Used Car 入荷速報 – CATERHAM SEVEN620R –

CATERHAM史上最速のモデル、SEVEN620Rが入荷しました!車重545㎏/310PS/0-100㎞/h 2.8sと言う過激なスペックは比肩するクルマがなく、唯一無二の存在ですが、現在は生産終了となってしまいました。

弊社で新車で納車したワンオーナーの車両で、走行は1,100mileです。状態の良さはもちろんですが、620R自体生産台数は極めて少ないモデルですから、お探しの方はお見逃しなく。



Used Car 入荷速報 – Morgan Plus Four –

MORGAN PLUS FOURが入荷しました!

新設計のアルミ接着シャシーに 2.0リッターBMWツインパワーターボエンジンを搭載し、最大出力は258ps。MORGANクラシックレンジの雰囲気を色濃く残したボディに反してかなり刺激的なキャラクターのクルマです。

本車両は6速マニュアルトランスミッション搭載、走行距離は1,500㎞弱。メタリックアイスブルーのボディにネイビーブルーの幌が印象的な1台です。

今週末には練馬ショールームに展示予定。ぜひ間近でMORGANの魅力に触れて見てください。


@TOKYOショールーム展示車両紹介 (2021/09/19)

現在ウィザムカーズTOKYOショールームでは厳選したLOTUS・CATERHAMを展示・販売中です。

全ての車輛は正規ディーラーである弊社独自の基準による整備作業を行います。本来の性能を存分に引き出し、ライトウェイトスポーツカーならではの軽快な走りを楽しめる状態でご納車させていただきます。

 


CATERHAM 1.8K SUPER SPORT
今見ると新鮮なフレアードウイングを装着した90年代のモデルです。ルビーレッドマイカにシルバーノーズバンドペイントのボディカラーも雰囲気にとても良く似合っています。
ただ、なんといっても4スロットル化によるダイレクトなスロットルレスポンスと豪快な吸排気音が本車両の最大の魅力だと思います。
▷車両詳細ページへ

 

CATERHAM SEVEN SUPERLIGHT 1.6
その名の通り、もともと軽量なセブンをさらに軽さを突き詰めたのが本モデルです。後年同グレード名のセブンも登場していますが、こちらはオリジナル。軽量なカーボンファイバーコンポジットパネルにサーキットユースに耐える強化パーツの数々は純粋に走りを求める方にぴったりな一台です。
▷車両詳細ページへ

 


LOTUS ELISE S (2ZR)
Mk.3エリーゼのスーパーチャージャー搭載モデルです。ややアグレッシブなデザインのMk.2から、Mk.3では落ち着いた雰囲気へと変更されましたが、これはイタリア人デザイナーの手によるものです。こちらのアイソトープグリーンは日本国内では僅か8台のみという希少車です。内外装のコンディションも良くおすすめです。
▷車両詳細ページへ

 


LOTUS ELISE SPORT 220-II
2017年後半からフェイスリフトを受けた後期型Mk.3エリーゼスポーツです。フロントマスク、リアデザインが変更されています。その他にもインテリアのシフトゲートデザイン、エキゾーストサウンドなどが変更されています。
すでに新車の生産が終了しており、人気が集中しているモデルです。同条件のクルマはなかなか出てこないのでお早めにご検討ください。
▷車両詳細ページへ

 

もちろん全て即納車となっておりますので、これから迎える絶好のドライビングシーズンから楽しむことが出来ます。

【車輌お問い合わせ先】
ウィザムカーズ
〒179-0071
東京都練馬区旭町1-21-10
TEL:03-5968-4033

Austin Cooper-S

Austin Cooper-S が入荷しました。間もなくWebにて詳細をご紹介予定ですが、掲載前にご成約となってしまうことも多々あります。気になる方はまずお問合せください。


LOTUS ELISE SPORT 220-II 残り1台!

先日Used Car入荷速報にてご案内しました 2台の LOTUS ELISE SPORT 220-IIですが、早くもメタリックオレンジの車両が売約となりました。連日非常に多くのお問い合わせと反響を頂き誠にありがとうございます。

 

本日2021年9月12日現在メタリックホワイトの車両がご案内可能です。
▶LOTUS ELISE SPORT 220-II (メタリックホワイト)

生産完了後ますます関心が高まりつつあるロータスエリーゼですが、新車が購入できなくなった今、中古車市場で最も人気の高いモデルがELISE SPORT 220-IIといえるでしょう。

 

 


◆エクスポーズドギアシフトメカニズムはMY17.5のみ

Mk.3後期型にあたるSPORT 220-IIは、熟成に熟成を重ねた最終版ということでエリーゼの肝といえる走行性能をはじめ、エクステリア&インテリアの質感も向上しているのが最大のポイントです。

 

通称MY17.5といわれている通りMk.3後期型は2017年後半の販売開始からわずか3年程度で生産を終えていますので、歴代エリーゼシリーズの中でも総生産台数は非常に少な目となっております。

今回タイミングよく2台の車両が入庫となりましたが(1台は売約済)、時間が経過するほどコンディションの良い個体を見つけることは難しくなってくると思われます。どうしてもSPORT 220-IIが欲しいという方は是非この機会をお見逃しなく!

※今後ELISE SPORT-II、ELISE SPORT 220-IIの入庫予定はございません。

▶ELISE SPORT 220-II (M.ホワイト)車両詳細情報はこちらから

【車両お問い合わせ先】
LOTUS練馬 / ウィザムカーズ
〒179-0071
東京都練馬区旭町1-21-10
TEL:03-5968-4033

 

LOTUS EXIGE NA

LOTUS EXIGE NAのUsed Carを間もなくWebにてご紹介予定です。ただいま掲載前の点検をしておりますが、気になる方はまずお電話ください。

Used Car入荷速報 – LOTUS ELISE SPORT 220-II -(2台)

人気の後期型フェイスリフトモデル エリーゼスポーツ220-II が2台入庫してまいりました。どちらもワンオーナー 弊社管理 コンディション抜群の車両となります。

2018y / LOTUS ELISE SPORT 220-II
ボディカラー:メタリックホワイト(オプションカラー)
オプション:インテリアカラーパック(メタリックシルバー)、コントラストステッチ(シルバー)、ブラックパック(12スポークブラックAW)

 

2020y / LOTUS ELISE SPORT 220-II
SOLD

どちらもエリーゼの雰囲気にとても良く似合うボディカラーとオプションを組み合わせた間違いない車両です。
SPORT220-II はエクステリアデザインやエクスポーズドギアシフトメカニズムなど、最終型に相応しい注目のディテールが満載で、市場には滅多に出てきませんのでお探しの方はお早めにご検討ください。

※車両は2店舗間を移動していますので、現車確認、商談をご希望の方は必ず事前のご予約をお願いいたします。

LOTUS練馬 / ウィザムカーズ
〒179-0071
東京都練馬区旭町1-21-10
TEL:03-5968-4033

CATERHAM 1700GTS

CATERHAM 1700GTSが入荷しました。クラムシェルフェンダーにスペアタイヤキャリア、ロールバーレスの渋い仕様です。ただいま点検と整備を進めており、近日中に詳細を掲載予定です。Webでご紹介前にご成約となってしまうことも多々ありますので、まずはお問合せ下さい。


ロータス、ケーターハムお探しの方はリクエストオーダーもご利用ください

人気モデルの生産終了に伴いロータスやケーターハムの中古車に注目が集まっています。市場の販売台数や価格推移をご覧になれば一目瞭然ですが、人気は衰えるどころか勢いを増しているようにさえ思えます。

随時車両が入庫している弊社でも最近は車両情報が公開される前に売約となってしまうことが多くなってきています。

・コンディション重視
・価格重視
・自分の使い方にぴったりな一台を探して欲しい
などなど、お探しのモデルや希望がある方は是非中古車リクエストオーダーをご利用下さい。

▶中古車リクエストオーダーはこちらから

今からロータスやケーターハムを楽しみたいという方もまだまだ間に合います。

 

リクエストオーダーより過去に販売された車両です(一部)

なお、引き続き高価下取・買取も行っていますので、車両の売却、乗り換えをご検討されている方はお気軽にお声掛けください。

ウィザムカーズ
〒179-0071
東京都練馬区旭町1-21-10
TEL:03-5968-4033

Used Car 入荷速報 SEVEN1600&1700

キャブレター世代の2台のSEVENが入荷して参りました。
画像左は以前紹介した1600㏄のKENT E/G 5MTの1600GTSです。
画像右は入荷したてでこれから車両チェックを控えてたクラムシェルフェンダーの1700㏄ KENT E/G 4MT 1700GTSです。
どちらも未だUSED CARページではご紹介しきれていない2台となります。
KENT E/G世代では1700SSと言うモデルがメジャーでは御座いますが、今回の2モデルもそれぞれ非常に興味深い仕様となっています。
トップ画像左の1600は何と言っても5速ミッション!と言うところに拘りを感じます。通常1600㏄モデルでは4速MTが基本となっています。高速道路での移動を考えるとオーバードライブギヤ付の1600㏄に当時憧れを持っていた方も多いのではないでしょうか。
走り屋気質な1700SSではなく、あえてツーリング派の方は1600をチョイス!なんて通な大人の車選びも良いかと思います。
そしてトップ画像右の1700はクラムシェルフェンダーとレヴォリューションホイールでクラシックに纏まった1台となります。こちらの車両にブルックランズ・レーシングスクリーンを装着し、更にクラシックスポーツに仕上げたらカッコいいだろうな。。。とか想像してしまいます(^^♪

1600GTSの詳細は近日UP予定。
1700GTSはまだ少し先になる予定。
詳細を案内する前に売り切れてしまう場合もありますので、気になる方は一度スタッフまでお問合せ下さい。