エリーゼ本来の走りを楽しめるRoverモデルは狙い目です

2004y / LOTUS ELISE Standard
18K (122ps / 168Nm)  / 830kg

今回はエリーゼの基本的な楽しさを最も身近に味わえるモデルとして定評のある、Rover Kシリーズエンジンを搭載したスタンダードモデル(ELISE Mk.2)をご紹介します。

 

 

エリーゼというと今やTOYOTAエンジンのイメージが定着していますが、その前身にあたるこちらのRover Kシリーズ(18K)は量産型ツインカムとしては前例がないほど軽量且つコンパクトなエンジンとなっており、もともとこのエンジン(Roverのパワートレイン)を搭載することがエリーゼ開発のきっかけのひとつともいわれています。それだけに『エリーゼ本来の走り』という点に於いてはRoverモデルに軍配が上がると思います。

 

120psそこそこのパワーユニットでも軽さの恩恵を受けて驚くべき運動性能を発揮します。そして何より運転が楽しいと感じていただく事が出来ます。この感覚は”頭では分かっていても”やはり実際に本物を体感いただくことでしか味わえない世界です。ライトウェイトスポーツのもつプリミティブなドライビングの楽しさを世に広めたエリーゼの功績は大きいと改めて感じます。

 

パワートレインをはじめとした主な仕様はMk.1の印象を色濃く残します。特に走りに関しての電子制御の類は基本的にありません。…というと”すべてドライバーの腕に委ねられます”、というような重いフレーズがどうしても頭をよぎりますが、(スタンダードに関しては)常識範囲内での走りを楽しむうえではむしろ何もない事による軽さ、LOTUSならではのヒラヒラとした軽快な走りをストレートに感じることが出来ます。

 

今回ご紹介の車両についてはエアコン、ハードトップの他に特別な装備はありません。基本的にノーマルですが、それこそがこの車両の良さであります。時代的に少々コアなファン層から支持されていたモデルということもあり良くも悪くも味付け(モディファイ)が進んでしまっている車両が多いなか、こちらは”本当の素の良さ”が味わえる数少ない個体となっております。

 

ハードトップの他にソフトトップも付属しますので、オープンドライブももちろん楽しめます。

 

 

ワンオーナー車という点も見逃せないポイントとなっております。Roverエンジンは乗ると面白く、価格も値ごろ感が出てきており、エリーゼ好きは定期的に気になるモデルのひとつです。しかし、年々市場台数は少なくなってきており特にここまでノーマルを維持した個体はなかなか出てこないと思われますのでそういった意味では大変希少な一台です。

車両はウィザムカーズTOKYO(03-5968-4033)に展示中です。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

▶LOTUS ELISE Standard (Mk2 18K) 詳細ページ

LOTUS Used Car お問い合わせ急増中

現行LOTUS生産終了のニュースに伴い、ユーズドカーのお問い合わせが急増してきました。ライトウェイトとハンドリングにこだわり抜いたLOTUS車は新旧関わらずそれぞれのモデルに魅力を有しています。それだけに一般的な中古車市場に当てはまるような年式等による価格差といったセオリーには当てはまらない稀有なブランドのひとつです。少しでも条件にあった車両が出てきた際は早めのチェックがおすすめかと思います。

今回は弊社LOTUSユーズドカーの中から2017年式【エリーゼ S】をご紹介します。

 


【エリーゼ S】はスーパーチャージャーを搭載した高性能バージョンにあたるモデル。こちらは2017年式、走行距離はわずか400kmというワンオーナーカーです。

 

メタリックペイントオプションの【レーシンググリーン】を纏います。定番的なブリティッシュレーシンググリーン(モノカラー)に比べるとやや明るめのグロスメタリックとなっており、モダンなMk.3のシェイプによく似合います。

 

 

本モデルは1.8リットル+スーパーチャージャーユニットという構成となっており、過去に存在した【エリーゼSC (2008y~2010y)】の後継にあたります。新たなECUに加え水冷式インタークーラー(チャージクーラー)を追加し従来比では40Nmものトルク増加を達成しています。(SC=210Nm < S=250Nm)システム構成自体の重量もほとんど変わらず、また高温時におけるウィークポイントも解消されるという、良いこと尽くめのシステムとなっております。

なお、それら仕様変更に伴い最高出力の発生回転数はSCの8000rpmから6800rpmに引き下げられますが、その分常用域でのエンジンのうまみはより感じられる特性となり性能自体は確実に引き上げられています。

 

ワイヤーケーブルが改善された高年式のトランスミッションはどのギアにもスパッと気持ち良く決まります。

 

低速から非常にトルクフルで扱いやすい特性とはいえ、是非ここはショートシフトではなく4,000回転以上は回してエリーゼS本来の走りを楽しんでいただければと思います。

コンパクトで非常に見切りの良いボディサイズもエリーゼの美点となっており生産終了になった今、ますます希少な存在になると思われます。

▶LOTUS ELISE-S(Mk3) 詳細ページ

SEVENの即納車が充実しています!

本日快晴!冬晴れが大変気持ち良い本日はSEVENの試乗からスタートしました。

とびきり軽いSEVENの走りは一般的なスポーツカーとは次元の異なる楽しさです。ただ、少量生産メーカーゆえに新車の納期に時間がかかることがネックになっている方も多いと思います。

 

現在はスーパーセブンと呼ばれていた以前のモデルから、現行型のSEVENまで即納中古車が大変充実しています。実はWeb上にまだ紹介しきれていない車両もございますので、気になる方はお問い合わせください。

▶即納車リストはこちらから
(お問い合わせ 03-5968-4033 または 048-423-2404 ご来店希望のお客様は必ずお電話にてご予約をお願いいたします。)

 

Used Car入荷速報 – SEVEN270R & Superlight –

ケータハムの人気2車種のUsed Carが入荷して参りました!
どちらも弊社が継続的にメンテナンスをしてきた車両で、コンディションも良好です!


「Caterham Seven 270R」
(2016y / Ford Sigma1.6L / 走行距離17,600km / 車検2年付き)

ソリッドカラーのオレンジにブラックパック & 13inch Apolloブラックホイールのコントラストが精悍な印象の1台です。

「R」はLSD、軽量フライホイール等が標準装備されたスポーツ走行に特化したグレードです。通常エアロスクリーン仕様のグレードですが、本車両はウィンドスクリーン、幌・ドア、ヒーターなど、街乗りやツーリングに嬉しい装備を追加しており、幅広い楽しみ方が可能です。
SOLD OUT

 

「CATERHAM Seven Superlight 」
(1997y / Rover K-Series 1.6L / 走行距離17,050km / 車検R3年8月)

ケータハム超軽量シリーズの先駆けとなったスーパーライトが入荷して参りました。

ケータハム史上最軽量となるスーパーライトはノーズコーンや4枚のウィングにカーボンが使用され、更にはウィンドスクリーン、幌、ドアが無い事はもちろんの事、ヒーターも省かれた軽さにこだわったモデルとなります。
エンジンこそノーマルのROVER Kですが、クロスレシオ6速MTと軽量な車体により、ケータハム史上最も楽しいモデルとも言われています。

車両詳細は近日中に弊社Webサイト上にも公開させていただきます。
また、お問い合わせもお待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせはウィザムカーズ(048-423-2404 または 03-5968-4033)まで!】

究極のロードカー – 2020y LOTUS EXIGE SPORT 410 –

2020y / LOTUS EXIGE SPORT 410
C124 SKY BLUE (LE MANS) MONO(プレミアムペイント)
2GR-FE (416ps / 7,000rpm)  / 1,110kg

2020年2月弊社にて新車販売させていただいたLOTUS EXIGE SPORT 410です。前オーナー様完全屋内保管、雨天及びサーキット未走行。わずか2,600kmという走行距離ですので、内外装及び機関系についてもほぼ新車に近いコンディションの1台です。もちろんメーカー新車保証は2023年2月までたっぷり残っており、安心してお乗りいただくことが出来ます。

 

本車両はフルオーダー車のため、イエローブレーキキャリパー、カーボンファイバーシルカバー、カーボンファイバービナクルトップ(メーターナセル)などメーカー在庫車にはない珍しいオプションが多数装備されています。

 

また、ディーラーオプションについても、後方視界に限りがあるEXIGEには必須ともいえるリアビューカメラ、ナビ、ドライブレコーダーが装着済みです。他にも可変バルブ切替スイッチ※なども装着されています。

 

水冷式スーパーチャージャーモデル(SPORT 410、CUP 430)は4,500rpmまでエンジン回転を上げないと走行モードに関わらずエキゾーストバルブが開かない構造になっていますが、現車は室内で任意切替できるスイッチが装着されています。

 

 

性能についてはサーキット向けのCUPをベースに、究極のロードカーとして開発されたSPORT 410は第三世代EXIGEの完成形といえます。

水冷式スーパーチャージャーを搭載するパワーユニットからは実に最高出力416PS / 7,000rpm、最大トルク410Nm / 2,500rpm – 7,000rpmを発生。低速から効き始めるスーパーチャージャーは過給式ユニットにありがちなもどかしさは一切感じません。

 

内部構造が剥き出しになったエクスポーズドギアシフトメカニズムはその見た目にもインパクトがありますが、410Nmにも及ぶ強大なトルクへ対応するためにギアボックスクーラーと大型クラッチが採用され、それらに伴い従来の構造から刷新し、シフトフィールも大幅に改善されております。ショートストロークでメカニカルなタッチはマニュアルトランスミッションならではの操る楽しさを充分に感じさせてくれます。

 


そして、サスペンションシステムのバージョンアップもSPORT 410の走りに欠かすことが出来ない魅力的な要素のひとつです。CUP 430と同じLOTUS MOTORSPORTによる高性能ナイトロン製3段階調整式ダンパー※、および前後には調整式のアイバッハ製アンチロールバーが採用され、ともにドライバーの細かい要求に応じてカスタマイズでき、クラス最高水準を誇るシャーシの完成度を高めています。(※CUP 380は2段階調整式)

 

※画像は走行イメージ

以上のようにパフォーマンス、アジリティ、トラクションの完璧なバランスの追求、さらにグラム単位の軽量化を図った事による高い俊敏性、それがEXIGE SPORT 410を『究極のロードカー』と呼ぶ理由です。
最小限の電子デバイスに、これほどのハイパフォーマンスを高次元でドライバーが楽しめるクルマは他にありません。

登録車になりますので、費用面でのコストパフォーマンスの高さも魅力。新車だと手が届かないという方もこの機会に是非ご検討ください。不特定多数の人が試乗するデモカー上がりではない点も個人的にはおすすめのポイントです。

▶車両詳細はこちらから

車両はウィザムカーズTOKYO(03-5968-4033)に展示中です。

@TOKYOショールーム 希少モデル展示中

お出かけを控えている方も多いと思いますが、車両の購入を検討されている方へお応えできるよう細心の注意を払い、通常営業を行っております。

現在ウィザムカーズTOKYOショールームでは希少モデルを中心とした展示車ラインナップとなっております。ご検討中の方はこの機会にお越しください。

 

▶ NEW CAR 【LOTUS EXIGE SPORT 350】
C169 DAYTONA BLUE MONO(プレミアムペイント)
新規オーダー完了モデル。貴重な新車即納車となります。

 

▶ USED CAR 【LOTUS EXIGE SPORT 410】
C124 SKY BLUE (LE MANS) MONO(プレミアムペイント)
新車検討の方にもご納得いただけるコンディションのEXIGE SPORT 410。
弊社にて新車販売させていただいたワンオーナー車です。
オプションが多数装備されたハイコストパフォーマンスな一台。

 

▶ NEW CAR【Classic MORGAN 4/4】
Jaguar Primrose Yellow(スペシャルソリッドペイント)
新車で購入できる最後のクラシックモーガン(メーカー生産完了モデル)
プラットフォームシャシーを採用した新型が発売されたことで、かえって
『旧型のラダーフレームモデルが欲しい』という需要が高まっています。
※御成約特典付き。詳細はお問い合わせください。

 

▶ USED CAR【MORGAN PLUS SIX】
Metallic MOONSTONE(メタリックペイント)
走行距離300km!新車と見紛う極上のプラスシックス。
日本国内に5台輸入されたうちの1台ファーストエディションムーンストーン。
二度と手に入らないとコンディションです。

 

店舗へのご来店が難しい方もメールフォームやお電話 (03-5968-4033) にてお気軽にお問い合わせください。なお、ご紹介車両につきましては全て一点ものになりますのでお早めのご検討お願い申し上げます。

※2021年1月24日現在の情報になりますので、今回紹介の車両を拝見されたいお客様はお手数ではございますが、ご来店前に店舗まで確認のご連絡をお願い申し上げます。

Used Car 情報 2019y LOTUS ELISE SPORT 220-II

2019y / LOTUS ELISE SPORT 220-II
2ZR-FE (220ps / 250Nm)  / 924kg

今回は鮮やかなメタリックオレンジのボディカラーがLOTUS ELISEのイメージにぴったりな【LOTUS ELISE SPORT 220-II】をご紹介いたします。

2019年式ワンオーナー、オプション満載、新車保証もたっぷり残った大変コンディションの良い一台です。

 

本モデルは『LESS MASS MEANS MORE LOTUS ~より軽く、よりロータスらしく~』というテーマに基づきフェイスリフトを受けた、MY17.5になります。いわゆる現行モデル(2019年式)です。

大半の自動車メーカーが新しくなるにつれて重量増となるなか、こちらは新型軽量化フロントクラムシェルなどの採用により従来モデルから10kg以上もの軽量化を果たしています。また、デザインに於いてもこのフェイスリフトによりMk.3のやや大人しい顔つきから精悍な印象にリファインされたのがこのMY17.5といえます。

 

【ドライビングフィールも大きく変化】出力等の変更はありませんが、スプリングレートを見直したサスペンションセッティングなどにより、とてもしなやかな乗り味へと変化しています。以前は感じた路面の凹凸等による突き上げ感等は明らかに和らいだ印象を受けます。

 

【迫力の増したエキゾーストサウンド】好みはありますが以前のエリーゼではサウンドにやや迫力が足りないという声も多かったのですが、本モデルはその点をクリアしているといえるでしょう。ちなみに同モデル試乗車もございますので、ご興味のある方はその乗り味も含めて是非お確かめください。

 

【インテリアも一新され非常に魅力的】エクステリアカラーがアクセントになったインテリアカラーパックは人気オプションのひとつです。レザーとファブリックのコンビネーションは上質な中にしっかりエリーゼらしいスポーティさを感じさせる仕立てとなっております。

 

そして、ギアボックスが剥き出しになった【エクスポーズドギアシフトメカニズム】はインテリア最大のポイントといえるかもしれません。もちろん見た目だけの変化ではありません。ショートストローク化されたシフトフィーリングも絶品です。

 

 

SOLD OUT

 

車両はウィザムカーズTOKYO(03-5968-4033)に展示中です。この機会をお見逃しなく!

@TOKYOショールーム MORGAN Plus Six 1月16日より展示開始

明日1月16日よりWitham Cars TOKYOショールームにて【Morgan Plus Six – First Edition MOONSTONE – 】の展示を開始します!

 

 

2019年に世界限定車として発売されたファーストエディション。日本国内には5台のみ存在する、そのうちの大変希少な一台です。

 

 

ボディカラーのムーンストーンメタリックはモーガンを象徴する優雅なエクステリアにとてもよくマッチしており、画像ではその美しさの全てをお伝えする事はできません。

 

 

また、インテリアについてもエクステリアと調和されたブルーレザーインテリア、ダッシュボード並びにセンターコンソールフィニッシュのコントラストはメーカーならではの緻密な計算による非常に美しい仕上がりとなっております。

 

 

現在Plus Sixの納期は1年以上となっておりますので、新車をご検討されている方、すぐにMORGANを楽しみたい方はこの機会をお見逃しなく!(動画のようにベストシーズンでお楽しみいただけます!)

▶車両詳細はこちらから

Used Car入荷速報 – CATERHAM SEVEN 160 (Alum/Black) & (Green) –

今回は2020年最後のUsed Car入荷速報に相応しい特別な車両をご案内いたします。
絶版・入手困難モデルとしてお探しの方も非常に多い【CATERHAM SEVEN 160】のUsed Carが2台入庫してまいりました!

 

2015y / CATERHAM SEVEN 160 / CATERHAM RACING GREEN
SUZUKI K6A  658cc / 走行7,900km / 検2年付

オプションのソリッドペイント、レザーシートなど、S-Packオプション同様の充実した装備が搭載される【SEVEN 160】です。こちらの車両は新車より弊社にて販売、継続的なメンテナンスを行っていただいた素性の良い一台です。走行距離も8,000km未満ということで内外装の状態もよく、もちろんノーマルコンディションとなっております。

SOLD OUT

 

2016y / CATERHAM SEVEN 160 / Alum×Black
SUZUKI K6A  658cc / 走行14,000km / R3年6月

スタンダードなアルミ無塗装ボディの佇まいが魅力的な【SEVEN 160】です。こちらもフルウインドスクリーン+ソフトトップ・ドア、ヒーターなどのオプションが装備済みですので、ツーリングを快適にお楽しみいただけます。セブンといえばアルミ地というこだわりのある方はこちらがおすすめです。ご希望によりアルミ地のミラーフィニッシュ加工も承ります(別途)。

▶詳細はこちら

上記車両の詳細、お問い合わせにつきましてはウィザムカーズ(048-423-2404 または 03-5968-4033)まで!

【年内限定】クーポン付『Used Car Final Sale 2020』

年内限定のお得なクーポン付『Used Car Final Sale 2020』引き続き開催中です!

クーポンの使い道は自由!納車前の『ボディコーティング』や『オイル交換』または納車前モディファイなどにお使いいただいてもOKです!

 

 

2016y / LOTUS ELISE SPORT
1ZR-FAE (136ps / 160Nm)  / 866kg
車両本体価格 510万円(税込) +スペシャルクーポン5万円

今回はクーポン利用におすすめの一台【LOTUS ELISE SPORT】をご紹介します。

 

全体的に使用感の少ないとても綺麗なお車です。-ということはもちろんですが、なんといってもおすすめポイントは自然吸気エンジン(1ZR-FAE)を搭載した貴重なエリーゼであるということ、これに尽きると思います。かつ【ELISE SPORT】は、その1ZRエンジン搭載車の中でも完成形に近いモデルとなっており、シフトフィールの改善やスポーツDPM&スポーツサスペンションの採用により非常に俊敏で一段と軽い走りのELISEとなっております。実際部品の見直し等でカタログ値は900kg⇒866kgまで軽量化されています。

 

内外装・機関ともにほぼオリジナルの状態を保っており素性も良いです。
ただし、ホイールのみ通常の12スポークアルミホイールから、ELISE-SC、ELISE-S(2ZR)、SPORT220-Iに装備されていた変形6スポーク・ハイパーシルバー・アルミホイールに換装されています。これは上位グレードに装備されていたホイールなだけにデザインも非常に凝っておりますので、どちらかというとプラスポイントになると思います。

 

その他にもスポーツシートとハーフレザー仕上げのインテリアなどELISEらしい硬質な雰囲気を保ちながら、質感の向上に成功している一台です。
クーポン利用でサクラムのスポーツエキゾーストを付けても良いかもしれませんね。

>> その他 Stock Car List はこちらから

ウィザムカーズTOKYO(03-5968-4033)までお気軽にお問い合わせください。