ケータハム・セブン160(Used Car)展示開始!@TOKYO

先日SAITAMAブログにてご紹介させていただいた、ケータハム・セブン160の Used Car がウィザムカーズTOKYOにやってきました!!
深いグリーンのボディにコニャックブラウンのレザーインテリア、そして軽自動車の黄色ナンバーも良く映えます。

年式は2014年、走行距離も7,400km程で低走行です。
元々は弊社のコンプリートカスタム車の見本として制作した車両でして、新車時より弊社にてメンテナンスを行ってきた履歴のしっかりした車両です。

ウィンドウスクリーン、幌、サイドドア、ヒーターなどが付属しているところを見ると、「セブン160S」かと思われがちですが、ノーマルグレードの「セブン160」でして、そこにあとからオプションを追加していっています。
トノカバーも付属しますので、車両の保管の際などにも重宝します。


大きな変更点としては、まず、インテリア(シート&センターコンソール)をO-Leatherと呼ばれる耐候・耐水レザー(本革)に張り替えている点です。

従来の本革で、車用として比較的優れた素材であっても、雨や紫外線、高熱に晒されるオープンカーのコクピットは過酷で、徐々に固くなってきてしまうという弱点がありました。

それに対してO-Leatherは、耐候性・耐水性どちらを取っても、一般的な耐水レザーはもちろん、耐久性の高いケータハム純正PVCシートと比べても、優れた実験結果を残しています。

ちなみに、ロールバーにアクセントを加えているグリーンのレザートリムもO-Leatherです。

足回りにもこだわりのモディファイを加えています。

まず、ホイールを14インチ・スチールホイールから、クラシックな見た目の13インチ・アルミホイールに変更しています。
これによりタイヤ+ホイール4本で合計約8kgものバネ下重量の軽量化が実現しています。
また、インチダウンするとともにエアーボリュームのあるタイヤを履かせることで、乗り味も向上されます。

軽量化&エアーボリュームUPによる効果は絶大で、純正より2ランク上の乗り心地と、楽しんでアクセルを踏む為に必要なコントロール性が向上し、さらに楽しい車になっています。


サイドミラーはオーバル型のフォールディングミラーに換装し、よりクラシックな見た目と視認範囲の向上がなされています。

ステアリングにモトリタが採用されている点がノーマルグレードの名残といえますが、「セブン160S」に採用されているMOMOステアリングよりもクラシックな見た目となっており、ミラーやアルミホイールなどの仕様ともマッチしています。

ケータハム・セブン160は、軽自動車規格ということもあり、発売以来大人気の車両でしたが、惜しまれつつも昨年生産終了となってしまいました。
中古車としても流通量は少ない車両ですので、気になる方は是非お早めにご検討くださいませ。

桜に間に合う!? SEVEN 160 入荷!

惜しまれつつも昨年生産が終了してしまったSEVEN 160のUsed Carが入荷いたしました!

元々は弊社のコンプリートカスタム車のデモカーとして製作した車両であり、新車時からの履歴も明確です。見た目だけでなく、走りの面でもSEVEN 160の楽しさに磨きをかけた1台となっています。


運転席・助手席とセンタートンネルはブラウンの防水レザー(本革)に張り替えています。ロールバーに巻いたワンポイントのパッドも同様の防水レザーです。
前後ともにアラゴスタサスペンションに換装。純正のビルシュタインダンパー以上の乗り心地と、路面への追従性は、ツーリング派の方にもスポーツ走行派の方にもオススメです。

8スポークアルミホイールはクラシックな見た目だけではなく、「楽しんでアクセルを踏める」ように13インチにインチダウンし、エアボリュームのあるタイヤを履かせています。さらにタイヤ+ホイール4本で約8kgものバネ下重量の軽量化にもつながっています。

すぐにご成約いただけば、桜のシーズンに間に合うかも!?(^^  お問い合わせはお早めにどうぞ!

Used Car入荷速報 – LOTUS ELISE S (Mk.2) –


「LOTUS ELISE-S (1ZZ) 」アークティックシルバー (2010y / 21,000km)

MK.2最終型2010年式・ワンオーナー車両が入庫いたしました!

アンダー900kgの軽い車体に中低速域から厚いトルクが発生する扱いやすい実用エンジンを組合わせ、街乗りからワインディングまで存分に楽しむ事が出来るMk.2 ELISEのベーシックグレードです。


第2世代ELISEには『S』(NA 136ps) の他に『R』(NA 192ps)『SC』(SC 220ps)と合計3つのグレードが展開されていましたが、『ELISE』のコンセプトに最も忠実な一台を選ぶとするならば、こちらの『S』で間違いないでしょう。

現車は新車より弊社にてメンテナンスされてきましたワンオーナー車両です。基本的にノーマルコンディションを保っておりますが、対策ラジエターに換装されていたりと、安心してお乗り出しいただける一台です。

『ELISE』本来の走りをより引き出すようなウィザムカーズならではの整備のうえ、ご納車させていただきます。

詳細情報掲載前にご商談も可能ですので、気になる方はお早目に『ウィザムカーズTOKYO』(03-5968-4033)までお問い合わせ下さい。(新井)

Used Car pick up! – CATERHAM 1600GTS –

Witham Cars SAITAMAで展示中の1600GTを詳しくご紹介したページを公開しました。以下の画像をクリックしてリンク先をご覧ください。

この車両の魅力は、コンディションの良さはもちろんなのですが、新車から現在までの履歴が明確という点です。

実はこの車両のファーストオーナーはウィザムカーズのスタッフであり、自身のために新車でオーダーしたもの。4速が標準の1600GTに5速ギアボックスが積まれているのも、新車時にその仕様でオーダーしたもので、後から載せ替えたものではありません。

ファーストオーナーの元を離れた後も、弊社のお客様が大切に乗り継いできてくださった1台です。整備の履歴の殆ども弊社に残っております。

この車両に関するお問い合わせやお見積りは、048-423-2404までお問い合わせください。

 

Used Car入荷速報 – LOTUS ELISE SuperCharged (Mk.2) –


「LOTUS ELISE SC (Mk.2)」(2008y / 66,000km)

本来の軽さに加え、スーパーチャージャーを得たことでよりパワフルな走りを手に入れた、Mk.2 ELISE最強グレード『ELISE SC』が入庫いたしました。

間もなくデビューより10年目が経とうとしている本モデルは中古車市場でも複数オーナーといった車両が多い中、こちらは希少な『ワンオーナー』車両です。(弊社にて新車より整備管理車両)


走行距離は約66,000kmに及びますが、弊社にてしっかりメンテンナンスされてきた車両になりますので、まだまだ充分に楽しんでいただけます。また比較的こなれた車両本体価格でのご案内となりますので、その分追加リフレッシュ整備やモディファイに費用を充てれば、より充実した『ELISEライフ』を始めていただく事も出来ます。(ご相談下さい!)


ラジエターもアルミ製の強化対策タイプに換装済みです。


『ELISE』唯一の過給機付きモデル(次世代2ZRエンジン搭載モデルにそのシステムは継承されました)。すでに『EXIGE』に与えられていたスーパーチャージャーとは異なり、インタークーラーを必要としないインテークマニフォールド一体型Eaton社製のユニットを用いる事で『ELISE』の限られたスペースでのスーパーチャージャー搭載を実現。また、性能としては同2ZZユニット搭載の自然吸気『ELISE-R』に対し0-100km/h加速は0.8秒も上回る4.6sec.でこなします。MAX8,000rpm(許容8,500rpm)という高回転型2ZZ-GEにスーパーチャージャーというパッケージングにあらためて魅力を感じられる一台です。


ノーマルコンディションを保っているというのも、素性の良さを判断するうえでの重要なポイントです。初度登録より約10年経過していますが、フィンの色褪せ、ゴムモールの劣化もあまり見られません。


2月も終わりにさしかかり春の訪れも感じられるようになってきました。これから迎えるツーリングシーズンにすぐお乗り出しいただける魅力的な一台。中古市場での台数も非常に少ないモデルになりますので、気になる方はお早めのご検討をお願いいたします。

現車は『ウィザムカーズTOKYO』(03-5968-4033)に展示中です。お問い合わせお待ちしております。(新井)

Used Car入荷速報 – SEVEN 270S –


「CATERHAM SEVEN 270S」(2017y / 6,700km)
ワンオーナーのSEVEN 270Sの入荷です!

新車の場合、オーダーから納車まで期間をいただくのですが、この車両ならば今春のツーリングシーズンにも十分に間に合います!

一見スタンダードなソリッドなブラックとアルミのSEVENの様ですが、この車両にはお勧めオプションのワイドトラックフロントサスペンションが装着されているのがポイント。フロントのスタビリティが大きく向上するワイドトラックは、個人的にもSEVENをオーダーするならば、ぜひ追加したいオプションの一つです(^^

ホイールは13インチのApolloが装着されています。14インチの8スポークもSEVENらしくて良いものですが、バネ下重量を軽く出来る14→13へのインチダウンもまたCATERHAMでは定番ですね。

もちろん幌・ドア・ヒーターも付属しておりますので、ツーリング先での急な天候の変化も安心。将来的にレーシングスクリーン装着等のモディファイを楽しむのもいいのではないでしょうか?

弊社で販売した車両ですので、その点もご安心いただけると思います。

実はインジェクション世代のSEVENの中古車は時々入庫するのですが、こうしてご紹介する前に嫁ぎ先が決まってしまうことがほとんどなのです。

ベストシーズン直前という最高のタイミングで入庫したこのSEVEN 270S!迷っているとあっという間にSOLDになる可能性大です。048-423-2404までまずはお問い合わせください!

Used Car入荷速報 – LOTUS ELISE SPRINT (1ZR) –


「LOTUS ELISE SPRINT」(2018y / 1,500km)ほぼ新車レベルのUSED CARが入庫いたしました!鮮やかなソリッドイエローにカーボンのコンストラストが映える一台です。

すでに新車で選択する事が出来ないTOYOTA 1ZRユニット搭載の『SPRINT』モデルです。なお、こちらフェイスリフトMk.3 ELISEの1ZRユニット搭載モデルの販売期間はわずか3ヶ月と非常に短く、大変希少です。

各部にリアルカーボンが奢られた超軽量『ELISE SPRINT』の車重はわずか830kg!(通常グレード比70kg減)ちなみに、これはROVER 18K スタンダード Mk.2 ELISEと同じ車重になります。また、0-100km/h加速については通常グレードから0.3秒も上回る6.2秒でこなし、軽さによってもたらされる運動性能の向上はまさにLOTUSの基本コンセプトそのものを体現しているといえます。(軽さがこれほどまでにドライビングの楽しさにつながるのか!と必ず感じていただけるはずです。)

『ようやく慣らし運転が終わった』というほどのコンディションになりますので、状態にこだわる方もご納得の一台です。(新井)

SOLD OUT

Used Car入荷速報 – EXIGE-S V6 –


「LOTUS EXIGE-S(V6)」(2014y / 26,300km)のUSED CARが入荷いたしました!
鮮やかなソーラーイエローがEXIGEのロー&ワイドなボディによく映えます!


パワーユニットには3.5LのTOYOTA 2GR-FEエンジン + Super Charger を採用しており、MAX350psを発揮!
徹底的に贅肉を削ぎ落としたアスリートのようなボディに、ロータスならではのオンザレールのハンドリングとV6の瞬発力で、街乗りからサーキットまで幅広く楽しめる1台です。


インテリアには、ロータスオリジナルのレザーシートを採用している点もポイントです。
また、センターコンソールやドアインナーパネルにも同じくレザーを採用し、それぞれ黄色いステッチが良いアクセントになっています。


今回ご紹介した車両以外にも、多数のUSED CARが入荷してきています!
順次ご紹介させていただきますので、お楽しみに!

尚、USED CARはWebサイトでご紹介させていただく前にご成約となってしまう場合があります。
もし気になる車両がありましたら、お早めにご検討いただければ幸いです。

ELISEのロードリーガル・モデル『ELISE 250CUP』のご紹介

本日はTOKYOショールーム展示中、日本国内未導入『LOTUS ELISE 250CUP』をご紹介いたします。

ご覧の通り申し分のないコンディションの車両です。今回は本モデルならではの装備品や仕様についてピックアップいたします。

まず、モデル名に与えられた『CUP』の称号通り、圧倒的なダウンフォースを生み出す大型リアウィングをはじめとした空力デバイスの数々が、まさにロード・リーガルと呼ぶにふさわしい雰囲気を醸し出しています。

ちなみに160km/h走行時、『ELISE』ではわずか数kg程度といわれるダウンフォースは『250CUP』では66kg、最高速時では155kgにまで及びます。
よって、先例にない高い安定性能を手に入れました。

また、初動トルクの立ち上がりの早さといい、”250”の数字が指し示す通りベースモデルに対して約30psの出力アップも、はっきりとした違いにて体感する事が出来ました。

さらに、サーキットに特化した本モデルはエアコン・オーディオといった快適装備はもちろん、ソフトトップまでもが選択式オプションとなります。しかし、これら全て本国オーダー時に装備済みの為、通常の『ELISE』と変わりない、ストリートでも存分に楽しんでいただける仕様となっております。

一般市場に出回る事が無い希少モデルに加え、マイレージは4,800マイル (約8,000km) とエンジンのアタリがちょうど出始めた非常に良いコンディション。また、サーキット未走行・ワンオーナーという好条件も揃った、今後まず出てこない一台と思われます。

近年のLOTUS車の中でも特に『尖った』モデルになり、例えば高年式の『Mk.2 EXIGE』などのモデルレンジを狙っている方にも十二分にご検討いただいて間違いの無いといえます。(新井)

SOLD OUT

USED CARピックアップ!「ロータス・エリーゼ1.6」!!


先日ウィザムカーズTOKYOにやってきた車両のうち、
『LOTUS ELISE-1.6』をご紹介させていただきます。

2012年登録走行距離8,700kmのこの車両、エクステリア、インテリアともに優れたコンディションを維持しており、シートにもまだ張りが感じられます。
アスペンホワイトの清廉なカラーリングが、Mk.3世代の現代的なデザインともマッチしていますね。

また、コンディションの良さだけでなく、ノーマル状態を維持しているのもおすすめのポイントです。
そのまま乗っても良いですし、足回りや給排気系など、自分なりに少しずつ手を加えていくのも面白いですね♪

Mk.3世代のエリーゼのベーシック・グレードとなるこのモデルは、1.6Lのトヨタ1ZR-FAEエンジン(NA)を搭載し、MAX136psを発揮。
低回転域から高回転域に至るまでの滑らかな加速も特徴です。

現行のエリーゼ・スポーツ220Ⅱ等に搭載されている1.8Lのトヨタ2ZR-FEエンジン(+スーパーチャージャー)と比較するとMAXパワーは劣りますが、低中回転域ではそれほど差は感じません。
スーパーチャージャーのエクストラパワーももちろん魅力的ですが、自然吸気エンジンならではのリニアな操作感や軽量さも根強い人気があり、限られたパワーを使い切って走る、エリーゼの王道な走りが楽しめます。

1ZRエンジン搭載のエリーゼは、生産終了から1年近く経ちましたが、今後段々と状態の良い車輌は減っていきます。
コンディションの良い「エリーゼ 1.6」をお探しの方は、どうぞお早めに~!