セブンライフのはじまり – CATERHAM SEVEN 270R –


絶好の納車日和に恵まれた本日、CATERHAM SEVEN 270Rを納車いたしました。2021年4月に入り初の納車です。

お客様は以前弊社にて新車販売させていただいたロードスポーツ300でセブンライフを楽しまれていた方です。その後手放されてしまったのですが、やっぱりセブンの楽しさが忘れられない!ということで今回再びセブンオーナーに返り咲きました。

 

こちらのSEVEN 270R、実は先月入庫してきたばかりのUsed Carでちょうど入庫速報ブログをアップしようとしていたところタイミングよくお客様がご来店になり、そのまま御成約をいただきました。(人気モデルは今回のようにご紹介前に売約となることは多々あります。いち早く情報が欲しい方はまずはお問い合わせください)

また、『今度乗るならサーキットメインでR-Packかな』と考えていたようで、滅多に入庫するようなことのないR-PackのSEVENとまさに運命的な出会いを果たされました。

 

安心の弊社管理車両、完全屋内保管、走行距離は2,600km未満という素晴らしいコンディション。加えてメーカーおよびディーラーオプションも充実しているとても魅力的な一台です。

【装備オプション】
・ケーターハムイエロー(ソリッドペイント)
・フルデカールパック(ブラックトリプルストライプ)
・ウインドスクリーン・幌・ドア
カーボンフロントウイング+ボディ同色ペイント
カーボンボウチューブプロテクタ
サイレンサーヒートガード
・4点式レースハーネス
・コンポジットレースシート+シートパッド
・リムーバブル式ステアリング
バッテリーマスターカットオフスイッチ
・ヒーター
トノカバー
LEDヘッドライト
・12Vアクセサリソケット増設
・ETC2.0車載器

 

今月は大型連休もありベストシーズンですね。楽しいセブンライフを末永くお送りいただければ幸いです。

この度もありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

ボディカラー選びのヒント

ボディカラー選びこそ新車購入の醍醐味のひとつと考える人は多いと思います。

カタログ以外に今はカーコンフィギュレーターなどで簡単にシミュレーションが出来る便利な時代になりました。

ーとはいえ、実際に実車のカラーを確認するということは難しいことと思います。弊社では主にLOTUS、CATERHAM、MORGAN、3ブランドの取り扱いを行っておりますが、その中でもCATERHAMは特別なカラーサンプルというものがなく、商談の際に質問を受けることがあります。

 

しかし、CATERHAMはパワートレインをはじめとして様々なサプライヤーから一台のクルマが成り立っているように、ボディカラーに関しても一部他メーカーのものをサンプルとしており、身近なところで参考にすることが出来ます。

今回は現行モデルに採用されているカラーのみになりますが、その一部をご紹介します。元になっているメーカーモデルから仕様決めのヒントが見つかるかもしれません。

 

– Premium Paint –





 


– Exclusive Paint –









無難なカラーも良いですが、新車オーダーではせっかく選べるのですから是非個性的なペイントカラーにもチャレンジしてみてください。

CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス – シフトリンケージ –


コンプリートメンテナンスの様子をご紹介してきたCATERHAM BDRが間もなく納車の予定です。
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス1
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス2
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス3
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス4
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス5
CATERHAM BDR コンプリートメンテナンス6

最終チェックを兼ねた試走をしていたところ、メカニックがシフトに若干の違和感を感じました。通常開ける機会は少ない箇所なのですが、念のためにセンタートンネルを外し、シフトレバー周りを分解します。

すると、シフトリンケージの樹脂パーツが経年劣化で傷んでおり、それがシフトフィールに影響を与えていたようです。

写真左側が今回の原因となっていたパーツです。経年劣化で脆くなり、本来の機能をはたすことが出来なくなっていました。右側が急遽手配した新しいパーツです。

パーツを組み込み

センタートンネルをもとに戻して完了。このまま進行すれば変速出来なくなる可能性もありましたので、納車前に発見・対処が出来て一安心です。

週末の納車を楽しみにお待ちください。

FACTORY リフトを増設しました

本日のWitham Cars FACTORYではリフトの増設工事が行われました。

従来の設備に加えて。。。

新たにもう一基のリフトが加わり、これまで以上に円滑な整備作業が可能な体制が整いました(^^

 

@TOKYOショールーム 展示車両入替情報 CATERHAM SEVEN 160


2016y / CATERHAM SEVEN 160
SUZUKI K6A 0.66L (80ps/7,000rpm)  / 490kg / 14,000km / R3/6

TOKYOショールームに【ケーターハム セブン 160】のUsed Carが入庫しました。SUZUKI製660ccエンジンを搭載し、日本の軽自動車規格に準拠する人気のセブンです。

軽自動車とはいえ輸入車のケーターハムは国内馬力規制に縛られることはありませんので最高出力は80ps(最大トルク107Nm)を発生、軽量コンパクトなパワートレインのおかげで車重はわずか490kgに収まります。そのため6.13kg/psという非常に優秀なパワーウエイトレシオを叩き出します。(参考にロータスエリーゼ1ZRが6.62kg/psになりますので、いかに優れた数値なのかがお分かりいただけると思います)

 

 

ベースエンジンのK6Aは単体で60kg程度。ご覧の通り非常にコンパクトなエンジンになります。※弊社オリジナルのバッテリーステーを装着していますので、汎用バッテリーが使用できます。

 

 

前述の通り軽自動車規格という経済性の高さも人気のひとつですが、やはり軽い操作系を含めて気軽に乗れるというのは大きな魅力だと思います。タウンユースでも扱い切れるパワー感をはじめ、155という細めのタイヤ、約10cm狭まった全幅はスペック以上に身近な存在に感じられます。

パワーではなく、軽さがもたらす160特有のスピード感と楽しさは初期セブンのパイオニア精神を最も体現しています。このコンセプトを気に入って購入されている方が多いのも頷けますね。

 

 

現車はベアアルミボディにグラヴィティーブラックのコンポジットパネルを組み合わせたベーシックな仕様です。

個体差のあるアルミボディの状態も良く、内外装共に顕著な傷やいたみは見られずオリジナルコンディションを維持しています。

 

 


オプションは【フルウインドスクリーン・幌・ドア】【ヒーター】【アクセサリー用12Vパワーソケット(イグニッション連動)】【ETC】が装備されておりますので、納車したその場からツーリングを楽しめます。

 

 


今ならゴールデンウィーク前の納車も間に合います。
元々台数の少ない車両になりますので、気になる方はどうぞお早めにご検討ください。

車両の詳細につきましてはウィザムカーズ(03-5968-4033 または 048-423-2404)までお問い合わせください。

▶CATERHAM SEVEN 160 詳細ページ

 

 

Used Car 入荷速報 – Caterham Seven Super Sprint (Zandvoort)

2020y / Caterham Seven Super Sprint (Zandvoort)
Suzuki K6A 0.66L (96ps/7,000rpm)  / 490kg / 1,300km / R5年4月

SOLD! ご成約ありがとうございました

ケーターハムセブンスーパースプリントのUsed Carが入庫しました。
弊社にて新車販売、メンテナンスを行わせていただいたワンオーナー車両になります。完全屋内保管、走行距離約1,300kmという極上の一台です。

Suzuki製0.66Lターボエンジンを搭載して日本の軽自動車規格に準拠した【SEVEN 160】をベースに、60’sのクラブマンレーサーの雰囲気に仕立てた特別仕様車です。日本国内ではわずか限定60台のみが導入され即完売となった超希少車になります。

 

ケーターハムワークスレーシングがチューニングしたK6Aターボエンジンはベースモデルから16ps引き上げられた96psを発揮(ベースモデル比20%UP)。さらに機械式LSD、フロントアジャスタブル式サスペンション、リアライブアクスル式サスペンションにはAアーム方式が標準採用され、エンジンスペックに合わせた各部パフォーマンスの向上が図られています。

 

本車両はオランダのサーキット・ザントフォールトをモチーフにしたカラースキームZandvoortになります。まさに60年代を彷彿とさせる淡いグリーンはヴィンテージ感にあふれたペイントカラーです。

セブンスーパースプリントは新車注文当時全6色あるカラーの中から購入者が自由に選択出来ましたが、こちらのZandvoortはその中でも非常に希少なカラーのひとつとされています。

 

潔いブルックランズ・レーシングスクリーン仕様になります。フルウインドスクリーンとレーシングスクリーンをコンバージョンできるスタンションも存在しますが、やはり比べてしまうとこちらのボディ直付けレーシングスクリーンとでは趣きが異なります。

スーパースプリントは60年代のレーサーモデルというバックグラウンドをモチーフにしているだけあり、このブルックランズ仕様がとても良く似合い、実際に好まれる方が多いです。

 

エクステリアのみならず、インテリアに関してもこだわりの仕様が特徴。
・12″モトリタ製スポーツウッドステアリング
・シフト&ハンドブレーキレザーゲイター
・特別ダッシュボード
・シリアルナンバービルドプレート
・SMITHS製メーター&ゲージ
・バッテリーマスタースイッチ

 

・英国ミュアヘッド製 スコティッシュリアルイネス・タンレザーシート
(CATERHAMクラシックタイプロゴエンボス+ダイヤモンドキルトステッチ)

 

クリームエクステリアパイピングの入ったスーパースプリント専用モヘアトノカバーが装備されます。(新車当時オプション価格 ¥60,500)

ドライバーズシート、ナビシートはファスナー式のセパレートになります。

 

テール&ターンシグナルランプはオールドルーカスタイプのもの。
左側リアウイングには本モデル Zandvoort サーキットのコース図を模したデザインデカールが貼られます。

 

新車販売が終了しているべースモデルのSEVEN160も中古車市場では流通台数がとても少ないですが、スーパースプリントはさらに少ない特別仕様車ということもあり、すでにコレクターズアイテムとしての希少価値が高まっています

お探しの方は是非ご検討下さい。お問い合わせお待ちしております。
お問い合わせ先:ウィザムカーズ(048-423-2404 または 03-5968-4033)

【SEVEN SUPER SPRINT】解説動画

デカールで雰囲気を一新!- CATERHAM SEVEN 160 –

SEVEN 160にストライプのオーダーを頂きましたので、ご紹介いたします。

実車とカッティングシートの色見本を見ながら、配色・デザインをご検討いただき、最終的に決まったのはCATERHAM F1 SPECIAL EDTIONの配色を取りいれたストライプ。イエローだけでも何種類も存在するため、かなり悩まれたようですが、それも幸せを感じるひと時だと思います。

ノーズコーンからリアパネルにかけて、イエローとホワイトのトリプルストライプ。両サイドにはCATERHAMロゴ+ダブルストライプをイエローで配しています。

トラッドな雰囲気のブリティッシュグリーンのSEVENに鮮やかなストライプが加わることでスポーティに生まれ変わりました。短期間のみ採用されていたスクエアのノーズバッジが良く似合うカラーリングです。


走る喜びだけではなく、モディファイを加えながら付き合っていくのもCATERHAMの楽しみの一つです。すでにSEVENにお乗りのオーナーも、ストライプでイメージを変えてみてはいかがでしょうか。新車はもちろんのこと、Used  Carをご検討の際もご相談ください。

Used Car入荷速報 – 1998y CATERHAM 7 Silverstone / 40th Anniversary –

1998y / CATERHAM Seven Silverstone / 40th Anniversary
Ford Kent 1,760cc / 走行16,100km / 検R3年11月

セブン誕生40周年を記念して発表された大変希少な限定モデル、
Seven Silverstone 40th Anniversary】が入荷して参りました!

初期のロータス・セブンを彷彿とさせるオールアルミニウムボディにレッドカラーで統一されたインテリアダッシュパネル&ステアリングホイール、シリアルナンバー入りのプレートなど、特別感あふれる魅力的な仕様となっています。

販売当時日本国内ではわずか30台程度が輸入されたのみ。
Twin Weberを搭載したキャブレター世代の特別な一台。大変人気のモデルとなっておりますので、お早めにご検討ください。

セブンライフのはじまり – CATERHAM SEVEN Roadsport 200 –


春のような暖かい陽気に恵まれ、絶好の納車日和となった本日【CATERHAM SEVEN Roadsport 200】を納車させていただきました。こちらはお客様よりリクエストオーダーをいただいていた車両になります。

【Roadsport 200】は現行ベーシックグレード【SEVEN270】の前身にあたる、同フォード製1.6L シグマユニットを搭載するモデルです。

 

 

お客様自身もともとロードスポーツをお探しだったのですが、それであれば2009年以前のワイヤースロットル時代のものが楽しくておすすめですよ、と話していたところタイミングよく今回こちらの車両をご案内する事が出来ました。かねてから希望されていたスペアホイール付き、ボディカラーもオールグリーン(第一希望)という一台が目の前に現れた時は運命を感じたそうです。この時代ならではの大き目のヘッドライトボウルも素敵ですね。

なお、ご納車にあたりクラッチマスターシリンダーO/H、ステアリングラックブーツ、タイミングベルト、ウォーターポンプ、バッテリー交換、その他、弊社コンプリートメンテナンスを実施させていただきました。

 

(あくまで個人的には)現行モデルもそうですが、ベーシックモデルがタウンユースで楽しむには一番かなと思います。セブンの車重に対し必要にして充分パワフルなエンジンと小気味良いシフトフィールのMTの組み合わせはまさに『車と対話』している感覚が味わえます。

車両の乗り込みから幌の開け閉めまで、少々苦労も多いクルマですが、それもセブンの魅力だと思いますので末永く楽しんでいただけたら幸いです。

この度はありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

SEVENの即納車が充実しています!

本日快晴!冬晴れが大変気持ち良い本日はSEVENの試乗からスタートしました。

とびきり軽いSEVENの走りは一般的なスポーツカーとは次元の異なる楽しさです。ただ、少量生産メーカーゆえに新車の納期に時間がかかることがネックになっている方も多いと思います。

 

現在はスーパーセブンと呼ばれていた以前のモデルから、現行型のSEVENまで即納中古車が大変充実しています。実はWeb上にまだ紹介しきれていない車両もございますので、気になる方はお問い合わせください。

▶即納車リストはこちらから
(お問い合わせ 03-5968-4033 または 048-423-2404 ご来店希望のお客様は必ずお電話にてご予約をお願いいたします。)