛けください。

 

ちなみに現在の充実した即納車の中で特におすすめの一台は LOTUS EXIGE-S Roadster ATです。

 

こちらはLOTUSでは珍しい2ペダルのオートマティックトランスミッションが装備されています。EVORA IPS由来のトルクコンバータ式オートマティックとなっており、非常に滑らかかつ素早い変速には定評があり、タウンユースはもちろん最適なスポーツレシオに設定された6速ATはロータスならではのドライビングフィールをいとも簡単に引き出して味わうことが出来ます。

 

個人的にマニュアル主義の方が一周回って少し肩の力を抜いて楽しめるものはないかと考えた時に最適な一台なのではと思います。

落ち着いたメタリックグレーと内装のレッドが実に良いコントラストでなかなかめぐり逢う事はない仕様というにもポイント。希少車ですので気になる方はお早めに。

その他にも充実したラインナップでお待ちしております。

クラシックミニ 入荷しました

Witham Cars SAITAMAには3台のクラシックミニを展示しています。

Morris Cooper-S・Austin Cooper-S・Rover Mini Austin Seven仕様

一目で3台の違いが分かった方はなかなかクラシック・ミニ通ですね。

AUSTIN COOPER-S


ROVER MINI (メイフェアベース)AUSTIN SEVEN仕様


MORRIS COOPER-S


早くも商談が入っている車両も御座います。

それぞれ詳しい仕様はブログではご紹介しきれない内容となっていますので、まずはご連絡をお待ちしております。

春のツーリングシーズンに最適な即納車が揃っています

 

早いもので4月も半ばとなりました。朝晩は少し冷えますが、日中は汗ばむくらいの陽気が続いていますね。徐々に新緑の季節へ移ろいで行く、このくらいのシーズンは気持ちも軽やかになり、ドライブを楽しむにはベストという人も多いのではないでしょうか。

ということで本日は今すぐクルマを乗り出したいという多くの声にお応えして、春ツーリングにぴったりな即納車両をショールームに並べてみましたのでご紹介いたします。

 


New Car LOTUS EXIGE SPORT 350 / DAYTONA BLUE

いよいよメーカー在庫車数にも限りが見えてきたEXIGE SPORT 350。さすが現行LOTUSのミドルレンジを担うだけあり、とてもバランス良く仕上がっている一台です。
スペックには現れないですが、実際にドライブすると最新型の進化には目を見張るものがあります。また、こちらのデイトナブルーは2021年生産ロットのみという、ごく僅かに限られた期間でしか存在しない希少カラーとなっておりおすすめです。

 


Used Car 2015y LOTUS EXIGE S Roadster AT / METALLIC GREY

久しぶりに入庫の希少車!弊社にて新車よりメンテナンスしてきたワンオーナー車です。ボディカラー、インテリアカラーともにセンス良くまとめられており、早速多くのお問い合わせを頂いております。滑らかなAT制御は市街地でのジェントルなドライブも可能としています。もちろんレースパック付きATなので、EXIGE本来のパフォーマンスをより味わいやすいのも魅力ですね。

 


ちなみにEXIGE ROADSTERのブレーキキャリパーは通常シルバーですが、本車両は特注ペイントのレッドで仕上げています。その他オプションも満載ですので気になる方はショールームにて現車をご覧ください。

 


Used Car 2017y LOTUS ELISE S  / RACING GREEN

ELISEの完成形といえるスーパーチャージドエンジンを搭載したMk.3 ELISE S。走行距離はわずか400kmあまりという新車のような個体です。レーシンググリーンのボディカラーがとても美しく、Mk.3のデザインにもとても良く似合っています。現行SPORT220とはサスペンションセッティング等異なっているためか、個人的にはELISEの走りというとこちらのSのほうがイメージに近いです。シフトフィールも素晴らしく、現行のエクスポーズドタイプより好みという方も実は多いです。

 

Used Car 2020y MORGAN PLUS SIX  / METALLIC MOONSTONE

通常のモデルでは選ぶことの出来ない特別装備を纏った存在感抜群の限定仕様車FIRST EDITIONが早くも入庫。ワンオーナー極上車です。
こちらのムーンストーンはツーリングベースですのでご覧の通りハードトップが装着されているのが特徴です。またその他快適装備も充実しており従来モデルに比べ実用性も高い一台となっております。きっと長距離ツーリングに出かけたくなるはずです。

 

今ならまだ今シーズンの春ドライブに間に合いますので是非ご検討ください。今週末はウィザムカーズTOKYOショールームでお待ちしています。

 

 

@TOKYOショールーム 展示車両入庫情報 2015y LOTUS EXIGE S ROADSTER AT


Witham Cars TOKYOショールーム入庫車両2台目はV6スーパーチャージドエンジンのハイパフォーマンスをオープンエアで楽しめるLOTUS EXIGE S ROADSTER (Used Car)のご紹介です。

メタリックグレーのボディカラーにベノムレッドレザーのインテリアを組み合わせたシックな中にも目を引き付ける印象的な一台です。

 

本車両はLOTUSでは珍しいパドルシフト付きATを装備した2ペダルモデル。手元のパドルで高速かつ正確なシフトチェンジが可能となり、EXIGEの持つハンドリング性能を存分に味わう事が出来ます。
技術的にも熟成され昨今では再評価されているトルクコンバータ式ATを採用し、高速域のみならず低速域での滑らかな制御も魅力。本格的なスポーツドライブだけではなくコンフォータブルな走りも求めるドライバーにおすすめです。もちろんLOTUSではマニュアルを上回る、パフォーマンス重視のオートマティックとして採用しています。

 


人気のレースパックオプションも装備。通常のツアー、スポーツ、DPMオフからなる3つのドライブモードに加えレースモードが選択可能です。

レースモードは基本的にドライコンディションでのクローズドコース使用を推奨しており、スポーツ走行では時に足かせとなる横滑り防止装置による電子制御の介入を最小限に抑えます。エキゾーストバルブも常にオープン状態となり、よりダイレクトなスロットルレスポンスを可能としています。またサスペンションセッティングもレースパック専用のものとなります。

 

インテリアはフルレザー(ベノムレッド)のプレミアムパック。ドアインナーパネル、スポーツシートセンターにはキルト加工が施された上質感のある内装です。その他にレザーエアベント&シルトリム、フルカーペットインテリア仕様が特徴。本車両にはシートヒーターも追加されています。

 

【車両装備仕様 - ( )内は新車時オプション価格】
・パドルシフト付6速オートマチックトランスミッション(517,000円)
・メタリックペイント -メタリックグレー(176,000円)
・プレミアムパック -ベノムレッドレザー(451,000円)
・レースパック (423,500円)
・シートシーター(77,000円)
・ナビゲーション&リアビューカメラ(151,910円)
・HIDヘッドライト(101,148円)
・可倒式ナンバープレートステー(19,360円)
・ETC車載器(33,000円)
・前後牽引フック

 


昨日ご紹介したMorgan Plus4同様に大変希少な一台です。

これからの季節に楽しめるロードスターモデルが充実しておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

現車はWitham Cars TOKYOショールームにてご覧になれます。是非今週末のご来店をお待ち申し上げております(問い合わせ 048-423-2404 または 03-5968-4033 まで)

 

Used Car 入荷速報 -EXIGE-S Roadster AT –

2015y / LOTUS EXIGE-S V6 Roadster
Toyota 2GR 3.5L / 走行13,400km / 検R4年10月

ハイパフォーマンスをオープンエアで楽しめるLOTUS EXIGE-S V6 Roadster。弊社で長年メンテナンスしてきたワンオーナー車両です。

今回入荷した車両はパドルシフト付きAT! AT仕様のEXIGEは日本での流通量も少なく希少な車両です。
繊細なステアリングフィールを味わうことや豪快なパワーを御することに専念できるのは、AT仕様ならではの面白さと言えるかもしれません。
リアウィングとフロントスプリッターを省略することでエアフローを最大化し、MT車に比べて10kgほど軽量化されたスタイルは、見た目にもスッキリとした佇まいです。

 

車両詳細は近日中に弊社Webサイト上にも公開させていただきます。
なお、詳細をWebに掲載する前にご成約となってしまうことも多々ありますので、気になる方はお早めにどうぞ!

Used Car 価格更新しました - MORGAN Plus Six FE MOONSTONE

2020y / MORGAN Plus Six First Edition MOONSTONE
走行距離 320km / 車検 R5/7 (新車保証 R5/1または48,000km)
¥13,900,000- (新車販売時車両本体価格 ¥16,060,000-)

MORGAN Plus Six のUsed Car販売価格を更新しました。

Plus Sixは先代比から捻じれ剛性が約100%向上したとされる新開発CXアルミプラットフォームを初採用し、最新BMW製エンジン、トランスミッションにはZF製の8速オートマティックを搭載した新世代MORGANのフラッグシップに相応しいモデルです。

前後ダブルウィッシュボーンサスペンションによるロードホールディングの高さ、非常にクイック且つ滑らかなハンドリングもこのクラシックな外観からは想像できないスペックを感じることができます。

さらにパワーステアリング、エアコンといった装備も加わり、今までのMORGANモデルに比べより快適なドライブも楽しめる一台となっております。

 

本車両は正規輸入車として日本国内には5台のみ導入された希少な特別仕様車 Plus Six First Edition MOONSTONEになります。

主に通常のモデルでは選択することの出来ないエディションモデルならではのスペシャルな内外装が特徴です。

もちろん弊社管理車両、ワンオーナー、低走行というコンディション抜群の一台です。

 


エクステリア
・メタリックムーンストーン(通常モデル選択不可)
・フローズングレーフィニッシュ・ストーンガード(通常モデル選択不可)

 

・フローズングレーフィニッシュ・エクステリアアクセントパック※(通常モデル選択不可)
※Aポスト、サイドスクリーンサラウンド
・ボディ同色ハードトップ(モヘアイージーアップフード付属)

 

・19″ Plus Six アロイホイール - フローズングレー(通常モデル選択不可)

 

 


インテリア
・ボディカラー同色ダッシュボード
・センターコラムトップベニヤチョイス – Raven
・ボックスウィーヴカーペット - ダークグレー

 


・ソフトグレインレザー - ダークブルー
・スクエアボックスシートセンター
・刺繍入りヘッドレスト - Plus Six
・レザーインテリア同色ステッチ

 


従来の魅力的でクラシックな雰囲気は持ちつつ、中身は最新のメカニズム。これこそがMORGAN Plus Sixの真骨頂といえるでしょう。是非これからのドライブシーズンを楽しむための一台としてご検討ください。

現車は弊社MORGAN CARS 東京北 / ウィザムカーズTOKYOにてご覧いただけます。より詳しい車両情報についてはお問い合わせください(03-5968-4033 または 048-423-2404)

 

@TOKYOショールーム 展示車両入替情報 CATERHAM SEVEN 160


2016y / CATERHAM SEVEN 160
SUZUKI K6A 0.66L (80ps/7,000rpm)  / 490kg / 14,000km / R3/6

TOKYOショールームに【ケーターハム セブン 160】のUsed Carが入庫しました。SUZUKI製660ccエンジンを搭載し、日本の軽自動車規格に準拠する人気のセブンです。

軽自動車とはいえ輸入車のケーターハムは国内馬力規制に縛られることはありませんので最高出力は80ps(最大トルク107Nm)を発生、軽量コンパクトなパワートレインのおかげで車重はわずか490kgに収まります。そのため6.13kg/psという非常に優秀なパワーウエイトレシオを叩き出します。(参考にロータスエリーゼ1ZRが6.62kg/psになりますので、いかに優れた数値なのかがお分かりいただけると思います)

 

 

ベースエンジンのK6Aは単体で60kg程度。ご覧の通り非常にコンパクトなエンジンになります。※弊社オリジナルのバッテリーステーを装着していますので、汎用バッテリーが使用できます。

 

 

前述の通り軽自動車規格という経済性の高さも人気のひとつですが、やはり軽い操作系を含めて気軽に乗れるというのは大きな魅力だと思います。タウンユースでも扱い切れるパワー感をはじめ、155という細めのタイヤ、約10cm狭まった全幅はスペック以上に身近な存在に感じられます。

パワーではなく、軽さがもたらす160特有のスピード感と楽しさは初期セブンのパイオニア精神を最も体現しています。このコンセプトを気に入って購入されている方が多いのも頷けますね。

 

 

現車はベアアルミボディにグラヴィティーブラックのコンポジットパネルを組み合わせたベーシックな仕様です。

個体差のあるアルミボディの状態も良く、内外装共に顕著な傷やいたみは見られずオリジナルコンディションを維持しています。

 

 


オプションは【フルウインドスクリーン・幌・ドア】【ヒーター】【アクセサリー用12Vパワーソケット(イグニッション連動)】【ETC】が装備されておりますので、納車したその場からツーリングを楽しめます。

 

 


今ならゴールデンウィーク前の納車も間に合います。
元々台数の少ない車両になりますので、気になる方はどうぞお早めにご検討ください。

車両の詳細につきましてはウィザムカーズ(03-5968-4033 または 048-423-2404)までお問い合わせください。

▶CATERHAM SEVEN 160 詳細ページ

 

 

Used Car 入荷速報 – Caterham Seven Super Sprint (Zandvoort)

2020y / Caterham Seven Super Sprint (Zandvoort)
Suzuki K6A 0.66L (96ps/7,000rpm)  / 490kg / 1,300km / R5年4月

SOLD! ご成約ありがとうございました

ケーターハムセブンスーパースプリントのUsed Carが入庫しました。
弊社にて新車販売、メンテナンスを行わせていただいたワンオーナー車両になります。完全屋内保管、走行距離約1,300kmという極上の一台です。

Suzuki製0.66Lターボエンジンを搭載して日本の軽自動車規格に準拠した【SEVEN 160】をベースに、60’sのクラブマンレーサーの雰囲気に仕立てた特別仕様車です。日本国内ではわずか限定60台のみが導入され即完売となった超希少車になります。

 

ケーターハムワークスレーシングがチューニングしたK6Aターボエンジンはベースモデルから16ps引き上げられた96psを発揮(ベースモデル比20%UP)。さらに機械式LSD、フロントアジャスタブル式サスペンション、リアライブアクスル式サスペンションにはAアーム方式が標準採用され、エンジンスペックに合わせた各部パフォーマンスの向上が図られています。

 

本車両はオランダのサーキット・ザントフォールトをモチーフにしたカラースキームZandvoortになります。まさに60年代を彷彿とさせる淡いグリーンはヴィンテージ感にあふれたペイントカラーです。

セブンスーパースプリントは新車注文当時全6色あるカラーの中から購入者が自由に選択出来ましたが、こちらのZandvoortはその中でも非常に希少なカラーのひとつとされています。

 

潔いブルックランズ・レーシングスクリーン仕様になります。フルウインドスクリーンとレーシングスクリーンをコンバージョンできるスタンションも存在しますが、やはり比べてしまうとこちらのボディ直付けレーシングスクリーンとでは趣きが異なります。

スーパースプリントは60年代のレーサーモデルというバックグラウンドをモチーフにしているだけあり、このブルックランズ仕様がとても良く似合い、実際に好まれる方が多いです。

 

エクステリアのみならず、インテリアに関してもこだわりの仕様が特徴。
・12″モトリタ製スポーツウッドステアリング
・シフト&ハンドブレーキレザーゲイター
・特別ダッシュボード
・シリアルナンバービルドプレート
・SMITHS製メーター&ゲージ
・バッテリーマスタースイッチ

 

・英国ミュアヘッド製 スコティッシュリアルイネス・タンレザーシート
(CATERHAMクラシックタイプロゴエンボス+ダイヤモンドキルトステッチ)

 

クリームエクステリアパイピングの入ったスーパースプリント専用モヘアトノカバーが装備されます。(新車当時オプション価格 ¥60,500)

ドライバーズシート、ナビシートはファスナー式のセパレートになります。

 

テール&ターンシグナルランプはオールドルーカスタイプのもの。
左側リアウイングには本モデル Zandvoort サーキットのコース図を模したデザインデカールが貼られます。

 

新車販売が終了しているべースモデルのSEVEN160も中古車市場では流通台数がとても少ないですが、スーパースプリントはさらに少ない特別仕様車ということもあり、すでにコレクターズアイテムとしての希少価値が高まっています

お探しの方は是非ご検討下さい。お問い合わせお待ちしております。
お問い合わせ先:ウィザムカーズ(048-423-2404 または 03-5968-4033)

【SEVEN SUPER SPRINT】解説動画

Used Car入荷速報 – 1998y CATERHAM 7 Silverstone / 40th Anniversary –

1998y / CATERHAM Seven Silverstone / 40th Anniversary
Ford Kent 1,760cc / 走行16,100km / 検R3年11月

セブン誕生40周年を記念して発表された大変希少な限定モデル、
Seven Silverstone 40th Anniversary】が入荷して参りました!

初期のロータス・セブンを彷彿とさせるオールアルミニウムボディにレッドカラーで統一されたインテリアダッシュパネル&ステアリングホイール、シリアルナンバー入りのプレートなど、特別感あふれる魅力的な仕様となっています。

販売当時日本国内ではわずか30台程度が輸入されたのみ。
Twin Weberを搭載したキャブレター世代の特別な一台。大変人気のモデルとなっておりますので、お早めにご検討ください。

エリーゼ本来の走りを楽しめるRoverモデルは狙い目です

2004y / LOTUS ELISE Standard
18K (122ps / 168Nm)  / 830kg

SOLD! ご成約ありがとうございました

今回はエリーゼの基本的な楽しさを最も身近に味わえるモデルとして定評のある、Rover Kシリーズエンジンを搭載したスタンダードモデル(ELISE Mk.2)をご紹介します。

 

 

エリーゼというと今やTOYOTAエンジンのイメージが定着していますが、その前身にあたるこちらのRover Kシリーズ(18K)は量産型ツインカムとしては前例がないほど軽量且つコンパクトなエンジンとなっており、もともとこのエンジン(Roverのパワートレイン)を搭載することがエリーゼ開発のきっかけのひとつともいわれています。それだけに『エリーゼ本来の走り』という点に於いてはRoverモデルに軍配が上がると思います。

 

120psそこそこのパワーユニットでも軽さの恩恵を受けて驚くべき運動性能を発揮します。そして何より運転が楽しいと感じていただく事が出来ます。この感覚は”頭では分かっていても”やはり実際に本物を体感いただくことでしか味わえない世界です。ライトウェイトスポーツのもつプリミティブなドライビングの楽しさを世に広めたエリーゼの功績は大きいと改めて感じます。

 

パワートレインをはじめとした主な仕様はMk.1の印象を色濃く残します。特に走りに関しての電子制御の類は基本的にありません。…というと”すべてドライバーの腕に委ねられます”、というような重いフレーズがどうしても頭をよぎりますが、(スタンダードに関しては)常識範囲内での走りを楽しむうえではむしろ何もない事による軽さ、LOTUSならではのヒラヒラとした軽快な走りをストレートに感じることが出来ます。

 

今回ご紹介の車両についてはエアコン、ハードトップの他に特別な装備はありません。基本的にノーマルですが、それこそがこの車両の良さであります。時代的に少々コアなファン層から支持されていたモデルということもあり良くも悪くも味付け(モディファイ)が進んでしまっている車両が多いなか、こちらは”本当の素の良さ”が味わえる数少ない個体となっております。

 

ハードトップの他にソフトトップも付属しますので、オープンドライブももちろん楽しめます。

 

 

ワンオーナー車という点も見逃せないポイントとなっております。Roverエンジンは乗ると面白く、価格も値ごろ感が出てきており、エリーゼ好きは定期的に気になるモデルのひとつです。しかし、年々市場台数は少なくなってきており特にここまでノーマルを維持した個体はなかなか出てこないと思われますのでそういった意味では大変希少な一台です。

車両はウィザムカーズTOKYO(03-5968-4033)に展示中です。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

▶LOTUS ELISE Standard (Mk2 18K) 詳細ページ